1
/
5

Take ActionのVALUE【TA HEART】を採用担当が徹底解説 #1

採用担当の高橋です!
ミッション・ビジョン・バリューを重要視する企業は増えていますね。
Take Actionにももちろん熱いミッション・ビジョン・バリューがあります!

これらの中でも、"バリュー"(行動指針)というものは企業の価値観や文化を言語化したもので
「その企業に自分の価値観がマッチするかどうか」
を判断できる重要な指標になると個人的には感じています。

価値観・・・ダイジ・・・!!

Take Actionではバリューのことを【TA HEART】と呼び、
日々その行動指針に沿った行動ができているか否かで賞賛、FBし合う文化があります。
なので私自信もTA HEARTの意味や内容は深く理解している(ハズ…!)

そこで今回は、Take Actionが大切にしている価値観
【TA HEART】の内容と、
それの私なりの勝手な解釈をご紹介したいと思います!

読んで頂いて、この価値観に共感できる方は
Take Actionでご活躍の可能性アリです!!!

【TA HEART】7つのVALUEを徹底解説

1、ONE TEAM

  あらゆる局面においてチームワークを最優先し続ける

まずひとつ目のバリューはこちら。チームワーク、そりゃ大事ですよね。
前職でレストランで働いていた高橋ですが、
チームで連携しなければスムーズにオペレーションを回すことはできないので、
周りのメンバーと協力して仕事をしていました。まさにチームワーク。

上記のチームワークの意味合いに間違いはありませんが、
Take Actionで考えるチームワークとは

個々のミッション達成こそがチーム(会社)に貢献する

ということです。
Take Actionには、採用コンサルタント、インサイドセールス、マーケター、カスタマーリレーションect.
様々な職種がありますので、日々みんな自身のミッション達成の為邁進しています。
そのミッションは「働く人に熱を。組織にエネルギーを。」という
会社のミッションを実現するため、役割分担して設けられたものです。

もちろん個人のミッションの達成度合いが高ければ、昇進しますし、お給料も上がる。
その為に仕事をすることは、決して間違いではありません。(私だってお給料は上げたい…!)
しかしTake Actionでは
チーム(会社)のミッション達成のために自身のミッションを達成させる
という考え方を大切にしてるので、行動の基準は自分にとって価値があるかどうかではなく

チーム(会社)にとって価値があるかどうか。

そういう考え方を大切にしているからこそ、日々の些細な行動の中でも
自分個人の役割と違っていても周りに対して好意的、協力的な人が多いのです。
上記の考え方から発生する行動こそ『ONE TEAMな行動』である言えるのです。



2、TAKE OWNER

関わる仕事を他責にせず、自らの行動に責任と誇りを持つ

ハイ、来ました。高橋が大好きなバリュー!
Take Actionは何千人もいるような人数規模の大きな会社ではありません。
まだまだ30名そこそこの小さな会社です。

だからこそ1人の行動が会社に与える影響は大きい。

新卒であろうが未経験者であろうが、任される役割がある限り
Take Actionにとっては大事な戦力です。
大事な戦力が「やらされ仕事」をして当事者意識の低い行動をとってしまうと
Take Actionにとって大事な戦力を一人失ってしまうのです…

会社のすべてのことに当事者意識を持ち、
Take Actionの一員として誇れるように自分を磨き、
パフォーマンスの高い仕事をする。

それが常にできていれば、自身の仕事や役割を他責にするという甘い考えは生まれないハズだと。

…ちょっと厳しいことを書いたような気がしますが、
その代わりTake Actionは、
当事者意識・責任感責任感の強い人間であればどんなことでも任せてくれる素敵な会社
なんですよ!!



3、GO BOLDLY

最大の失敗は挑戦しないこと。果敢に挑み、即断即決で行動する

人間だれしも失敗って極力したくないと思うんです。
もちろん、失敗から学ぶことがあると理解している人は失敗に対してネガティブではないと思いますが、
きた、失敗。最高、気持ちイイ…!!
なんていうクレイジーな人がいたらちょっと怖いですよね。

Take Actionでは日々、新しい施策や取組にトライしてはエラーしてを繰り返しています。
エラー、エラー、成功!、エラー…くらいかもしれません。
そんな様々な取組に、私自身も失敗やリスクを考え躊躇しそうになることがあります。
しかし、Take Actionでは

やる前からリスクや失敗する可能性ばかり考えて行動しない=結果が何も得られない
ということが一番の失敗

であると考えています。失敗したという結果がひとつの成果なんですよね。
「まずやってみよう」「とりあえずやってみよう」「やってみて、失敗したらどう修正するか考えよう」
そんな言葉が飛び交うTake Actionの今年の新卒採用キャッチコピーは
『走りながら武器を取れ』
戸惑っている暇はないぞと。
自分に武器が無いのであればまず走り出してから武器を探せ。
そういうスピード感を大切にしています。

さらに、代表の成田が良く言うことですが、

期日ギリギリで100%で提出するより、60%でもいいから早く出す

大事なことなので2回言いますが、
そういうスピード感を大切にしている会社なんです。

さて、全部で7つあるうちの3つをご紹介しました。
まだ折り返してもいません・・・!

書き始めたら思ったより私のバリューに対しての熱い想いが止まらなくなってしまったので
この続きはvol2の記事で書いていきたいと思います!

ここまでの3つのバリューだけでも激しく共感して
首が赤べこのようになりましたという方は、
是非、カジュアル面談で高橋と熱く語り合いましょう!!

株式会社Take Action's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings