1
/
5

広告営業≠営業!?企画力とアイデアで最高のクリエイティブを創造する役割だった

スペースキーの小野です。弊社には、自社アウトドアメディアの広告営業というポジションがあります。「営業」と名がついていますが、実態はかなりクリエイティブ!その仕事の特徴と楽しさについて、広告営業の寺本さんに聞きました。


寺本 芽永 さん
PS本部 広告営業
新卒でインターネットベンチャー企業に入社。広告運用コンサルティング、新規事業立ち上げ、広告代理販売の責任者を担う。アウトドア好きが高じて、2018年スペースキー入社。

プロフィールなどはこちら!


広告営業の仕事って?

-広告営業とはざっくり言うと、どのような仕事ですか?


『CAMP HACK』『YAMA HACK』『TSURI HACK』を中心とした自社Webメディアの広告営業になります。各メディアでは、ユーザーが欲しい情報を伝えアウトドア業界の課題解決をする使命をもってメディアを運営。ユーザーにとって本当に価値のあるサービスとなるために、良質なコンテンツを作っています。そのようなサービスに集まってくるユーザーに、価値ある広告を届けるのが、広告営業の仕事です。

具体的な業務

-具体的な業務についておしえてください!

一連の流れは上記のようになっています。それぞれの項目ごとに、「何を・いつまでに」を計画立てて進めていきます。全体を通して大事なのは、その商品を買ってもらうためにいかにして消費者に自分事として捉えてもらうか。課題を見つけ、自分に必要なものと思ってもらう。その手段のひとつが、私たちのWeb広告になっています。

なので広告営業の本質は、消費者がその商品を欲しいと思える構造、プロセスをつくりだすこと。スペースキーの広告営業は、商材(自社アウトドアメディア)が決まっています。その中で最大化することが求められています。


-日々ではどのような動きがありますか?

上記のプロセスに沿って動いているので、毎日決まった作業ではありません。プロセスで補足すると、クライアントへオリエンをする際に、平行して方向性を決めてしまうこともあります。そのために、プランの切り口は3つくらい準備していきますね。その場で方向性も決まって、そのまま構成にまで入れるとベスト。

話していると、クライアントのやりたいことが変わってきてしまうこともあります。そういったときは、クライアントが叶えたいことの全体を把握するように務めています。何を叶えたいのか、そのためになぜうちが手段のひとつになっているのか。それらをきちんと理解して、「だったら『CAMP HACK』でやりましょう!」と理論を持って伝え納得いただけるようにしています。


-受注後の業務には何がありますか?

主に、各所でのディレクションになります。

社内では、編集部との調整があります。メディアの記事広告なので、記事をつくるのは編集部。編集部としての意思も反映しながら、クライアントのオーダーを叶える記事を一緒に考えます。このとき、クライアントからの様々なオーダーに対して、期待値コントロールをしておくことも大事!また、記事広告は見られることがもちろん重要ですが、PVだけじゃない価値を設定しておくのも重要です。その付加価値をどこに置くかも、このタイミングで考えておきます。


-取材・撮影はどうですか?

撮影にも同席します。編集部と決めた構成に合わせて進んでいるかのチェックですね。「こういうカットもいいかも!」というひらめきがあれば、急遽入れたりすることも。

撮影が完了したら、編集部にバトンタッチ。テキストを入れて初稿提案、その後クライアントのお戻しを経て公開となります。


公開後はレポートを報告。数値報告をはじめ、記事で提供できた価値についてクライアント様と共有します。


-クライアント以外では、どのような人と関わるのでしょう?

(『CAMP HACK』編集部)

まずは社内の編集部。構成案出しのところから、相談に乗ってもらっています。メディアとしての強み、ユーザー特性について一番わかっているのが編集部。また、そのアウトドアについて精通しているので、私が知らない視点をたくさん持っている点でとても頼りになります。

また、記事の作成には外注パートナーと協力して進めることもあります。編集部とはまた違ったやり方やノウハウを持っているので、刺激ももらえますね!外注パートナーに依頼するときは、構成案までは社内で作成。ラフ案作成、ライター・カメラマンのアサイン、撮影、素材のセレクト、テキストを入れて初稿を上げるところまでお願いしています。


-このポジションは「広告営業」としていますが、実態はプランナーもディレクターも兼ねている状態だと言えます。この状態についてはいかがですか?

私はワンストップで進められることはいいなと感じています。(分断することで売り上げがぐーんと伸びるなら考えるけど……。)季節性の問題などで受注が集中すると、編集部側の制作リソースが追い付かないこともあるので、営業~プランニング~ディレクションまでをワンストップで回せる人が増えるといいなと考えています。


やりがい、楽しさ

-広告営業の仕事で、やりがいや楽しさは何ですか?

業務を進める上で気を付けているのは、コンテンツの決定権は編集部に委ねながらも、全部を任せっきりにはしないこと。クライアントのやりたいことを正確に汲み取り、自分の中で整理してから編集部と調整するようにしています。その中で、お互いのイメージ以上の企画が出来上がるとテンションが上がりますね!

私自身、アイデアがゼロベースの状態からつくるのは、あまり得意じゃありません。編集部のアイデアとノウハウをプラスして、相乗効果で高まっていく過程がすごく楽しいと感じます。

先ほど外注パートナーの話をしましたが、外注さんのクオリティが高いので、そこも勉強になりますね。いろいろな人と仕事をすると、アイデアや提案の幅を広げることにつながります。編集部と一緒に、外注さんのクリエイティブを学び合うこともしています。


-逆に大変な部分は?

なにが正解がわからない中で、PVだけじゃない価値を提供していかないといけないのは難しいですね。広告によって提供できる価値は変わってくるので、提案の度に試行錯誤しています。


-どこでもある問題ですが、確かに難しいですね。担当者や決裁者ごとに価値観も違うだろうし。

 最後に、この仕事やスペースキーで働く魅力って何でしょう?

私は前職もIT業なんですが、ITやWebの会社ってメンタルがやられてしまう人が多いなと感じていました。でもスペースキーは、アウトドアがあるせいか、すごく少なくてびっくりしました。IT業であっても、アウトドアに接していると心が豊かになるんだなと。仕事を通じてメンタルを再生できるって、なかなか珍しいポイント。自然に癒されたい人にはおすすめだと思います!


-そういうメリットもあるんですね。ありがとうございました!

気になった方はこちらもチェック!

株式会社スペースキー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings