1
/
5

課長代理まで登り詰めた新卒1期生にzoomインタビュー

営業部 大瀧 征司さん

半期・通期共にMVPを取り、現在名古屋支社で活躍中の大瀧さんにインタビュー!以前半期のMVPを取った際にもインタビューを行っていたので、今回はその後通期のMVPを取るまでのお話、名古屋の立ち上げに関わったお話をお話していただきました。以前のインタビューもぜひご覧ください!


今回もzoomでインタビューしていきます!※以前より少し太りましたね

Q.簡単に自己紹介をお願いします!

23歳新卒2年目、営業部で登竜門制度を使って課長代理をやらせていただいております、大瀧と申します。特技は人を笑わせることと、その場の空気に溶け込むのがうまいとよく言われます。小学校から大学生までバスケットをやっておりまして、毎日運動漬けでしたが、新しいことをやりたいという気持ちから営業職をやっています。とにかくTAPPで1番元気な男です!!

Q.半期のMVPを取ってから通期のMVPを取るまでの半年間について教えてください

半期でMVPを受賞させていただいたのでプレッシャーはありました。生半可な気持ちや中途半端な気持ちで一年終わらせたくないという気持ちが強くなって、ここから1件も契約取れないなんていうのは絶対に嫌でした。どうゆう風に契約取れるようにするかっていう意識は常にしてましたね。

具体的にどんな意識をしていましたか?

セミナーのコンサルやお客様への対応は変えないように、初心を忘れずにやっていました。あとは、笑顔で楽しく仕事をするスタンスはずっと変えずに意識しています。変えようと意識したことは、契約だけでなく契約後のお客様のフォローや契約業務などの、半期では上長にまかせていたことを自分でどうやろうか考えるということですね。

活躍できている理由をご自身ではどうお考えになられてますか?

通期にMVPを取れたのはセミナー集客だけでなく、ご紹介いただけたということが大きな理由ですね。一人のお客様に真摯に向き合った結果が、紹介したいと思っていただけて他のお客様と繋がれるきっかけになっているので嬉しいことです。小さいころからずっと友人に恵まれていて、仕事でも巡り合わせだと思っているくらい良いお客様に出会えたことと、面倒見てくれる上長に出会えたことも大きいですね。

きっと大瀧さんがそういった人達を呼び寄せてるんですね!

あとは、笑顔で話すことやお客様に気に入っていただけるようにどういった行動をしていけば良いかはいつも考えています。とにかく嫌な顔を出さないです。母によく言われていたのが、"笑う門には福来る"っていう言葉で、それを常に意識しています。楽しんで仕事をしているっていうところは大きいですね。自分自身で仕事を楽しめたから取れた賞だと思います。

名古屋の立ち上げに関わったということですが、その経緯など教えてください

新卒だったというのと挑戦したいという気持ちから名古屋行きを決めました。皆さんは立ち上げメンバーになることに関して心配に感じていたかもしれませんが、たとえうまくいかなくてもまだ若いから取り返せると思っていて。(笑)若さを生かして突っ走っていこうと思い決めましたね。

規模が大きくなっている名古屋支社ですが、大変だったことなど教えてください

初めは未開拓地だったので、投資の文化があるのかどんな場所なのかがわからないところで始めるワクワクはありました。ただ、きちんとした設備がないところから始めるというのはやはり大変でした。

なるほど。営業の部分ではどうでしたか?

未開拓地をいかに広げていけるかということが大切だったので、初めは何件あげるかというよりもまずは流れを作ることを考えていましたね。大変だったことは、渋谷にいたころと比べて上長が少なかったので、一人で商談に行くことが増えて、改めて交渉の難しさや一人でやっていくおもしろさも感じました。

登竜門制度で課長代理をやられているということなのですが、やってみてどうですか?

※登竜門制度についてはこちら

まず今主任なんですけど、制度を使って課長代理としてやらせていただいている環境に感謝ですね。やはり課長代理という挑戦ができるおかげで、できなかったことができたり周りの見る目線も変わってくるので、そういったプレッシャーを感じることでより仕事に対して燃えて集中できています。会社の制度なのでどんどんこうゆう機会を活用して上を目指していきたいと思っています!!

より一層向上心をかきたててくれる制度なんですね

ほんとにそうですね。役職を下げるのは絶対にしたくないですし、このまま絶対課長になるっていう思いが強く、それが仕事にも表れていると思います。

課長代理になったことで会社のなかでより大きな存在になったと思うのですが、そうなった今心掛けていることや意識してることはありますか?

まずは一番は自分自身が決めないと部下に何を言ってもダメだと思うので、まずは自分の案件を集中するということですね。なおかつ、部下の案件を把握するということも大切なので、とにかく担当する部下との連絡をちゃんと取ることや敬語の指摘などしています。注意することで自分自身の意識も強くなるので、初心を忘れず働けていますね。

TAPPで活躍する人ってどんな人だと思いますか?

これはTAPPじゃなくても通じるものだと思うんですけど、やはりONとOFFがはっきりしている人ってどこに行っても活躍できるんじゃないかなと思っています。楽しむときはめちゃめちゃ楽しんでふざけるんですけど、仕事になるとこの人違うなと思われるような人は強いです。ギャップっていうのは大きいと思いますね。

今の自分が一番大事にしていることを教えてください

やはり笑顔!そしてお客様の気持ちを考える、そしてスピードですね。このご時世なので、金融機関の日程調整などでいかにスピード詰めてやっていけるのかが肝心になっています。

では、今後の課題について教えてください!

もうMVPは取ったので、これからは自分が同行者としてのMVPを取れるように頑張っていきます!!

大瀧さんありがとうございました!優しくて、終始笑顔でお話してくださった大瀧さんは努力や意識だけでなく、その人柄にもお客様がついてくるのだとわかりました。上司からも部下からも愛されるのも納得!2年目にして課長代理にチャレンジ中の大瀧さん、今後も活躍が期待されています!

株式会社TAPP's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more