1
/
5

What we do

最近日比谷に移転したばかりの綺麗なオフィスです!(こちらの写真は旧オフィスとなります))
CHALLENGEに成長あり。CHALLENGEに失敗なし。サムライトでは手を挙げたメンバーにチャンスを与えてくれる環境があります
■事業内容 サムライトは、国内トップクラスの実績を誇るオウンドメディア支援を始め、各種メディアを利用し、コンテンツマーケティング事業を行っているマーケティング支援会社です。 直近では、YouTubeチャンネルの立ち上げ支援や音声マーケティングにも着手し、さらに幅広い領域から顧客のマーケティング支援をしております。 【1】コンテンツマーケティング事業 ・オウンドメディア/ メディアコンサルティング ・ソーシャルメディアマーケティング / インフルエンサーマーケティング ・動画マーケティング ・ペイドメディア・web広告 【2】コンサルティング事業 【3】自社メディア事業 ▼参考 ・コーポレイトサイト https://somewrite.com/ ・実績/事例 https://somewrite.com/contents/performance/

Why we do

メンバー同士・上司や代表にも仕事の相談ができる環境です。
自社メディア事業にも注力し、新規でメディアを複数立ち上げています。
【サムライトVision / Mission】 サムライトは2013年に創業し、今期で8期目になります。 オウンドメディア事業と広告事業から始まり、 当時は「広告を情報に変える」というミッションを掲げていました。 邪魔になる広告を排除し、インターネット環境を快適にして、ユーザーに有益な情報を提供する。その理念を基に事業を多角化し、成長を続けてきました。 創業から6年、朝日新聞グループに入って3年経ち、人も増え、事業も増え、新しい理念を定義する必要が出てきた、2019年にリビジョンを実施しました。 リビジョン後は、 「コンテンツを信じる。メディアを進める。人を彩る。」 をビジョン・ミッションに掲げています。 コンテンツを信じ、メディアを進め、邪魔になる広告を排除し、インターネット環境を快適にして、送り手にも受け手にも有益な情報を提供することによって、人を彩っていく、 このような循環を生み出しながら、これからも成長していきます。

How we do

仕事以外の時間の繋がりも大切にしています。初の社員旅行はセブ島へ行きました!
一人ひとりのWill、Can、Mustを叶える制度が整っています
サムライトでは "新しい働き方を育む" "従業員の履歴書を豊かにする / 従業員のwillを大切にする" という考えを代表的な経営理念として掲げております。 多様な価値観と共存しながら、仲間とともに顧客・ユーザーへの提供価値を 最大化させるための環境づくりを大切にしています。 【ワークスタイルの選択】 フルタイム勤務の他、時短社員、週4以下正社員、リゾートワーカー、副業など 一定条件を満たせば、個々の理想にあったワークスタイルの選択が可能。 現状のライフスタイルに合わせて選択の変更もいつでも可能にしています。 【理想のキャリア実現に向けた成長支援】 メンターや定期的な1on1などを通じて、 それぞれのキャリア実現に向け会社としてサポートします。 また、書籍購入や有料セミナー参加、 一定の条件を満たせば資格取得の費用を会社が負担します。 手を上げればチャレンジする機会がたくさんあります。 大事なのは、自分がどうなりたいか。 そのためにどうするか。自分次第です。 【働き方スタンダードの変更】 新型コロナウィルスの影響により、働き方のスタンダードも変更しています。 現状は在宅勤務を推奨とし、ほとんどのメンバーが在宅にて仕事をしています。 採用選考に関しても基本的にはオンラインにて進めております。 入社すぐのメンバーも在宅勤務にて研修や業務レクチャーをしておりますが、 不安なく業務が遂行できるよう、先輩方がサポートします。 【将来的な可能性】 スピーディーかつドラスティックに変化している領域で、新しいサービスを生み出し続け、 今後も新規事業やフィールドの拡大を視野に入れております。 新しいプロジェクトが発足されるときは、職種関係なく、 手を挙げたメンバーが参画できます。プロジェクトを通じて、 『職種+α』の経験値を積めることや、事業創造、グロース過程に 携わる機会もご提供できるかと考えております。  また、副業制度や成長支援制度も複数あり、社内に限らず 描きたいビジネスキャリアを支援できる環境を整えています。 さらに、年に2回の昇給機会があり、ご活躍いただける方、成長スピードの早い方には、 その実績に応じて、短期間での報酬アップも可能となります。 過去には、自ら事業を立ち上げた社員もいて、チャレンジを応援する社風があります。