1
/
5

大企業から海外スタートアップを経て、柏木が助太刀で事業責任者を務める理由

こんにちは。助太刀で人事を担当しています繁田です。

この記事を書いている時点では、コロナウイルスの流行が徐々に落ち着きつつあり、これまで自粛していた活動が再開しはじめています。業種・業態によってはまだ厳しい向かい風となっていますが、3ヶ月前の先行き不透明な状況から少しずつ変化してきているように思います。

とはいえ、スタートアップに限らず、多くの企業が不確実性の高い事業環境にあることは間違いなく、時間の流れや物事の動きは大きく減速していることを感じます。

助太刀では、この間に「今やるべきこと」をじっくりと考え、多くのチャレンジしています。
そうした助太刀の取り組みも、ぜひご覧になってください。

新型コロナウイルス対策支援

さて、今日は助太刀でストア事業の責任者を務める柏木について、転職の想いや入社の経緯、また今後の野望などをインタビューしてきました。スタートアップに転職を検討している若い方の参考になればと思います!

柏木弘毅 経営戦略グループ マネジャー
慶應義塾大学大学院/理工学研究科 修士課程
2011年株式会社クボタ入社。サービスエンジニア/ディーラへの技術教育などに従事。
2015年株式会社ミスミ入社。コンベヤの商品開発、事業開発に携わる。
2017年WASO.LTD入社。ロンドンで日本食ランチデリバリーのスタートアップでの事業立ち上げ。
2019年10月「助太刀」に参画。

ー 早速、自己紹介からお願いします。

はじめまして、柏木と申します。
大学時代は機械工学を専攻、大学院では分子シミュレーションの研究をしていました。卒業後は農機メーカーのクボタにセールスエンジニアとして入社しました。大学での専門性が活きる会社で、海外展開が進んでいるところに惹かれて選びました。

早いタイミングで海外勤務をと思っていたのですが、なかなか実現せず、4年目に半年間休職してカンボジアに渡航しました。そこで中古の農機販売事業の立上げに携わりました。タイでの中古農機を調達、販売活動、コスト構造の改善など。。ビズサイドの仕事は裁量も大きく、とにかく面白かったですね。

そこからビズサイドを志望するようになり、5年目にミスミに転職しました。
2年間、コンベヤの事業開発を担当しました。

その後、スタートアップのWASO.LTDにジョインしました。ロンドンで起業予定だった友人に誘われたのですが、ワーキングホリデーでいけるギリギリの年齢だったので思い切って飛び込みました。

WASOはオフィスワーカー向けの日本食ランチデリバリーの会社です。オペレーション改善から新エリアへの進出、販売チャネルの開拓など、なんでもやりました。ベンチャーで働く面白さと大変さを学びましたね。

その後、ビザの期限にあわせて帰国、2019年10月に助太刀に入社です。
現在はEC事業「助太刀ストア」の事業責任者をしています。

後悔しない生き方はこっちだ !

ー 大企業からロンドンのスタートアップは、大きく方向転換しましたね。

ミスミでは周囲の方がみんな優秀でしたし、重要な業務を任されていたので、成長実感もあって充実してました。海外出張も多く、駐在も狙える状況だったのでかなり悩みました。

ただ海外で友人と事業を立ち上げるチャンスなんて人生で二度とないだろうし、失敗しても得られる経験は大きな価値があるなと考えました。最終的には「後悔しない生き方はこっちだ」という気持ちで渡英を決めました。

ー 実際、海外での事業立ち上げって、どういったものなんでしょうか?

プライベートはとても楽しかったですよ。でも、仕事は。。大変でしたね!笑

日々、トラブルの連続ですし、資金繰りに課題もあって、スタートアップの大変さを痛感しました。
ある日突然スタッフが失踪してしまうこともありましたからね。

それでも大企業にないワクワク感があって、たくさん修羅場をくぐってきたのでスキルも磨かれましたと思います。楽しい思い出ばかりではないけど、トータルでは大満足で帰国後もスタートアップで働くことを考えていました。

ー 助太刀はどういう経緯でジョインしたんですか。

帰国直前に友人からCFOの金谷を紹介されました。実は、金谷は高校の同級生なんですよね。
当時は面識がなかったのですが。。

助太刀の事業が面白そうだったので、ロンドンからweb面談をお願いしました。
当時の助太刀はEC事業をイチから立ち上げる予定で、自分との親和性もあると感じて入社を決めました。

そういえば、当時の金谷は今とは違って色々とシャープな印象でしたね。笑

ー 自身のキャリアと建設業界の親和性があった。

親和性を感じたのは、クボタ・ミスミでの製造業のバックグラウンドですね。
一緒ではないけど、そう遠くないなと感じました。

建設業での安全に対する意識や、図面から物を組み立てる工程など、前職の製造業と類似してる点も多いです。クボタではフォークリフトを運転することもありましたし、CADの資格も取得していたので親近感がありました

EC事業もミスミ時代の経験が存分に活かせるなと感じましたね。

あとは、将来性ですね。市場の大きさ、ビジネスモデル、確実に需要があるサービスだと思いました。当時は8万人近い会員がいて、業界を変えていける可能性を感じました。

また、職人さん個人を含む多くの事業者にリーチしていて、ToCのプラットフォームとしても期待できるな考えていました。

ー いくつかオファーを受けてましたよね。助太刀にした決め手はなんですか?

少数精鋭でやりたいことができると感じたからです。

レイターのスタートアップだと大企業と似た環境であることがままあります。自分の役割が限定されるとか、大企業出身者が多く、そうしたお作法が好まれるとか、そいういう点です。逆にアーリーすぎると、資金繰りの問題や事業のピボットなどで思うような仕事ができない可能性もありますよね。

助太刀はしっかりとしたサービス基盤があり、個人の裁量も大きいため、自発的かつ集中して事業に取り組んでいけると感じました。助太刀が自分の力を最も発揮できる場所だと考え、入社を決意しました。

ー 個人のキャリアと会社のフェーズがマッチしていることは重要ですね。。。入社してから、すぐにストア事業にアサインされてましたよね。

当初はマーケティング担当でしたよ。

代表の我妻との月1の1on1ミーティングでやりたい事を聞かれ、「ECをやりたい」と伝えたところ、数日後にアサインしてもらい、気付けばPMになってました。笑

むしろ、やりがいしかなかった。笑

ー 入社早々、事業立ち上げを一任されて、プレッシャーってありました?

今までの経験を活きる場面が多く、プレッシャーや苦悩などは全く感じませんでした。
IT企業は初めてですが、学生時代にプログラミングもしていたので最低限の知識もありましたし。。

むしろ、やりがいしかなかったですね。笑

この間、4ヶ月で 0→1 で事業の立ち上げができました。https://suke-dachi.jp/store/
スピード感があって、主体性を持って事業を創っていくことができましたね。
大企業の時と比べると5倍くらいの速さで物事が進んでいくイメージです。

また、大企業を巻き込んだプロジェクトに関われるのも助太刀ならではの魅力だと思います。

ー 事業責任者として大切にしているポイントってありますか?

「自分がどうしたいか」という意志を持つことです。

周りと相談しながらも、最終的には自分で判断するつもりで常に考えてます。意志がないと決断に時間がかかり、壁にあたったときに頓挫してしまいます。助太刀では指示されることがほとんどないので、意志を持って動くことが重要だと感じています。

ー 今後のキャリアビジョンを教えてください。

まずは助太刀を上場させる、そのためにどんどん新しいサービスを創っていきたいです。
その後は独立して自分の事業をやる予定です。最終的には旅をしながら、趣味や仕事を続けて生活したいと思っています。

ー ありがとうございます。最後に、読者の方々へメッセージをお願いします。

僕は履歴書上かなり変なキャリアになっていますし、助太刀が4社目と転職歴も多いのでよく友人に心配されます。笑

でも自分のやりたいことをやってきたので、ずっと同じ会社にいるより遥かに人生を楽しんでると思いますし、この先何があってもやっていける自信があります。人生の価値は「死ぬときに後悔しないかどうか」で決まると考えています。

どんな決断であっても、自分のやりたいことを突き詰めれば後悔はないと思います。特に日本人は世間体や社会的なステータスを気にし過ぎな傾向がありますが、そういうのは本質的な価値じゃないですよね。

他人の意見に捉われずもっと自分本意に生きていいと思います。新たな一歩を踏み出す時には、高いエネルギー障壁を乗り越えなければいけませんが、先延ばしするとリスクが大きくなり、気付いたら茹でガエルに、なんてこともありえます。

自分が将来達成したいゴールから逆算し、早めに行動することがベターだと思います。
この記事がみなさんの決断を後押しする形になれば幸いです。

最後になりますが、助太刀は少数精鋭で個人の裁量が大きく、自分次第でやりたい仕事を何でも担うことができます。新規事業の立ち上げや、PMとして事業戦略を考え実行していくことが可能です。将来起業やスキルアップしたい方にとっても最高の経験になると思います。

興味のある方はぜひご応募ください。

株式会社助太刀's job postings
22 Likes
22 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more