1
/
5

少人数でスピーディに機能を開発!新人が感じたスクラム開発のメリット

こんにちは。新人の間瀬と申します。

弊社は開発をスピーディに進めるため、スクラム開発という開発手法を2〜3年前から取り入れています。

今回は、

  • スクラム開発やってみたいけど実際どうなの?
  • デメリットはないの?

といった疑問について、スクラム開発導入後の弊社の開発環境の変化やスクラム開発で得られるメリットなど、新人なりに感じたことをまとめてみたいと思います。

スクラム開発はアジャイル開発の1つ

スクラム開発はそもそもアジャイル型開発手法のフレームワークで、システムやソフトウェア開発におけるプロジェクト開発手法の1つです。大きな単位でシステムを区切ることなく、小単位で実装とテストを繰り返して開発を進めていきます。

アジャイル型開発のメリットとして、

  • 仕様変更に対して柔軟な対応がしやすい
  • 短い期間で機能を開発していくので、ユーザーの要望に応えやすい

というものがよく挙げられています。

スクラム開発の進め方

スクラム開発では、大きなプロジェクトの中の1つの機能に対して少人数でスクラムと呼ばれるチームを組み開発を進めます。チーム一丸となってプロジェクトを進めるといったイメージです。

各スクラムずつ、スクラムマスター(以下SM)と呼ばれる1機能あたりの開発の責任者を設けます。SMはスクラムメンバーのサポートは勿論のこと、部署内、時には部署外との調整などを行い、スクラムが最大のスピードで走れるようにするのがスクラムマスターの役割です。

スクラムが1機能に対して責任をもって取り組む仕組みなので、自立的なチーム作りができたり、チーム内で発生している問題をすぐに検知したりすることが可能になります。

スクラム開発導入前の課題

何度も手戻りが発生する

機能開発の際、メンバーは開発できる人が担当し、プルリクに対して「3人以上にLGTMをもらったらマージする」という流れで開発をしていました。

初期段階ではそれでもよかったのですが、サービスの規模が大きくなるにつれ、機能完成後に「結果、ユーザー要件を満たしていない」といったことが起こり何度も手戻りが発生するようになっていました。

全体の進捗が見えない

お客様の要望を管理して開発の優先順位を立ててはいたものの、全体としての開発が何%の進捗なのかを把握しづらい状態でした。その為、スケジュール遅延が発生することもありました。

以上の課題があり、これからサービスをもっと大きくしていくために、現状の問題点を加味し、以下の要件を満たす開発手法として、スクラム開発を取り入れました。

  • お客様の要望をいち早くサービスに組み込んでリリースしていく
  • 責任者を明確にし、全員で仕様を考える自立したチームを作る
  • 進捗をチーム全体で共有できるようにする

実際に導入してみてよかったこと

いくつかありますが、3点だけ紹介させていただきます!

① 全体的なスピード感が上がった

機能の設計、開発してリリースまでにかかる時間が短くなりました。

これは、以前は開発の責任者が不明確だったことや、進捗が見えづらかったりしたために発生していた手戻りの工数が大幅に削除されたことが大きな要因です。

スクラム開発を導入すると、コミュニケーションを取る機会がとても多くなり、短期的には工数は多くなるイメージですが、それを上回るほどの手戻り工数が削減できたので、全体の開発のスピードアップに繋がりました。

② 新人の教育コストが下がった

以前は基本的な教育の完了後、小さな機能開発を担当してもらい1人で開発を進める、といった体制になっていました。これでは生産性の視点からも最終的にかかる教育コストの視点からも改善したい課題ではあったものの、教育に十二分な人員を割くことが難しいというジレンマがあったようです。

スクラム開発を始めてからも同じように、ある程度の教育が済んだらスクラムに入ってメンバーの一員として開発に取り組んでもらいます。しかしながら、スクラムメンバー全員で教えることができるので、1人に負荷がかかることを防げます。

また、新人もコードレビューをするので、自然とコードの書き方を理解することに繋がっています。

③ 保守運用を全員で回せるようになった

以前は保守運用については担当制で行なっていました。しかしサービスを成長させるアイデアは保守運用の中に落ちていることもあったり、何よりお客様のニーズを1番肌で感じることができます。

スクラム開発の導入後は、工数見積もりがしやすくなったことで、全体の進捗の見通しがよくなり、保守運用を全員で交代しながら担当するという運用が可能となりました。弊社ならではなのかもしれませんが、エンジニアが常にユーザー目線を持つようになったのは大きなメリットであったと言えます。

ここまでスクラム開発のメリットを挙げてきました。

しかし実際のところは僕たちもまだまだ試行錯誤を続けています。どこも同じだとは思いますが、全く理想通りというわけにはなかなかいきません。お客様が求めている価値をいち早く・安定して届けるという点において、スクラム開発という思考はとても優れています。

特に新規事業やスタートアップなど、ユーザーの反応を早いサイクルで開発に反映して行く必要があるチームにとっては最適な開発手法だと感じています。

ただし気をつけなければいけないのは、スクラム開発はチームやプロダクトによって合う・合わないがあるということです。導入を検討している、またスクラム開発(アジャイル型開発)で課題が多い場合には、一度チームメンバー同士で

「なぜ現在の開発手法を選択したのか」「なぜこれから導入するのか」

という問いを考え直してみるといいのかもしれません。

最後に告知をさせてください。

今度8月1日(水)に「アジャイル開発現場のリアル」と題したエンジニア向けイベントを実施します。弊社からはマネージャーをしている2名が登壇し、実際のスクラム開発の現場についてお話します。


テモナ × ラクスル 共催!~アジャイル開発現場のリアル~ (2018/08/01 19:30〜)
概要 『テモナ』×『ラクスル』合同イベント アジャイル開発をしている2社が開発現場の裏側について紹介させていただきます。 アジャイル開発を円滑にすすめるためのポイント、工夫ポイント、BtoBマーケットならではの裏話も 交えながら開発現場のリアルな裏側をシェアします。 ### こんな人におすすめ * アジャイル開発を実践している方、実践してみたがうまくいかなかった人 * これからアジャイルな開発を実践しようとしている人 * Rubyが好き、Railsが好き、プログラミングが好きな人(Ruby未経験者もOK)
https://shibuya-it-venture.connpass.com/event/92938/


ご興味があれば、ぜひご参加ください!!

9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings