1
/
5

2021年卒内定者/No.21 エンジニア職 川口さん

❶自己紹介

はじめまして。2021卒エンジニア職内定者の川口美南です。
金沢工業大学に通っています。

エンジニア職として内定をいただきましたが、使用したことがあるプログラミング言語はCとPythonの2つだけなので、現在は、ソフトブレーンで使用するプログラミング言語の勉強をしています。



❷就職活動で重視していたこと

私は就職活動において、働きやすい環境であるかを重視してました。私は、環境によってモチベーションが変わるためです。質問しやすく、注意されることが明確な学生インターンは、4年間続けることができましたが、いつも怒鳴っている人がいたアルバイトは半年でやめてしまったからです。

❸ソフトブレーンを知ったきっかけ

paizaというITエンジニア・プログラマ専門の総合求職・学習サイトに、企画から実装、製品リリースのさまざまな業務に携わることができると書かれてあり興味を持ちました。

❹ソフトブレーンの選考で印象に残っていること

21卒の方々の内定者ブログにも書かれていますが、プレゼンテーションを用いた選考です。私は、プレゼンテーションなどの発表することが得意ではなく、この選考のフィードバックでもカンペを読んでるみたいだったといわれました(笑) 自分でもここで選考も終わりだなと思っていましたが、人財開発室の方にプレゼンの準備をしてきてくれたのがわかるからと優しい言葉をかけていただき、その後の最終面接も進むことができ、内定をいただくことができました。

❺ソフトブレーンを選んだ理由

選考、選考後のフェードバックを通して、客観的な意見をもらい、成長していくことができる会社であると感じたためです。

❻ソフトブレーンの行動指針で一番好きなものとその理由

「リーダーであり、フォロワーであれ」です。人財開発室の方と面談をした時期にWRSという競技大会に研究室として参加していました。面談の時に、私は自分が実装する競技のことしか考えていなかったが、先輩方は自分のことだけでなく、ほかの人の競技を手伝ったりしていると話したときに、人財開発室の方から7つの行動指針を教えてもらい、先輩は「リーダーであり、フォロワーであれ」がその行動に当てはまると教えてもらいました。7つの行動指針を知るきっかけになり、自分が身に着けたい行動でもあるので、「リーダーであり、フォロワーであれ」が好きです。

❼ソフトブレーンに入社して挑戦したいこと

ソフトブレーンの大規模なeSMを理解し、顧客の問題を解決できるシステムを作成できる技術力と知識を身に着けていきたいです。

❽最後にこの記事を読んでいる就活生にメッセージをお願いします。

私は、piza新卒というサイトの[気になる!]ボタンをお気に入り機能と勘違いしたところから、ソフトブレーンの選考が始まりました。[気になる!]ボタンを押した次の日にソフトブレーンを含めた2社から返信が来て、カジュアル面談に進みました。そして、カジュアル面談でソフトブレーンの事業内容を知り、選考が進み、自分でも調べていくうちにソフトブレーンが魅力的に感じ、結果として、2月にソフトブレーンから内定をいただくことができました。

選考が進んでいく中でも、社風と合ったりする可能性も考えられるので、行動することが一番大事だと思います。働きたいと思える企業に出会えることを願ってます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


ソフトブレーン株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings