1
/
5

24時間開発も可能?!開発合宿専用コワーキングスペースに新卒内定者として参加してきました!

こんにちは!今年度新卒入社の栗崎です。

先月、大学最後の春休みですが、内定者としてテクニカルチームの開発合宿に参加させていただきました。

※テモナでは定期的に開発合宿を開催しています。
(過去の開発合宿の様子はこちら

今回はみんなでレンタカーを借り、千葉の金谷まで行きました。

「コワーキングスペースまるもさん」の『まるもの開発合宿プラン』を使用し、2日間の合宿を行いました。

20名の参加者でしたが、スペースや電源等の設備も問題なく、快適に開発に取り組むことができました。

それだけでなく、お菓子やコーヒーを完備されていて驚きました!

しかも、豆から引くタイプ!!

使い方に慣れていない方が多く、苦戦しましたが、開発しながらコーヒーが飲めるのはエンジニアにとって大事ですよねー。

お菓子も煎餅やチョコレートがあり小腹がすいても安心でした。

近くにはコンビニやスーパーもあり、ちょっと休憩がてら足を運ぶことも可能です。



また、食事や寝床はまるもさんと提携している、近くの旅館、かぢや旅館さんに宿泊しました。

海も近いということで、新鮮な海鮮物をたくさん堪能し、ベトナムの社員も絶賛していました!

お酒は別途料金だったのですが。。。。。

CTOの中野さんからみんなにビールのプレゼントが!!!





美味しいお酒を飲み、ご飯を食べ、さらに開発もはかどりました!

メインの開発では、ウェブアプリケーションの開発から、サーバ監視、機械学習と多岐にわたる分野で開発合宿に取り組んでいました。

実際にいくつかのテーマを紹介致します。

「ヒロインフィルタ。写真にメッセージウィンドなどを付けてノベルゲーム風に加工するアプリ」

sinatraを利用した、アップロードした画像にギャルゲーのような加工ができるものを作成していました。

Ruby on Railsとは記述量が少なく、小規模なアプリ向けと言うことがわかりました。

sinatraのようなフレームワークにも開発合宿では挑戦しやすいですね!



「Elastic Beatでのサーバー監視を試してみる」
「InfluxDBでのサーバー監視を試してみる」

Zabbixが見づらい、使いづらいという理由からElastic BeatやInflux
DBを実際に使用して検証していました。

それぞれのサービスのメリット・デメリットも発表されていてとても興味深い内容でした。

今の私には、少々難しい内容ですが、ここで情報を仕入れることができるので、開発合宿に参加すると、本当にいろんな技術があるんだなということを身にしみて実感します。




「じゃらんの開発合宿版を作る」
実際に市場調査からデザイナーによる画面の設計、エンジニアで開発といったチームでの活動になりました。
こちらはプロトタイプを開発合宿で作成し、社内の新規事業コンテストへ参加もしました。




今回の開発合宿は過去最高の人数でしたが、各々思う存分開発に取り組んだり、近くの海で釣りをしたり、とてもチームカラーが色濃く出ていました。

ちなみに私も先輩社員の方と海辺でキャッチボールしました。

普段の仕事では話さないことを話したり、立場を忘れてお互いボールに夢中になっていました!

また、マネージャーの高橋さんとベトナムの社員のPhuongさんはフグを釣ったようで、満面の笑みです。



そんな個性豊かなテモナのテクニカルチームですが、各々が普段の業務ではできないことに取り組み、発表をし、チームのスキルアップを日々目指しています!

テクニカルチームでは開発合宿だけでなく、勉強会も月1回定期的に開催しています。

その名も「Temona Teach Night」です!!



実際に、社内のセミナースペースでLTが行われ、各々勉強した内容を共有しています。

私は、先輩社員が発表した「オブジェクト指向の設計な」の話に興味が湧き、実際に薦めていただいた本を買い、現在、同期と簡単なウェブアプリケーションの作成に取り組んでいます。

来月のTemona Tech Nightでは発表しようぜ!と意気込んでいます!

お楽しみにw

最後になりましたがここまで読んでいただきありがとうございます。

エンジニアに興味がある学生は是非、お話しましょう!!

テモナ株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings