「1対1に”man to man”はNG!」通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語

○月○日、プロジェクトリーダーを務めるMさんは自身のチームメンバーにそれぞれのパフォーマンスについて個別にフィードバックをすることに決め、その旨をミーティング内で発表しました。
しかし、そこで通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
I’ll have man to man meetings with all the team members.
(チームメンバー全員と1対1のミーティングを持とうと思います。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

「マンツーマン」 と日本語で聞くと、ただ単に「1対1で」の意味になりますが、英語では「腹を割って話す」というニュアンスになり、「man to man meetings」と言うと、「いったいどんな話をされるんだろう」と相手を不安にさせてしまいます。(単語の通り「男対男で腹を割って話そう」という、たくましい響きがありますね。)

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
I’ll have one on one meetings with all the team members.
(チームメンバー全員と1対1のミーティングを持とうと思います。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
「1対1で」と表すにはone on oneという表現が一般的で、上記のようなシチュエーションの場合は、以下のような言い方があります。

■face to face (対面で)
I’ll have face to face meetings with all the team members.
I’ll speak to all the team members face to face. ※face to faceを副詞として使っています。
(チームメンバー全員と対面形式のミーティングを持とうと思います。)

■individually (個別に)
I’ll meet with each team member individually.
I’ll talk to everyone individually.
(皆さんには個別にお話しするつもりです。)

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。

●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

株式会社テンナイン・コミュニケーション's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon