1
/
5

カジュアル面談=お部屋探し!?実際に見て会って伝わるコトを大切に

こんにちは。ストロボライト コーポレート戦略部 田中です。

当社は、ほぼ毎月、Wantedly経由で仲間を採用しています。ありがたいことに応募も多く、カジュアル面談を毎日1回は実施している状況です。

私たちのカジュアル面談の特徴

それは、「あえて【Web<リアル】にこだわる」こと!

私たちは、植栽から外構までをワンストップで手がける庭リノベサービス「MIDOLAS」、園芸業界最大級のWEBメディア「LOVEGREEN」を展開する、いわゆる【ITスタートアップ】です。リモートワークも許可されており、MTGにWEBで参加する社員も珍しくありません。

では、なぜWeb面談ではなく、実際に来社してもらい面談するのか?
それは【実際に会わないと、ストロボライトのカルチャーが伝わらない】から。

お部屋探しで例えると・・・【会社情報や記事】=【間取り図や物件写真】のようなものです。
日当たりや周辺の環境は内見しなければわからないし、そこに住んでいる自分も想像できませんよね?

シゴト探しも同じこと。
自宅から職場までの通勤ルート、職場環境、一緒に働くメンバーはどんな人たちなのか?それはWebでは伝えきれません。

目黒駅から徒歩10分。途中に東京都庭園美術館があり、四季が感じられます。この立派な木は桜。春には通勤しながらお花見ができます


オフィスからの眺め。ちょっとだけ富士山見えます。

物件探しの時も、「ここ何となくいいな」とか「何となく違うな」というものが、最終的なジャッジメントにかかわってきませんか?そんな「空気感」のような理屈で言い表せないもの(きっとオフィスに流れている音楽とか景色とか、メンバーのファッションや雑談などがつくっている)を、肌感で「ピン」と来てもらうことが、弊社を知って頂く一番の近道だと思っています。

あなたの希望・シゴト観・やりたいコトを聞かせてください!

物件を探す際は、不動産屋さんに駅チカやバス・トイレ別などの希望や、住んでからのイメージなどを伝え、マッチする物件を探してもらいますよね。

私たちのカジュアル面談も基本は同じです。

・シゴト観
・何を重要視しているのか?(成長/環境/事業モデル・・・?)
・当社に入社したら、何をしたい/何ができそう

などを、ざっくばらんに伺いながら、当社についてお話します。こちらからお伝えする内容は応募者の方によって毎回違います。みなさんそれぞれ希望やシゴト観、当社へのイメージが異なるので、それぞれの想いにこたえながら、ストロボライトに来てよかった!と思える時間にできるよう、心がけています。

また、面談後に、オフィスツアー(リアル内見)を実施することもあります。

去年オフィスを増設しました!インダストリアルな内装のなかで植物をたくさん育てています。


エンジニア島の皆さん


オフィスにある植物を育成するための部屋「JITO JITO HOUSE」

【植物と暮らしを豊かに】というミッションを体現した、植物に溢れたオフィスを実際に見てもらうのも、面談の大事な要素です。

(↓ちなみに植物は、当社独自の制度【GT】で大切に育てています)


どんどん、カジュアル面談=企業内見にいこう!

おうち探しも、複数の物件を内見して決めますよね?

シゴト探しも同じ。

どんどん内見=カジュアル面談にいきましょう!

実際に見なければわからないこと、メンバーの人柄などに触れることで、ご自身の希望・シゴト観・やりたいコトがクリアになって、マッチした企業に出会えるはず。です!

現在、ストロボライトでは多数の職種の求人を行っております。まずは気軽に、気になる物件を「お気に入りに追加する」くらいのキモチで、「話を聞きに行きたい」ボタンを押してみてください。

株式会社ストロボライト's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more