「~が得意」に”good at”はNG!~通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語~

○月○日、ソフトウェア開発会社で営業を務めるKさんは、見込み顧客へのプレゼンの際に、各開発チームの強みを説明していました。
しかしその時、通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Our team is good at developing custom software.
(我々のチームは、カスタムソフトの開発が得意です。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

「be good at -ing」で「~が得意」というニュアンスは出るのですが、「他よりも優れている」とニュアンスがないので、何かをアピールしたい時にはあまり用いられません。

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Our team excels at developing custom software.
(我々のチームは、カスタムソフトの開発が得意です。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
■excel in/at: ~に優れている、~に長けている
例:
I think she would be a good addition to our team, as she excels atforeign languages.
(彼女は外国語が得意なので、チームへの追加メンバーとして良いと思います。)

例:
We excel in the field of logistics and transportation.
(弊社は物流と運輸の分野に長けています。)

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。
●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

株式会社テンナイン・コミュニケーション's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon