プロだけが人生の選択肢ではない。現役体育会学生が語る、キャリア選択において大切にしていることとは。

【中央大学体育会サッカー部 インタビュー企画】

弊社にはその会社柄、日々たくさんの社会人アスリートや体育会に所属する学生がいらっしゃいます。

今回の企画は、中央大学体育会サッカー部4年生の須藤さん、池谷さんをお招きし、体育会学生のキャリア選択について弊社取締役の永井からインタビューさせていただきました。

同じ部活で切磋琢磨してきたけど、片方はプロになる道を選択し、片方は違った形でスポーツ界に貢献したいと思っている。そんな若き二人のスポーツマンのお話です。

―:永井発言

須藤:須藤さん発言

池谷:池谷さん発言


(12月某日 弊社オフィスにて)

紆余曲折な選手人生。これまでの経歴を振り返る。

ーこんにちは。須藤君は久しぶりだね。今日はよろしくお願いします!まずは二人のことを簡単にお話しいただけますか?

須藤:中学のときに浦和レッズユースに所属して、活動していました。まずはプロサッカー選手として活躍したいという想いを持って練習していました。プロとして活躍するということはもちろんのこと、人間的にも大きな人になって欲しいというコーチの教えもあってここまできました。大学に入ってもその想いは継続して持っていて、とにかく人間的に成長しようということを考えていました。大学に入ってからは、同期の存在が自分にとってはとても大きくて、この仲間たちと日本一になりたいということを考えていました。

池谷:父がサッカー関係の仕事をしていて、よく父と比べられてきました。それが本当に苦しいときもあって、父ではなく、一個人として見られたいというような感情を持っていました。中学や、高校は地元熊本でサッカーをしていて、大学から東京に来ました。中大では、選手としてはあまり活躍することができないままに、4年生まで過ごしていました。あきらめてはいけないという想いを同期の選手を見る度に感じていて、結果的に最終節に近づくにつれて試合に出られるようになっていました。

サッカーがうまいから偉いんじゃない。プロになれなくても、大学の4年間をもったいない時間だったことにしたくない。

須藤:このチームにいて、イキイキしていない人がいない、みんなが楽しんでいるというチームを作りたいということにこだわっていました。サッカーうまい人が偉い!プロサッカー選手になることがすべてだという風潮がこのチームにはあって、そういった過ごし方をしては、将来大学サッカーからプロにいく道が狭いにもかかわらず、プロになれなかったときの時間がもったいないものに変わってしまうということを感じていました。サッカー部に所属している4年間は、しっかりと目的と目標を持ち、一人ひとりが人間として成長できる環境を作っていきたいということを思っていました。そして、みんなで幸せな人生を過ごそうということを想いながら毎日を過ごしていました。

池谷:そうですね。試合に出ている選手、出ていない選手にかかわらず、チームのために時間を使っている、こんな組織は中々ないなと、すごいいいチームだなと感じています。

―すごいですね!そのように胸を張って自分たちの取り組みを話せるということは素晴しいことですね。私も、どうやったら弊社の大切な社員たちが、一人ひとり自分たちの仕事ぶりを堂々と誇らしげに語ってくれるか、考えさせられます。

須藤:応援ひとつにしても、メンバー全員がチームに関わることを本気で取り組むことによって、このチームを通じて人間的に成長することができたとは感じています。チーム運営を全員主体的に活動すること、役割分担を明確にすることで組織がうまく回っていくと確信しています。あとは、仲間を想う気持ちですね。とにかく強く想っています。

■将来のキャリアを考え抜きながらサッカーをするということ。

池谷:実は、プロを目指しながらも、就職活動をしていました。池谷という人間がどう評価されるのか単純に興味があったということと、就職活動をすることで中大サッカー部員の将来に対する考え方をどうにか変えたいという想いも同時にありました。就職活動をする中で、自分自身本当に何をしたいのか、どんな人に影響を与えていきたいのかということを感じるようになりましたが、結果的にはプロサッカー選手になる道(J2ロアッソ熊本)を選びました。自分自身が有名になることで少しでも大きな影響力を持てる、今までお世話になった人に恩返しができると感じたからです。やはり、育った熊本を一つにしたいし、震災があったからこそ自分にできることをしていきたいという思いが強いです。

須藤:ただサッカーだけをしていても、全てがうまくいく将来はつかみ取れない。将来自分がやりたいことに向かってを一貫した姿勢をとっているかはすごく大事なポイントだと感じています。サッカーをやめた瞬間に、何をしたらいいかわからなくなる、これはよく聞く話で、いつかそのときが来る。だからこそ、それまでに何のために、サッカーというスポーツをするのかは非常に大切ではないかと感じています。現役時代からしっかり自分自身のキャリアを考えることができれば、今のようなセカンドキャリアの問題は発生しないと思います。

―そうですね、若い人は特に、キャリアについて当事者意識というものがあまりないのが原因だと感じています。引退後のキャリアを考えた上で、安心して今の競技者人生を全うできるなら、現役生活もより充実すると思うし、ひいてはそれがスポーツの価値をさらに引き上げると感じています。

■キーワードは目的意識と感情を揺さぶること。人を巻き込むには?

―チームをよくするということは、人を巻き込んでいくことに近しいことだと思っていますが、特に何が大切だと感じていますか?

須藤:人を巻き込むには、常になぜやるのかという目的がとても大切だと感じますね。今自分自身が楽しいかどうかということや、今を全力で取り組めているのかがすごく大事だなと思っています。より、多くの人に自分自身の経験を伝えて、より大きな影響を与えたいと感じています。あとは、自主性だと感じています。部活動をしている中でも指導者の意見だけではなく、自分たちの意見を強く伝えることもありました。チームがどう強くなるかを常に考え抜けるかどうか、それも選手主体で活動できるかどうか。この視点がすごく大切だと感じていますね。

池谷:サッカーをしているときに、同期の声援がすごく近くから聞こえるんですよね。本当にそのシーンはすごく覚えていて。あきらめそうになったり、疲れたと思ったことがだんだん恥ずかしくなったりしてきて。選手だけが巻き込めるのではなく、応援している仲間にも巻き込む力はあると思います。僕自身、何で疲れたって思ったんだろうと強く自分を責めたことはありましたね。相手の感情に訴えることができる人は本当にすごいなと感じます。

―これか先のお二人の将来が本当に楽しみですね!いつまでも応援しています。ありがとうございました!

お二人と面談をさせていただいたときもインタビューのように、熱く想いを語ってくださいました!スポーツフィールドは、これから前向きに人生を選択していく方の応援をしています!

次回は、当社スタッフの紹介です!お楽しみに!

2018.2.1 スポーツフィールド 鶴巻

株式会社スポーツフィールド's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings