SKIYAKIには、“チャレンジ”と“変化”という大きなものをもらった。

画像:大好きなコンテンツで重大発表があった、新宿ステーションスクエア。仕事終わってから急いで駆けつけた思い出の場所の写真です。

プロフィール

大学入学時より会計の勉強を始め、大学院のアカウンティング専攻に進学。大学院中退後、数年間、Rubyによるプログラミングと英語の勉強に没頭。その後、製造業企業の経理部と情報システム室での勤務経験を経て、2016年10月にSKIYAKIへ入社。技術開発室のWEBエンジニアとして活躍中。趣味は、数年来続けている声優の応援。

■入社のきっかけは?

声優さんを応援するのが好きだったので何か携われることを仕事に、と思ってSKIYAKIに応募しました。元々製造業企業で経理をしていたので、当初は“経理”での応募でした。一方でプログラミングを趣味でずっとやっていて、長いこと踏み出せないまま本業にするのは半ば諦めていたのですが、最終面接でITについての想いを語ったところ、代表から「君がいいと思うなら、プログラマをやってみないか?」と言われ、チャンスだと思いチャレンジしてみることにしました。不思議なこともあるもので、今はITエンジニアとして働いています。SKIYAKIはやりたいと手を挙げたらやらせてもらえる会社だと思います。

■仕事で大変なことはありますか?

ITエンジニアとしての実地経験が浅いので知らないことが多く、毎日が勉強の日々ですが、先輩方に助けてもらいながらなんとかやっています。

■SKIYAKIでのやりがいは?

自社開発のサービスに関われるため自分の仕事の反応をダイレクトに感じることができることと、こうした方がいいんじゃないかというアイデアを出せばどんどん仕事を任せてもらえることですね。あとは新規ファンクラブのオープンの時などにファンの方々が喜んでいるのを見ると、自分がファン活動している時の気持ちと重なって嬉しくなったりします。同時に、ユーザーからの生の反響には背筋が伸びる思いです。

■この先やりたいことはありますか?

SKIYAKIには“チャレンジ”と“変化”という大きなものをもらいました。SKIYAKIのサービスをより変化させチャレンジしていくために、システムをテストしやすくする仕組みづくりなどにもより一層力を入れていけたらと思っています。


ファンを笑顔にするテクノロジー“FanTech”を盛り上げる仲間を募集中!


▼関連リンク

■原文はこちら

https://skiyaki.com/contents/131694

■SKIYAKIメンバー紹介一覧

https://skiyaki.com/contents/introduction/

株式会社SKIYAKI's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings