1
/
5

「IoT時代の家電ベンチャーをつくりたい」ロマンを追い求める東大発ベンチャー社長の生き方

こんにちは!小林です。
今日からStrobo社のメンバー紹介をスタートします!第1弾は代表の業天さんです!

「家電メーカーをつくる」のが夢

ーまず自己紹介をお願いします!

はじめまして、業天亮人です。「家電メーカーをつくる」という夢があってこれまでに2度家電ベンチャーを起業しています。

ー2度起業されているんですね。

はい、そうなんです。東大工学部3年時に休学をしてスマートリモコンを開発するベンチャーを起業したのが1度目の起業です。

Stroboは2社目の起業で、今の会社では家庭内のセキュリティに特化したIoT x ホームセキュリティのサービス「leafee (リーフィー)」を開発しています。

ー現在の業務内容と働き方を教えてください!

Strobo社の社長をやっています。もともとエンジニアなので最初はアプリ、サーバーサイド、ハードウェアの開発、UIデザインなどなど幅広く担当してきました。

今は主に、leafeeを普及させるための営業・マーケティングをやりつつ、ハードウェアの新製品を開発中なのでそちらを製品化するプロジェクトのPMを担っています。

親を困らせていた子供時代

ー少し話は戻って。子供時代はどんな風でしたか?

とにかく、親を困らせていた記憶があります(笑)どうして怒られていたのかはあまり覚えてないのですが、小学校から高校までひたすら母親が学校に呼び出されていましたね・・・。

中学時代は卓球部という名の帰宅部、高校時代は軽音部でバンドと、ひたすら運動部を避けた子ども時代でした。

小6-中1でプログラミングを覚える

ー大学では工学部に入られていますが、子供の頃からモノづくりやプログラミングに興味があったんですか?

モノづくりは昔から好きでしたね。小6-中1の頃はプログラミングを覚えてタイピングソフトをつくったりしてました。

しかし、悪めな友達ができたことがきっかけでパソコンから離れるようになり・・・(笑)
大学2年生頃までパソコン・プログラミングに触れることがなくなってしまったのは、大きな後悔の一つですね。

ー自分のことはどんなやつだと思いますか?あなたと接する上での注意点は何かありますか?

真面目でコツコツ頑張るタイプだと思います。決めたら継続してやりきる人です。長い目で見て、信じてほしいです。

ー業天さんの好きなものについて語ってください。

整理整頓が好きです。周りが整理整頓されていないと落ち着きません。あとは最近あまりできていませんが、麻雀も好きです。

モノづくりに熱中して起業した大学時代

ー大学時代はどんな学生でしたか?どんなことに熱中していましたか?

モノづくりに熱中していました。大学1年のときに買ったiPhone 3Gにとても感動して、家電が大好きだった中学生の頃の想いが蘇りました。

「iPhoneで家電をコントロールできるようになったらテーブルの上に並ぶリモコンがなくなるんじゃないか?」
「iPhoneを中心にした家電制御のシステムをつくりたい!」

そう思ったんですよね(笑)熱中の末、気づいたら開発したホームオートメーションシステムで起業することにまでなっていました。

やる気と想いを持って実際にやってみれば多くの課題は解決できる

ー起業してからは苦労されたことも多かったと思います。どんなことが学べましたか?

プログラミングの経験もないところからスマート家電の開発、製品化に挑戦しました。

「プログラミング未経験だと難しい」
「ハードウェアは難しい」
「開発できても量産化は難しい」

などなどできない理由、難しい理由を多くの人から語られましたが、結果的にすべての課題はクリアできました。

「やる気と想いを持って実際にやってみれば多くの課題は解決できる」という学びが得られた貴重な経験です。

高校の先輩との出会いがきっかけで東大へ入学、そして起業へ

ー起業しようと思ったきっかけを教えてください。

偶然出会った高校の先輩からの影響です。高2の終わり頃、やる気もなく、成績も下から5,6番目ぐらいでしたが、先輩が

「起業で世の中は変えられる」
「半年あれば東大行ける」

とドラゴン桜的な発破をかけてくれました。

初めて目の前で東大に行った人を見て「東大行く人って実際いるんだ」と多少身近に感じられたことと、東大に行って起業することを目指したら「自分の人生変わるんじゃないか」と思ったことがきっかけで受験勉強をして東大に入り、のちに起業をするに至りました。

その高校の先輩は中学生でNPOをつくったぐらいもともとやる気・エネルギーのある方で、世の中に貢献をすることの大切を僕に語り続けてくれたので、自分も世の中に貢献できる会社、製品をつくりたい、という思いが今でも強いです。自分はモノづくりや家電が大好きなので

「モノづくりや家電製品の開発を通じて世の中にインパクトを生み出したい」
「モノづくりや家電製品の開発を通じて世の中をよくしたい」

ということが起業して会社を経営しているモチベーションですね。

ー他の社員さん、インターン生のことをそれぞれ1人ずつ社外の人にもわかるように他己紹介してください。

袴田

袴田俊輔、通称はかしゅん。高校からの親友です。他の友人も言いますが、ここまでできた人間を見たことがありません。仏と呼ぶ人たちもいます。その温厚な見かけとは裏腹に、酒豪?な気がしています。

平野

大学時代のサークル友達。責任感に溢れる男です。誠実さ・信頼のおける感が半端ないです。やるべきことを確実に実行する感じです。でも、単位のカウントミスで1留するというお茶目さも持ち合わせています。

岩滝


学科の後輩です。コンピュータを低レイヤーから理解し、趣味は電子工作、無線とハードウェアベンチャーに参加するために生まれた男です。

杉浦


学生インターン、かつ、開発実務未経験という立場から、重要な新機能の開発を担当するまでに成長しました。謙虚さと実力の両方を兼ね備えています。

「家電メーカーをつくる」というロマン

ー今後、何かやってみたいことはありますか?

やっぱり海外に製品を展開したいですね。世界中の暮らしの中で、当たり前に使われるスマートホーム製品をつくりたいです。
ライトなホームセキュリティサービスとして、世界に輸出できるサービスをつくっていきたいですね。

ー最後にこの記事を読んでくれている方にメッセージをお願いします!

「家電メーカーをつくる」ということは普遍のロマンだと思っています。

家庭向けIoT製品の製品開発、事業立ち上げは非常に苦労が多いですし
ハードウェアベンチャーならではの大変さも多いです。

それでも「家庭向けのスマート家電ブランド・メーカーをつくる」という夢はその苦労を補って余りある夢だと思います。

松下、SONY、ダイソン、バルミューダなど時代ごとに新しい切り口で新しい家電メーカーが誕生してきました。

スマートフォンがほぼすべての人に普及したこの時代にも、今までのメーカーとは違う新しい切り口で、新しい家電メーカーがつくれると思っています。
実際、中国やフランスではそうした家庭向けの新しいメーカーが誕生し、育っています。
日本からも自分たちの手で日常生活の習慣になるスマート家電をつくりたい。

「自分たちでスマート家電ブランド・メーカーをつくる」ということに共感できてモノづくりを愛せる方、そして一緒にその目標に向かって仲間になってくれる方に出会えたら嬉しいです。

ビジネス・ディベロップメント
スマートホームセキュリティを普及させるBizDev募集!
Stroboは、安心を求める全ての人に手にとってほしい低価格ホームセキュリティのleafee(リーフィー)を製造・販売をしている企業です。 http://leafee.me leafeeは、スマホで申し込み完結、最短翌日から利用可能で、工具不要、自分で賃貸にも簡単あと付け可能、撤去可能です。所要時間5分、自分で簡単取り付けできます。ですので、賃貸や貸店舗などでの利用に向いています。 また月額1,078円(税込)から利用できるため、経営や家計の負担を軽くすることができます。 現在では、法人向け(中小警備会社)と提携を進め、機械設備投資の市場を拡大できるように貢献しています。 中小警備会社は、売上のほとんどが人件費で残りの利益を機械設備に投資することができないまま、経営を続けるしかない企業が多くあります。 しかし、Stroboと提携を行い、leafeeを機械設備として販売することができれば増益することができるため、新たに警備人材を採用することができたり、皆さんをさらに守るための事業に投資を行うことができます。 ◆《資金調達実施》最近のニュース や取材 ストロボ、アプリで賃貸マンションの手続き・防犯  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28110080U8A310C1XY0000/ 低価格IoTセルフセキュリティを提供するStrobo、警察官OB・OGによる会員制トラブル解決支援サービスを行うヴァンガードスミス社と業務提携を発表 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000014167.html IoT活用の次世代セキュリティサービスの開発・展開を行うStroboが、令和3年度浜松市ファンドサポート事業に採択 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000014167.html
株式会社Strobo
ビジネスインターン
資金調達完了!赤門徒歩3分・IoTスタートアップのビジネスインターン募集
Stroboは、安心を求める全ての人に手にとってほしい低価格ホームセキュリティのleafee(リーフィー)を製造・販売をしている企業です。 http://leafee.me leafeeは、スマホで申し込み完結、最短翌日から利用可能で、工具不要、自分で賃貸にも簡単あと付け可能、撤去可能です。所要時間5分、自分で簡単取り付けできます。ですので、賃貸や貸店舗などでの利用に向いています。 また月額1,078円(税込)から利用できるため、経営や家計の負担を軽くすることができます。 現在では、法人向け(中小警備会社)と提携を進め、機械設備投資の市場を拡大できるように貢献しています。 中小警備会社は、売上のほとんどが人件費で残りの利益を機械設備に投資することができないまま、経営を続けるしかない企業が多くあります。 しかし、Stroboと提携を行い、leafeeを機械設備として販売することができれば増益することができるため、新たに警備人材を採用することができたり、皆さんをさらに守るための事業に投資を行うことができます。 ◆《資金調達実施》最近のニュース や取材 ストロボ、アプリで賃貸マンションの手続き・防犯  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28110080U8A310C1XY0000/ 低価格IoTセルフセキュリティを提供するStrobo、警察官OB・OGによる会員制トラブル解決支援サービスを行うヴァンガードスミス社と業務提携を発表 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000014167.html IoT活用の次世代セキュリティサービスの開発・展開を行うStroboが、令和3年度浜松市ファンドサポート事業に採択 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000014167.html
株式会社Strobo
株式会社Strobo's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more