1
/
5

オンライン入社して見えた“Team-centric”精神

はじめまして、Tigerspike 東京オフィスのAssociate UI Designerとして今年4月に入社いたしました、浜野と申します!

そうです。私は、史上稀に見る、「オンライン入社」を経験したTigerspikeの新メンバーです。Joinして早1ヶ月半、オフィスに足を運んだのはたったの2日間。3分の2のメンバーにいまだに直接お会いしたことがありません。

それでも、私が全く不安や抵抗を感じずリモートワークができるのは、Tigerspikeのカルチャー、そしてメンバー全員のホスピタリティ精神に依るところが大きいです。

このような心配をされている方はいらっしゃいませんか?

「再就職先を探したいけど、コロナで大変な時期にちゃんと受け入れてもらえるのか不安…」

「採用されてもコロナ自粛で社員や上司に会えないのに仕事になるの…?」

「リモートワークって新入社員にとっては尚更孤独なんじゃない…?」

コロナ不況に伴い、転職活動中のみなさんも「入社した後」の心配をされている方も多いと思います。今回の記事では、Tigerspikeに興味を持ってくださっているみなさんの不安を少しでも解消したいという思いから、私が経験した「オンライン入社」をテーマにシェアさせていただきます。

結論から言いますと、この

「オンライン入社」

きっとみなさんが想像するより面白い経験ができるかもしれません。

現に私は、バックオフィス、デザインチームとのOnborading(研修・オリエンテーション)を経て、どんな状況下も楽しむTigerspikeの精神、チームを大切にするカルチャーを目の当たりにし、リモートでありながらもポジティブな活気で溢れるTigerspikeに感銘を受けました。

Onboarding

オリエンテーションは2日間、浅草橋オフィスで行いました。(緊急事態宣言が出る前でしたので、滑り込みセーフです…!)Head of Design / Lead UI Designer / Office Manager の3名がオフィスに私を迎え入れてくださり、今後の働き方、そしてチーム、プロジェクトの概要を説明していただきました。

必要書類を揃えた後、MacBook Proを支給され、いざ、完全リモートワーク生活の始まりです。

Week One

Tigerspikeでは主なコミュニケーションツールとして、Slackを使用しています。ログインしてみるやいなや、メンバーからの嬉しいWelcomeメッセージが届いていました!

リアクションスタンプの多さに思わず笑ってしまいました!

オンラインでもチームの温かさ・楽しさが伝わってきて、Tigerspike Familyの一員になることへの喜びが一層増したのを覚えています。

ミーティングは、巷の「オンライン飲み会」のツールとしてもよく使われているZoom、またはGoogle Hangoutで行います。初めてのオンラインミーティングに入って私は驚愕いたしました。



チームメンバーの背景が…ビーチ、黒柳徹子の部屋、笑っていいとも!のスタジオ、等々…個性あふれる賑わいを見せていたのです!

そして何やら…カエル(の格好をしたメンバー)がいる。

と思っていたら…デーモンのような恐ろしい格好をしたメンバーも何食わぬ顔で会議にやってきました!!!

…とツッコミどころ満載ですが会議は普通にスタートします。

Tigerspikeでは、週に1度、デザインチームでミーティングを行い、各メンバーがどんなプロジェクトに取り組んでいるのか、どこに問題点を感じ、どう解決策を出すか話し合う場所が設けられています。担当しているプロジェクトの垣根を超えて、他のデザインメンバーと仕事・成果内容を共有できる機会があるのは、新しい学びに繋がることもさることながら、「同じプロジェクトにはいないけれど、我々はチームである」ということを実感させられるので、大変有意義な取り組みだと思います。

さて、肝心のプロジェクトを進めるにあたって、Tigerspikeでは、目的 or コミュニケーションパターンに合わせて10種類以上のオンラインツールをメンバーで共有しながら、時にリアルタイムで同時に編集・図解作り・アイディアの出し合いを行います。オンラインでのコラボレーションワークは今の時代案外スムーズに行えるのです。

オフィスでのウェルカムパーティは「オンライン飲み会」に急遽変更!

本来であれば、新メンバーに対してはWelcome Lunch Party、Welcome Beerといったイベントをオフィスで行うそうですが、ここもコロナ感染予防として、オンラインWelcome飲み会を開催することになりました!今は直接会わずとも、各々日本酒・ワイン・テキーラ・ジュース等々を片手に飲み会が開ける時代です!こちらのパーティにもZoomで開催しますが…



デーモンが増殖大量発生!中には茄子、猫、カエルも混ざっていたりと…遊び心溢れるチームメンバーとの仕事外での交流はとても楽しく、終始笑いが絶えませんでした。Welcome飲み会では、ただ飲んで自己紹介するだけでなく、メンバー全員からの1問1答のコーナー(きわどい質問も含む!)もあります。自分のことを知ってもらえる貴重な機会となり、オンライン入社をするメンバーを温かく迎え入れようとしてくださるお気持ちがチーム全員から感じ取ることができ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

Week Two

でもやはりオンラインのグループ会議だと顔と名前がなかなか一致しない…だからOne on oneのミーティングを全員と!!

そうです。全メンバー24人と、1対1でミーティングをさせていただきました。上司、同部署のメンバーのみならず、General Manager、Sales、 Project Manager、Desginer、Tech、Backofficeのメンバーのバックグラウンドと人柄を知ることができる機会は、むしろリモート入社をしたからこそいただけた貴重なものだったと思っております。オンラインでありながらメンバー1人1人との心の距離を縮めることができ、とても有意義な時間でした。Tigerspike東京オフィスの全ての方が私と快く個別にお話しする時間を作ってくださったこと、これはTigerspikeのチームワークを大切にするカルチャーを体現していると思います。

チームが共有する価値観

  • We care about each other
    メンバーは「従業員同士」という関係ではなく、「仲間」という認識。
  • We love the diversity in the office
    日本で生まれ育ったメンバーのほか、海外在住経験を持ったメンバー、海外出身のメンバーなど、様々なバックグランドに溢れる環境。
  • There is a sense of community
    プロジェクトはもちろん、仕事以外のメンバーとの時間も重要視。
  • Lastly, we love having fun!
    つまるところ、楽しまなきゃ意味ないよね!

リモートワークだからといって、これらのカルチャーは失われません。Tigerspike東京オフィスが定期的に実践しているアクティビティとしては他にも、

  • Japan Weekly Sit Down
    週に1回、東京オフィスメンバー全員が出席し、部署の垣根を超え、会社の取り組み・プロジェクト情報を共有する
  • Online Morning Activities
    週に2回、1分間スピーチ&ヨガセッションを設け、仕事以外でほっと息抜きができる時間がある
  • Online Coffee Break
    週に3回、空き時間に参加できるコーヒータイムがあり、最近の出来事、趣味についてなど、カジュアルな話題で仲間とおしゃべりを楽しめる
  • Online Lunch & Learn
    隔週1回、メンバー1人が選ばれ、ランチの時間に自分の知見・趣味・経験をシェアする
    テーマの具体例:
    ものづくりとデザインの話 プラスチック編
    映画と私 〜映画宣伝の表と裏 篇〜
    スタートアップとストックオプションの話
  • Online Otsukare Friday
    金曜日の17時から、お酒・ジュースを片手にメンバー全員でオンライン飲み会を行う(雑談・ミニゲーム・クイズなどもあり)
  • Buddy Program
    新人メンバーには、“Buddy (相棒)”が1人紹介され、入社後の不安・疑問だけでなく、趣味の共有など、肩の力を抜いて一対一でお話しできる機会が定期的に与えられる

これだけの取り組みをオンラインでもしている会社って…あるんでしょうか?リモートワークに移行するだけでヒイヒイ状態の企業も多い中、Tigerspikeの、どんな状況であっても楽しむことを忘れないカルチャーに、私が入社前に抱えていた不安は払拭され、大変救われました。

最後に

転職活動中のみなさんも、“Sit Back, Relax, and Enjoy Applying!”
肩の力を抜いて、ぜひTigerspikeにご応募してください。応募は弊社HPGreenもしくはWantedlyから可能です。私たち東京オフィスメンバーはリモートでもみなさんとお会いできるのを心待ちにしております!

Tigerspike株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more