ママであることに胸を張って働きたい。~TAM社員インタビュー~

朝、子供を保育園に預けてから出社し、夕方まではTAMのエンジニアとして働く。帰ればまた「エンジニアの松井」から「母」へと切り替える。
今ではすっかり一人前のお母さんですが、実は松井さんはTAM東京設立の際、エンジニア第1号としてジョインし、そこから現在のテクニカルチームを作ってきました。
今回はそんな松井さんに、子供を産んだ後と産む前で働き方がどう変わったのかを聞いてきました。


松井 朋子(まつい ともこ)、現姓:渡辺 朋子
カメラや写真の仕事を経て、TAM大阪に撮影スタッフとして入社。その後、独学でWebを学び、エンジニアとしてTAM東京に移動、テクニカルチームのリーダーに。出産を機に時短社員へ。2018年1月からCoderDojo御茶ノ水のチャンピオンとしても活躍している。

限られた時間をどうすれば最大限、有効に活用できるか考える

ーー松井さんは結婚される前からTAMで働かれていますが、フルタイムから時短になって、どんな変化がありましたか?

フルタイムと時短の違いというよりは、子供が生まれる前と生まれた後で、「自分の時間」というものへの考え方が全く変わりました。
出産前は自分の好きな配分で24時間使っていましたが、今は当然子供のことが一番です。

食事も入浴も、一緒に遊ぶことも全部、子供に対して最優先にそれをするのは「当然私だ!」とある日、ふと気付きました。義務だとか思ったわけではなく「ああ、お母さんてこんな感じか」と妙に納得しました。

「子供と過ごす時間」が「自分の時間」の中に新しく追加されるわけなので、今までと同じ姿勢で仕事やプライベートに取り組んでいたら、当然1日のタスクをこなしきれません。
何でもやりたがりな性格で、特に仕事ではあれもこれもと手を出してきましたが、今は「限られた時間の中で自分ができるのはこの部分、自分が率先してやるべきはこの工程」とスコープを自分にも周りにもはっきり示すようにしています。

ーー限られた時間内に仕事を終わらせるために普段どのような工夫をされていますか?

今日中とか今週中とか、タスクをかなり細かいところまで書き出して把握するようにしています。それを毎朝パズルのように並べ替えて「今日すべきはこれとこれとこれ…」といった具合に。すぐ処理できるものはタスクに書かずに即やりますし、少し考えないといけないことなどは「メール1通送る」などでも書き出します。書かないと忘れてしまうというのもありますし、次にパソコンを開いた瞬間、まず何をすべきかすぐ認識できるので。

仕事以外のタスクも全部リストアップしていて、お昼のちょっとした空き時間に保育園の書類を書いたり、日中はとにかく隙間時間を無駄にしないようにしています。
また、子供がいつ熱を出して保育園を休むのかも分からないので、基本的に作業は可能な限り前倒ししてやっています。

あと、なんでも自分でするのではなく、キャパ的に無理そうなことをちゃんと自分で把握し、頼めることは周りに頼んだり、誰かに聞いて済むことは自分でダラダラ調べないようにしています。
もちろん、自分が請け負った責任範囲をきっちりとこなすということは、常に心掛けています。

1年半のブランクを取り戻せるのか不安だった

ーー産休・育休に入る時と、復帰する時に不安だったことはありますか?

休みに入るときはそんなに不安はなかったですね。自分の仕事を引き継いでもらったメンバーを信頼してました。「私がいなくて大丈夫かな?」などは全く思わなかったです。

反対に、復帰の時はすごく不安でした。そもそも子供が保育園に入れるのか分からなかったですし、復帰できたとしても1年半休んでる間に会社には知らない人がたくさん増えていましたし、人見知りなほうなので…。

でも一番不安だったのは、やはりエンジニアとしての1年半のブランクです。(休み中は一切コードに触れませんでした!)これまで通り時間が自由に使えるならブランクは埋められると思ってましたが、自分がそこにどれだけ時間を費やせるのかも分からなかったですし、自信はありませんでした。

実際の復帰後は、幸いにも休み前から関わっていた案件をまた担当したり、得意な技術を中心に仕事を回してもらったりして、徐々にペースを取り戻せた感じですね。


ーー最後に、今後のキャリアプランはどのように考えられていますか?

「ママということ」に胸を張って働いていきたいです。

自分のキャリアについて、今までは「自分1人の問題」だったし「キャリア=仕事」と結構ガチガチに考えてました。でも今は「子供との時間」とか「家族の未来」とか全部引っくるめた中に「自分」を置いて考えていますし、自分の経験値を上げるのは何も仕事だけではないんだなと、改めて思ったりもしてます。

もちろん、これからもしっかり働きたいです。もう10年以上TAMでエンジニアやってるのでその経験は無駄にせずちゃんと活かしたいです。
そして、「ママです!」ということも仕事に活かせたらいいのですが、具体的にそういう案件があるわけでもなく、それはなかなか難しいですね。

そんな中、仕事とは別ですがCoderDojoを始めるチャンスがあって、子供たちやその保護者の方々と関わる中で「この活動は、いつか自分や自分の子供につながったり役立ったりするかもしれない」と感じています。とてもやりがいが出てきてます。

「子供に教える」という観点から改めてプログラミングの勉強をしてみると、それもとても良いモチベーションになります。

今、社内で同じ子育て中のママたちとこういったことを話す機会も増えてきていて、CoderDojo以外でも子供向けのプログラミング教室を企画したり、少しずつですが活動の範囲を広がってきています。


PHPエンジニア
クライアントの課題を解決するPHPエンジニア|東京/大阪
■今、これから、TAMが目指していくもの(ビジョン) デジタル・エージェンシー / TAMのビジョンは、 「クライアントと課題を共有し、共に売れる仕組みを作る」こと。 TAMには7つの専門チームがありますが、 メンバーはプロジェクト横断的に連携しており、 TAMのビジョン達成に向けて、 自分たちで「つくる」「開発する」だけでなく、 「つなげる」「デリバリーする」までを担う、 デジタル・マーケティングのフルサービスを提供しています。 ■仕事を楽しむ人の時代 TAMでは今を「仕事を楽しむ人の時代」と考え、 ますます仕事を楽しむ人たちの集まりになっていこうとしています。 「仕事を楽しむ」ことの定義は、 ・あなたがそこで「成長できるか?」 or ・あなたはその仕事や会社が「好きか?(共感するか?)」 の2つだと考えています。 「ここで成長できる!」と「仕事や会社が好き!」なことで仕事を楽しめるなら、 個人も会社もお互いWinWinにまだまだ成長していけるはずなのです。 ■デジタルも大きな転換点 インターネットの本格的な普及が始まってから20年以上経ち、 古いインターネットサービスや事業者は新旧の入替えで激しく変化しています。 また、デジタルが生活者にとってコモディティなものになったので、 ビジネス側にとってもデジタルシフトへの変化が喫緊の課題となっています。 まさに時代の大きな転換点です。 この転換点では、「AI」「IoT」「ブロックチェーン」「AR・VR」「量子コンピューティング」、、、といったさらに新しい流れが勃興し、 デジタル領域はますますカオスな状態となっています。 身近なところでは、「広告・プロモーション」領域の変化も激しく、 ますます「One to One」のスタイルに近付いており、 「CRM(顧客管理)やMA(リード育成)」の領域とクロスオーバーし、 どちらもパーソナルなレコメンドが求められるようになっています。 ■不確実な時代を生き抜くには 従来型の「知識」や「経験」だけに頼っていては、 今の不確実な時代は、生き抜くことはできそうにありません。 過去の成功体験や積み上げてきた経験は大事なものですが、そこに頼ってはならないと考えています。 時代にアンテナを張り、学習する手を休めず、直感を大事にしながら、失敗を恐れず、素早く、チャレンジを繰り返す、それらを楽しむ、ことが大事です。 この過渡期にあたる時代の転換点では「変化するものだけが生き残っていく」ことになります。 TAMは「ものづくりに対する誇り」という創業以来の普遍的な軸は大事にすると同時に、 デジタルの「ダイナミックな変化に対応する」組織として、 個人の「成長」「好き」というモチベーションをベースにまだまだ成長していきます! ======= ■ 事務所と在籍スタッフ数 TAMグループは約150名です。 * 大阪(扇町)70名 * 東京(御茶ノ水)65名 * シンガポール 5名 * サンフランシスコ 1名 * ロンドン2名 * アムステルダム1名 * 台湾2名 スタッフ数が増え、拠点が増えても ・著しく自由 ・若く成長意欲高い(平均年齢33歳) この社風が変わることはありません。 30代が全体の約半数で20代が約4割、40代が約1割程度です。 柔軟な働き方を推進しているため、パラレルキャリアや副業や社内独立で TAMをいったん卒業して外部で活躍している人や、 再度TAMにフリーやパラレルとして参加している人も多いです。
株式会社TAM


ディレクター/マーケティング
新しい働き方、自由と義務、これからのキャリアづくり、などの話を聞きに来て!
■今、これから、TAMが目指していくもの(ビジョン) デジタル・エージェンシー / TAMのビジョンは、 「クライアントと課題を共有し、共に売れる仕組みを作る」こと。 TAMには7つの専門チームがありますが、 メンバーはプロジェクト横断的に連携しており、 TAMのビジョン達成に向けて、 自分たちで「つくる」「開発する」だけでなく、 「つなげる」「デリバリーする」までを担う、 デジタル・マーケティングのフルサービスを提供しています。 ■仕事を楽しむ人の時代 TAMでは今を「仕事を楽しむ人の時代」と考え、 ますます仕事を楽しむ人たちの集まりになっていこうとしています。 「仕事を楽しむ」ことの定義は、 ・あなたがそこで「成長できるか?」 or ・あなたはその仕事や会社が「好きか?(共感するか?)」 の2つだと考えています。 「ここで成長できる!」と「仕事や会社が好き!」なことで仕事を楽しめるなら、 個人も会社もお互いWinWinにまだまだ成長していけるはずなのです。 ■デジタルも大きな転換点 インターネットの本格的な普及が始まってから20年以上経ち、 古いインターネットサービスや事業者は新旧の入替えで激しく変化しています。 また、デジタルが生活者にとってコモディティなものになったので、 ビジネス側にとってもデジタルシフトへの変化が喫緊の課題となっています。 まさに時代の大きな転換点です。 この転換点では、「AI」「IoT」「ブロックチェーン」「AR・VR」「量子コンピューティング」、、、といったさらに新しい流れが勃興し、 デジタル領域はますますカオスな状態となっています。 身近なところでは、「広告・プロモーション」領域の変化も激しく、 ますます「One to One」のスタイルに近付いており、 「CRM(顧客管理)やMA(リード育成)」の領域とクロスオーバーし、 どちらもパーソナルなレコメンドが求められるようになっています。 ■不確実な時代を生き抜くには 従来型の「知識」や「経験」だけに頼っていては、 今の不確実な時代は、生き抜くことはできそうにありません。 過去の成功体験や積み上げてきた経験は大事なものですが、そこに頼ってはならないと考えています。 時代にアンテナを張り、学習する手を休めず、直感を大事にしながら、失敗を恐れず、素早く、チャレンジを繰り返す、それらを楽しむ、ことが大事です。 この過渡期にあたる時代の転換点では「変化するものだけが生き残っていく」ことになります。 TAMは「ものづくりに対する誇り」という創業以来の普遍的な軸は大事にすると同時に、 デジタルの「ダイナミックな変化に対応する」組織として、 個人の「成長」「好き」というモチベーションをベースにまだまだ成長していきます! ======= ■ 事務所と在籍スタッフ数 TAMグループは約150名です。 * 大阪(扇町)70名 * 東京(御茶ノ水)65名 * シンガポール 5名 * サンフランシスコ 1名 * ロンドン2名 * アムステルダム1名 * 台湾2名 スタッフ数が増え、拠点が増えても ・著しく自由 ・若く成長意欲高い(平均年齢33歳) この社風が変わることはありません。 30代が全体の約半数で20代が約4割、40代が約1割程度です。 柔軟な働き方を推進しているため、パラレルキャリアや副業や社内独立で TAMをいったん卒業して外部で活躍している人や、 再度TAMにフリーやパラレルとして参加している人も多いです。
株式会社TAM
株式会社TAM's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings