1
/
5

【インタビュー#3】人として税理士として魅力、そんな存在になりたい【会計税務部・浦崎】

こんにちは。人材戦略室の竹内です。

今回は会計税務部の若きホープ、浦崎さんにインタビューをしました。

なぜ税理士を目指そうと思ったのですか?

浦崎:日本という国が存在し続ける限り、税金という仕組みが途絶えることはないだろうと考えたのが税理士を目指すきっかけでした。当時は高校三年生で、税法はおろか簿記についても全く知識がありませんでしたが、手に職をつけたいという思いから簿記を勉強し始めました。勉強を始めると、奥の深い簿記の世界に魅せられ、税理士として会計の世界で生きていけたら楽しいだろうなと思うようになり、本格的に税理士を目指すようになりました。

汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか?

浦崎:税理士試験後の大原の合同就職説明会で声をかけていただきました。


もともと中規模で若さのある税理士法人に就職をしたいと思っていましたので、 >>>続きはこちら!

汐留パートナーズ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings