1
/
5

コードを書くだけがエンジニアの仕事ではない–チーフビジネスエンジニア・岩谷 純至



今回、話を聞いたのは、日々お客さまのもとへ自ら足を運び、課題を深掘り改善点を探る攻めの姿勢でプロダクト開発に向き合うエンジニア・岩谷 純至。

ストックマークでチーフビジネスエンジニアとして働く岩谷は、「お客さまへのヒアリングはセールスに任せて、エンジニアは定められた仕様書通りにコードを書きシステムをつくるという分業体制では、本当に良いものはつくれない」と言います。

机に向かってコードを書くだけではない、エンジニアとしての幅広な働き方について聞きました。

プロフィール

岩谷 純至(いわたに じゅんじ):慶應義塾大学大学院卒業後、NTTコムウェアへ入社。システムコンサルティングとしてRPA開発に携わる。ビジネスサイドとエンジニアリングの橋渡しができるのが強み。エンジニアでありながらお客さまのもとへ積極的に足を運び、要望をヒアリングすることを重視している。

最先端の技術を身につけながらモノづくりに携われる環境がストックマークの魅力

ーーストックマークを知ったきっかけと入社の経緯を教えてください

大学時代の友人が開いてくれた飲み会の場で、CTOの有馬 幸介と知り合いました。前職で担当していたプロジェクトの話をしたら、その場で「うちの会社に来てよ」と声をかけられたのが入社のきっかけです。

有馬から会社のビジョンやプロダクトの価値を説明された時にすごく魅力的に思えたし、集まっているメンバーが皆、優秀な人ばかりだったので、「こんな人たちと一緒に働けたら成長できるに違いない」と感じ、入社を決めました。

それに以前から、自分が手を動かし、モノづくりに携わりたいという思いがありました。ストックマークでは、やりたかったことに挑戦しながら最先端の技術を実践的に身につけられるだろうし、それによってキャリアの市場価値も高められる。自分にとってうってつけの環境だと思ったんです。

ーー前職のNTTコムウェアではどのような仕事をしていたのでしょうか

SIerとしてシステムの開発はもちろん、システムを運用する現場や新規案件のコンサルティングなど、多岐にわたる経験をさせてもらいました。社内では珍しいキャリアでしたが、開発者としてのユーザ志向を形成する原体験になったと思っています。

ーー担当したプロジェクトの中で特に印象に残っているものはありますか?

NTTが保有している電柱等の設備運用をイノベーションするプロジェクトです。これまでの人手による定期点検ではなく、自動で健全性を調べるという内容でした。

どのようにやるかというと、電柱が設置されているありとあらゆる場所で自動車を走らせて、自動車に搭載したレーザー反射によって電柱の形状を把握し検査をします。海中にレーザーを照射し、返ってくる時間の長さによって海の深さを調べる方法があるのですが、それと同じような仕組みです。

技術的にはAIと関わりがあるプロジェクトでした。

つくる人が主軸でなければ良いものはつくれない



ーーもともとAIに関わっていたのですね。そのプロジェクトは、なかなか難しいものだったのではないでしょうか?

はい。プロジェクトでは仕様書をしっかりと作り込んでから協力会社に依頼するスタイルで仕事を進めていました。しかしどんなに時間をかけて仕様書を作っても、必ず細部で齟齬が発生し、毎回とても苦労していたのです。

そもそも、システムの内容を文章にするのは難しく、完璧な仕様書はつくれない。仕様書に忠実にシステム開発を行う大規模な組織だと、仕様を考える人と実際につくる人の間で、認識の相違が生じやすく問題を抱えることが多かったのです。これはSEたちが長年抱えている課題でもあります。

そんな苦い経験もあって、細かい変更がその都度可能な小回りの利くスタートアップやベンチャーといった組織に興味を持つようになりました。

ーーストックマークでは具体的にどういった仕事をしているのでしょうか?

エンジニアとして自社プロダクトを開発しています。お客さまとの会話から、必要とされている機能や改善すべき課題を理解して、それをプロダクト開発の仕様に落としていくところが主な領域です。

とはいえ、まだメンバーの数も少ないので、実際にプロダクトづくりまで担っています。今は『Asales』という営業支援のAIツールを開発中です。

ーー「お客さまとの会話」という言葉が出てきましたが、エンジニアである岩谷さんがお客さまのもとへ行くこともあるのでしょうか?

はい!積極的にお客さまのところへ足を運び、抱えている課題や、プロダクトを使って実現したい目的が何であるのかをヒアリングするようにしています。

以前は自らお客さまのもとへ行くことはしていませんでした。ヒアリングはセールス担当に任せていたんです。セールス担当からお客さまの要望を共有してもらい、プロダクトの仕様を決めていくという流れでした。

しかしそうしているうちに、エンジニアでなければ気づけなかったポイントを見逃してしまったり、細かい修正依頼への対応が不十分になってしまったりと、分業体制は逆に非効率だと思うことが増えていきました。

こうした経験から「より良いものをつくるためには、つくる人が主軸にいるべきだろう」と思い、お客さま先に足を運ぶようになったのです。

いまは「お客さまの課題を一番に理解するのは自分だ」と思いながら仕事をしています。

モノづくりが好きで発信力があるエンジニアと一緒に働きたい

ーーどのようなエンジニアと一緒に働きたいですか?

同じエンジニアの立場で考えた時、一緒に働きたいエンジニアの素質が3つあります。

  • モノをつくって喜んでもらえることに主眼を置ける
  • 自分の仕事の成功=チームの成功と考えられる
  • 新しいものへの好奇心がある

決まった作業を繰り返す仕事ではないので、この3つは必須だと思います。自分の殻に閉じこもってひたすら作業を続けるよりも、新しい技術やアイディアをキャッチアップして、それを社内に展開できる人が望ましいですね。

ーー新しい方を迎え入れるにあたって、体制構築は進んでいますか?

今まさに開発体制を構築している最中です。これまでの開発は、ウォーターフォールに近いものでしたが、今後はアジャイルをベースにやっていこうとしています。全員で短期開発のゴールに向けて動くイメージです。

サポートの面では、自身の経験から、仕様書通りの厳密な開発は難しいとわかったので、ルール通りに開発するというよりは、丁寧にコミュニケーションを取りながら開発する形を検討しています。

ーーところで、岩谷さんからみてCTOの有馬さんはどんな人ですか?

有馬は、本当にトークがうまい(笑)。周囲の人間を引き込む力があると感じています。

CTOは、時には大風呂敷を広げて成長戦略を掲げないとならない局面もあります。

例えば、「GAFAに勝つためにはどうしたらいいか」なんてことも真剣に考える。でもよく話を聞けば有馬の考えには、「皆が幸せになるためにはどうしたらいいか」という視点が必ず入っているんです。だから自然と、ついていきたくなるのだと思いますね。

一方で、泥臭い部分も大事にしていて。実際に自分で動いて汗をかいて、苦労して得た知見を活かしてこそ成長に繋がるという感覚も持っています。

ーーパワフルですね。では、CEOの林さんは?

林は、誰に対しても普段から優しく、穏やかに接してくれます。社外の方とのメールのやり取りを見せてもらったことがあるのですが、かなり丁寧で驚きました。

あと、アイディアマンでもありますね!週次ベースでどんどん新しいことを発案し行動に移しています。

林も有馬も、ストックマークをゼロイチで立ち上げた2人であり、事業を前進させる力が高い。働いている中で彼らから影響を受けて、自分自身の考え方も日々アップデートされています!

ーーありがとうございました。


ストックマークのビジョンに共感し、世の中を変えていきたいという熱い志のあるメンバーを募集中です!

新しい技術に興味のある方、モノづくりに楽しさを感じる方。エンジニアとしてぜひストックマークで「世の中を変える」ようなプロダクトを生み出しませんか?


テックリード候補
最先端NLP技術を活用し次世代組織変革SaaSを開発するエンジニア募集!
ビジネスに関わる膨大なテキストデータを解析することで、お客様の新価値創造プロセスをご支援します。 データとナレッジを組織に流通させ、デジタルカルチャーを持つ組織として変革。データドリブンに既存ビジネスの売り上げ拡大を目指し、複雑性・不確実性の高い領域においては、筋の良い仮説を導き、新たな価値を創造するご支援をします。 現在、みずほ銀行様、帝人様、セブン銀行様、三菱商事様、サントリー様、JTB様、日立製作所様、リクルートホールディングス様、リクルートキャリア様、ソフトバンク様、WOWOW様等、従業員数1000名以上の大企業を中心に1500社以上にご導入いただいております。 ▼Anews 「Anewsで企業の暗黙知が進化する。」 "言葉のAI"がチームメンバー1人1人に必要な情報を届け、情報感度を底上げ。 ビジネスニュースを起点に組織内の暗黙知を拾い上げ、知識の在りかを明らかに。 チームを超えたコミュニケーションを活性化。 情報感度が「上がる」、文化が「変わる」、事業が「創れる」組織へ。 ▼Astrategy 「Astrategyで企業の価値創造が進化する。」 "言葉のAI"が世界中のビジネスニュースを構造化、市場と競合の「変化の兆し」を捉える。 新たな価値を創出するために必要な情報を届け、社内への展開を可能に。 変化の兆しを「捉え」、未来を「志向」し、新たな価値を「創出」する機会が生まれる。 ▼Asales 「Asalesで売り上げの創り方が進化する。」 "言葉のAI"が既存事業の成約パターンを構造化し、顧客ニーズを的確に捉えたナレッジをレコメンド。 顧客への価値提案を洗練化、トップセールスの知識を明日から誰でも使えるものに。 顧客ニーズが「わかる」、価値提案が「届く」、売上が「創れる」組織へ。
ストックマーク株式会社
研究員(自然言語処理)
自然言語処理に強みをもつ当社で基礎研究・論文発表を担う研究員の募集!
ビジネスに関わる膨大なテキストデータを解析することで、お客様の新価値創造プロセスをご支援します。 データとナレッジを組織に流通させ、デジタルカルチャーを持つ組織として変革。データドリブンに既存ビジネスの売り上げ拡大を目指し、複雑性・不確実性の高い領域においては、筋の良い仮説を導き、新たな価値を創造するご支援をします。 現在、みずほ銀行様、帝人様、セブン銀行様、三菱商事様、サントリー様、JTB様、日立製作所様、リクルートホールディングス様、リクルートキャリア様、ソフトバンク様、WOWOW様等、従業員数1000名以上の大企業を中心に1500社以上にご導入いただいております。 ▼Anews 「Anewsで企業の暗黙知が進化する。」 "言葉のAI"がチームメンバー1人1人に必要な情報を届け、情報感度を底上げ。 ビジネスニュースを起点に組織内の暗黙知を拾い上げ、知識の在りかを明らかに。 チームを超えたコミュニケーションを活性化。 情報感度が「上がる」、文化が「変わる」、事業が「創れる」組織へ。 ▼Astrategy 「Astrategyで企業の価値創造が進化する。」 "言葉のAI"が世界中のビジネスニュースを構造化、市場と競合の「変化の兆し」を捉える。 新たな価値を創出するために必要な情報を届け、社内への展開を可能に。 変化の兆しを「捉え」、未来を「志向」し、新たな価値を「創出」する機会が生まれる。 ▼Asales 「Asalesで売り上げの創り方が進化する。」 "言葉のAI"が既存事業の成約パターンを構造化し、顧客ニーズを的確に捉えたナレッジをレコメンド。 顧客への価値提案を洗練化、トップセールスの知識を明日から誰でも使えるものに。 顧客ニーズが「わかる」、価値提案が「届く」、売上が「創れる」組織へ。
ストックマーク株式会社
機械学習エンジニア
最先端の技術検証〜プロダクト開発をお任せするNLP/機械学習エンジニア募集
ビジネスに関わる膨大なテキストデータを解析することで、お客様の新価値創造プロセスをご支援します。 データとナレッジを組織に流通させ、デジタルカルチャーを持つ組織として変革。データドリブンに既存ビジネスの売り上げ拡大を目指し、複雑性・不確実性の高い領域においては、筋の良い仮説を導き、新たな価値を創造するご支援をします。 現在、みずほ銀行様、帝人様、セブン銀行様、三菱商事様、サントリー様、JTB様、日立製作所様、リクルートホールディングス様、リクルートキャリア様、ソフトバンク様、WOWOW様等、従業員数1000名以上の大企業を中心に1500社以上にご導入いただいております。 ▼Anews 「Anewsで企業の暗黙知が進化する。」 "言葉のAI"がチームメンバー1人1人に必要な情報を届け、情報感度を底上げ。 ビジネスニュースを起点に組織内の暗黙知を拾い上げ、知識の在りかを明らかに。 チームを超えたコミュニケーションを活性化。 情報感度が「上がる」、文化が「変わる」、事業が「創れる」組織へ。 ▼Astrategy 「Astrategyで企業の価値創造が進化する。」 "言葉のAI"が世界中のビジネスニュースを構造化、市場と競合の「変化の兆し」を捉える。 新たな価値を創出するために必要な情報を届け、社内への展開を可能に。 変化の兆しを「捉え」、未来を「志向」し、新たな価値を「創出」する機会が生まれる。 ▼Asales 「Asalesで売り上げの創り方が進化する。」 "言葉のAI"が既存事業の成約パターンを構造化し、顧客ニーズを的確に捉えたナレッジをレコメンド。 顧客への価値提案を洗練化、トップセールスの知識を明日から誰でも使えるものに。 顧客ニーズが「わかる」、価値提案が「届く」、売上が「創れる」組織へ。
ストックマーク株式会社
ストックマーク株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings