1
/
5

資格について

お久しぶりです!もうすぐ二年目を迎える川口です!

前回の投稿からかなり間が空いてしましました、申し訳ありません。

今回の記事は自分にとってタメになったなぁ~という資格のお話をしたいと思います。

「それぐらい当たり前だろっ」「そんなことも知らないのか」「今更遅すぎる」

と思うかもしれませんが、初心に帰る気持ちで読んでくれると嬉しいです。


資格ってたくさんありますよね

IT関連だけでも自分が調べた限り104個ほどありました。

未経験エンジニアとしての最大の武器はもちろん【資格】だと思います。

ゲームでも強いボスを倒すのに強い武器が必要ですよね?

少し表現は悪くなってしまいますが、正直のところ自分は面接官や上司はゲームで言うボスだと思っています。

そしてボスというのは一人ではありません、ITはITでもジャンルが違ったボスがいます。

その属性にあった装備でボスと立ち向かわなければなりません。

ですがゲームの主人公というのは最初は弱く作られているものです、未経験エンジニアもそうですね。

そこで何が必要かというと【資格】という武器になるんですね。


例え話は終わるんですが、自分が居た現場の方に資格の相談をしました。

『〇〇〇の資格を取ろうと思ってます』

『なんで〇〇〇なの?』

『需要があるからです』

『なんで需要があるの?』

そこで止まってしましました。

周りがそう言っているというだけで『じゃあこの資格を取ろう!』と決めつけていたからです。

その装備を得ることによって、自分がどう強くなるのかも考えていませんでした。

自分がどこを目指しているのかも明確になっていないのに、属性の分からないボスと戦おうとしていたのです。

確かに装備は持っていれば持っているだけ強味は増します。

でも104個の資格を取れるかと言ったら不可能に近いです。


エンジニアという個人戦では自分の属性が勝敗を握っていると言っても過言ではないと思っています。

現場の方の適切な助言のおかげで未経験の自分としては自分を振り返る良いきっかけとなりました。

もし、SLJに入社した未経験の方でこの記事を読んでもらえたら

自分の属性と合った装備を探して見るのもいいんではないでしょうか。

自分は今更ながら資格勉強に勤しんでいます(笑)

それでは今回はこの辺で失礼します!

読んでくれてありがとうございました!

株式会社スピードリンクジャパン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more