1
/
5

ごめんなさい「営業=訪問販売」だと思ってたら全然違いました。

部署所属インターン生にインタビュー企画第4弾!

今回は、SNSマーケティング部でアウトサイドセールスを担当している慶應義塾大学2年の相蘇(あいそ)くんに、インタビューしてみました。

・どんな業務を行っているのか?
・なぜアウトサイドセールスに挑戦しようと思ったのか?
・挑戦して、感じた課題


などなど聞いてみましたよ!


【相蘇くんに関する記事はこちら】

ーーーまず、部署紹介をお願いします!

僕はSNSマーケティングの事業を推進する、SNS事業部に所属し、アウトサイドセールス業務を担当しています。アウトサイドセールスは、インサイドセールス(社内で顧客に対して電話でアプローチする業務)が受けたクライアントとのアポイントに対し、実際にクライアントと商談を行うのが仕事です。


僕がインターンとして携わる業務は大きく分けると2つで、社員さんの営業に同行することと、提案資料の作成のサポートです。
営業同行は、基本的には商談に参加して議事録をとることが仕事なのですが、若年層向けの案件であれば、大学生である僕自身にも商談中に意見を求められることもあるので、気が抜けません…!笑


社員さんが提案している内容を自分の中に落とし込んで、自分の口から提案できるようになるのが直近の目標です。
提案資料に関しては、SNS投稿分析やキャンペーンの企画、インフルエンサー候補の選定などを行っています。
InstagramやTwitterでのキャンペーン施策は、ターゲットが学生であることも多いので、学生目線の企画を出すように心がけています。

ーーーなぜアウトサイドセールスをやろうと思ったのですか?

そもそも、僕がインターンを始めたのは「学生のうちに少しでも背伸びをして社会との接点を増やし、生のビジネスの現場に関わりたい」という思いからでした。

営業がそれに適っていると思ったし、「営業に必要なスキルは業界・職種を変えてもずっと活きていくものだ」と社員さんにアドバイスしていただいたというのも、アウトサイドセールスを選んだ理由の1つです。

ーーー出社してから1日の仕事の流れについて教えてください!

今は特に決まった流れはなく、その日その日の依頼されたタスクに当たっています。タスク内容は様々で、冒頭でお話ししたように提案書の企画に関わるところからインフルエンサー選定まで、いろいろやっています。

このあたりは、主にInstagramやTwitterを見ながらすることが多いのでSNS好きにはぴったりですね(僕は美容やコスメに疎いので、苦戦するときも多々ありますが…。)自分の出社日と社員さんとの日程が合えば、実際の訪問営業に同行することも多いです。


ーーーこの2か月仕事をして課題はありましたか?

「与えられた課題に対して、自分で解釈して仕事を進めてしまいがち」なことですね。提案書の企画を考えているときに、その仕事を依頼していくれた社員さんが求めていた仕事と違うことをしていたことがあり、この課題に気づきました。何が課題で、何のために、どういった方向に進むのかをきちんとすり合わせしないと、時間が経つほど変な方向に行ってしまいます。

思えば、大学のテストでも出題意図から外れた回答をしてしまうなど、似たような経験がありました…笑。早いうちに気づけて本当に良かったです。またこれに加えて、「すぐ答えを求めてしまうこと」も課題だと感じています。

ーーーその課題に対して、どうアプローチして解決したんですか?


自分で勝手に解釈して仕事を進めてしまうことについては、最初にしっかりと方針をすり合わせるようにしています。また、仕事が完了していなくても、途中経過を報告しながら進めることを心がけています。

すぐ答えを求めてしまうことについては、一度自分で仮説をたててそれに対してフィードバックをもらうことで、自分の考え方の枠組みを社員さんに近づけていくようにしています。

ーーーこの2ヵ月、部署に配属され、実際に働いてみてどういったことを学びましたか?

営業という職種のイメージが大きく変わりました。営業でいうと、玄関に押し入って延々とセールストークを続けたり、利益をあげるために多少の誇張は暗黙の了解だったり…そんなイメージがある学生もいると思います。(僕だけですかね?笑)実際は、決してそんなことはありませんでした。

営業に大切なのはお客さんから信用してもらうことで、出来ないことは「出来ない」と言っていいんだと学びました。(この辺りは会社の方針によるのかもしれませんが。)

アウトサイドセールスとしてインターンをしていなかったら、何も知らないままに営業職を忌避するところでした。何事もやってみることが一番だと、再認識しました。

ーーー今後の目標、やるべきことは何ですか?

今後の目標は、自分で提案書を作成し、自分の口からお客さんに提案できるようになることです。それができるようになって初めて、アウトサイドセールスとしての課題がまた新しく出てくると思います。

ただそれと同時に、僕がテテマーチのインターンをする目的を再設定する必要性も感じています。「長期インターン」と言うと聞こえはいいですが、目的意識がなくてはバイトと変わらないので。そのためにも、まずは最近始めた自己分析をさらに深めていこうと思います。

【編集後記】

いかがでしたか?営業と聞くと、飛び込み営業だったり、長々とセールストークをしなければいけない、といったイメージがある人も少なくないかもしれませんが、テテマーチのアウトサイドセールスの最大の特徴は、既にSNSの課題を抱えている人に限定してアプローチするインバウンドの営業です。

営業というよりプランナーという言い方の方が合っているかもしれません。
そんな商談にも参加して実際の提案書作成まで挑戦してみたい!という学生さん、ぜひうちでインターンしてみませんか?


春休みからの長期インターン!
やりたいことは決まっていないけど、人と違うことがしたいインターン生募集!
テテマーチ株式会社は、未知なる価値の創出と追求により今の”できない”を”できる”に変えることをミッションとしている企業です。 創業時より、身近なマーケットにおいて本質的な価値のある様々なWEBサービスを提供するというコンセプトのもと、SNS領域に注目。その領域において、オウンドメディアの運営やアカウントのコンサルティング、分析ツール開発等、さまざまなサービスをもって企業のSNS活用を支援してまいりました。 今後も、企業のソーシャルマーケティングを一気通貫してサポートすべく、プロダクトやサービスの開発に注力しています。
テテマーチ株式会社
テテマーチ株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more