1
/
5

やったことない領域の動画制作を日々

サムシングファンの出世頭、ディレクター山口コラムです。

どうなんでしょう。どうなるんでしょう。
と毎日JAPANを憂いますね。

そんな中サムシングファンはどうやってるの?と聞かれることも多いです。
特に、動画制作、撮影なんてどうしてるんだ。
って。
うん、たしかに気になりますよね。

先週のメルマガでも発信しましたが、
一切対面しない「モーショングラフィック」の動画なんかは企業さんに求められています。
動画で訴求するなら「今」と皆さん思われてるのでしょう。
確かにありですよね。

あとは撮影。先週も撮影を行いましたが、
クライアントさんの立会いはどうしてるか??と言いますと、
立ち会ってます。ZOOMで。
PCカメラを、撮影のモニターに向けて、それをZOOMでつないで、
クライアントさんが自宅から撮影している内容をチェックします。
「あ、良いカットですね」
「もうちょっと笑顔版もできますか?」
とか。
なんか、現場的にも「これでいいじゃん・・」という意見も出ていて、
コロナが収まった後もやりそうな立会いスタイルっすよね。
かなりアリアリです。

あとは取材系の撮影。
これなんですが、TVの報道系でも増えていますが
「ZOOMでのインタビュー撮影」って方法が増えてます。
つい最近も、IT上場企業さんの撮影でZOOM収録でした。
ZOOMでつないで、取材対象のPCカメラを使わせていただき、インタビューをZOOMの向こうから実施。
まぁ、、画質は荒いですがイケるもんですよ。
音が時たま途切れるんですが、そこはコロナでご愛嬌。ということで。
必要なのは画質のキレイさより、今できるか。
広報はタイミングこそ命ですよね。

なんだか、
山口もやったことない領域の動画制作を日々行っています。
かつ、アフターコロナでもスタンダードになるような事例もあり、
新しい時代の風が吹いてる気がしてます。

そんなディレクターコラムでした。
フロム我が家より。
ステイホームチェキラ。

お問い合わせは以下よりどうぞ!!
https://www.somethingfun.co.jp/contact

株式会社サムシングファン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more