1
/
5

What we do

経済産業省認定!建設業界の業務効率化を促進する自社開発・自社プロダクト「SPIDERPLUS」
前年比200%超の成長率!急成長しているTech企業です。
【建設現場の「働き方改革」を進めたい。アプリで業務を効率化する建設Tech企業】 スパイダープラス株式会社(旧:株式会社レゴリス)では、建設・メンテナンス業の業務の効率化を目的に、図面、現場管理アプリ「SPIDERPLUS」を開発・販売しています。 ■SPIDERPLUS(スパイダープラス)https://spider-plus.com/ 「SPIDERPLUS」は、建設業界で業務効率化を進めるクラウドウェブサービスです。旧来、紙で扱っていた図面を電子化することで、現場での情報共有を容易にし、スピーディーな作業を後押しします。 iPadやスマートフォンに大量の図面を入れ持ち運べるため、複数の現場を能率的に管理できます。 標準機能に加え、ユーザーの声を反映したオプション機能も豊富です。建設現場での各種検査機器と連携しデータを取り込めるようにするなど、作業の省力化を実現。1日の労働時間を平均で2.5時間削減できたという結果も出ており、アプリの力で建設現場の働き方改革に貢献しています。 【実績】 2010年のリリース以来、ユーザーの要望を取り入れ改善を重ねてきました。現在は、総合建設会社、設備・電気会社を中心に、導入件数全国700社、35,000以上のユーザーに利用されています。システムのアクティブ率は70%、解約率は平均0.5%と同業他社と比較しても圧倒的な数字を誇っています。 【導入事例 https://spider-plus.com/case/2418/】 ・『働き方改革』を意識し、紙以上の質の図面・写真管理で作業時間の効率化 施工記録用の写真と図面の撮影箇所を合わせるのが大変だった作業を、SPIDERPLUSの導入により簡略化。紙で管理するよりも見やすく、取り込んだ図面に写真やメモ、撮影方向まで残せるため、現場での指示も明確に伝わります。 SPIDERPLUSのツールだけで施工記録が完結するシンプルさも、導入の決め手になりました。

Why we do

お客さまの要望を取り入れ、完全自社開発でプロダクトを改善しています。
顧客満足度アップのため、導入後のフォローアップといったカスタマーサクセスにも力を入れています。
【”働く”にもっと「楽しい」を創造する。スパイダープラスが大切にするミッション】 スパイダープラスが展開する「SPIDERPLUS」は、業務効率化を促進するツールです。私たちは、導入したお客さまの働き方が変わる現場を見てきました。なかでも印象的だったのは、「生産性が上がり、より楽しく仕事ができるようになった」というお客さまの声です。2020年、新たに打ち出した企業の方針である「Mission & Way」の「楽しいを創造していくこと」には、こうした事業を通じた原体験が反映されています。 仕事を楽しくし、そこで働く個人だけでなく業界、ひいては社会全体を活性化させていきたい。そして、そのために私たち自身が楽しむことを大切にしたいと考えています。 ・当社のMission & Way https://www.wantedly.com/companies/regolith/post_articles/222651 【IT化が進まない業界に、建設Tech事業でイノベーションを】 スパイダープラスの創業は約20年前。当時から弊社の社長は、「なぜ建設企業ではIT化が進まないのか?」という疑問を抱いていました。そこで2010年のiPadの登場にあわせて開発したのが「SPIDERPLUS」です。お客さまからの改善案を随時開発の要望に取り入れ、バージョンアップを重ねてきました。また、スパイダープラスはいまも建設現場で施工を担当しているため、ユーザー視点からの改善が差別化につながっています。 【建設業界の外へ。「モノづくりTech」のグローバルカンパニーをめざして】 お客さまの評判もあり、「SPIDERPLUS」の契約数はここ3年間は前年比200%の伸びで急成長中です。今後は、土木・インフラ系への顧客の広がりや、海外展開も視野に入れています。実際、海外子会社をもつ企業さまからの問い合わせで利用いただくことも。建設Tech事業で、より業界の業務効率化にに貢献していきます。

How we do

社内も業務効率化で定時退社は当たり前。ON/OFFの切り替えがしっかりしています。
「やりたい!」と手をあげる積極性を後押しする環境です。
【電話件数のノルマなし。セールスの役割分担と顧客満足度アップでシェアを広げる】 スパイダープラスのセールスに電話件数のノルマはありません。お客さまは、なんらかの形で「SPIDERPLUS」を知っている方がほとんどです。そのため、何百件もの電話をかける「量」ではなく、お客さまの要求を把握する「質」を重視しています。チームは、主に電話で話を伺うインサイドセールスと、直接お客さまに対面するフォワードセールスが連携。また、展示会の出展や代理店販売など、セールスのチャンネルを増やすことも積極的に取り組んでいます。無料Web勉強会やフォローアップを通じ、お客さまに「導入してよかった」と思っていただける仕組みを作っています。 【フラットな関係で前向きなメンバーに恵まれる環境】 社歴やポジションにこだわらず、やりたい仕事に手を上げられるフラットな関係性が、スパイダープラスの良いところです。改善が必要だと感じたメンバーが声をあげたら、チャレンジを後押しする雰囲気が社内にあります。しっかりとした評価制度のもと、メンバーが前向きに仕事に取り組める環境づくりを大切にしています。 【上司が定時退社。社内で率先して行われる働き方改革】 「働き方改革」を進めるSaaSを開発・販売している会社であるため、社内でも率先して業務の効率化が行われています。上司やメンバーが定時退社するのは、見慣れた光景です。