1
/
5

What we do

2007年の設立以来、Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのソーシャルメディアを活用したマーケティングに強みを持ち、多くの事業会社のマーケティング活動を支援してきました。
マーケティングを仕事にしたい! マーケティングでワクワクした未来をつくりたい! そんな思いを持ったスタッフがたくさんいる会社です。
トライバルメディアハウス(以下、トライバル)は、「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」というミッションのもと、大手企業のマーケティング支援からソーシャルメディアに関するツールの開発・提供まで幅広く手がけています。 1)ソリューション事業 マーケティング戦略からプロモーション・キャンペーン・PR・リアルイベント・SNSアカウント運用など、手法を問わずお客様の課題解決のためにトータルでご支援します。 ◆熱狂ブランドマーケティング ブランドに対する熱狂的ファンの「愛」で、ブランドの持続的な競争優位を獲得するマーケティング https://nekkyo.tribalmedia.co.jp/ ◆Modern Age/モダンエイジ 音楽やテレビなどのエンターテインメント業界のマーケティング支援と、エンタメを活用したブランドのマーケティング支援を行う https://modernage.tribalmedia.co.jp/ 2)インターネット広告事業 アカウント運用で培った知見をもとに、マーケティング戦略に最適な広告プランニングから出稿、効果検証を行います。 3)プロダクト事業 企業やブランド、生活者がワクワクする未来の実現を目指してプロダクトを開発・提供しています。 ◆HOPSTAR - ホップスター ブランドの消費行動に影響を及ぼすインフルエンサーが見つかる次世代インフルエンサーマーケティングツール ◆welog - ウィーログ 会議の議事録や業務マニュアル、日報といったドキュメントの記録・共有・活用に特化したクラウドツールです。チームにおける状況把握の円滑化・情報伝達の効率化・ノウハウの蓄積などをサポート ◆Engage Manager - エンゲージマネージャー ソーシャルメディアの投稿から効果測定まで一元的に管理することができるソーシャルメディア統合管理ツール ◆Boom Research - ブームリサーチ 国内最⼤級のクチコミデータベースを持ち、簡単にソーシャルメディア上でのクチコミが分析できるソーシャルリスニングツール ◆Co-meeet - コミート ファンイベントの運営やイベント前後のコミュニケーションを通じてファンの熱量を最大化させるファンイベント支援ツール ▼各プロダクトの詳細は以下よりご覧いただけます。 https://case.wantedly.com/portfolio/companies/tmh

Why we do

トライバルの企業ロゴの元となるアルファベットは、たったの26個でも、その組み合わせによる言葉の数は無限大。私たちはその無限の組み合わせから最適なアイデアを見出します。
トライバルの代表である池田紀行(https://twitter.com/ikedanoriyuki)は、国内外のマーケティングをリードする一人です。さまざまな企業や団体、フォーラムで講演を行っており、延べ2万人のマーケター育成に貢献しています。
インターネットやSNSの普及によって場所・時間といった障壁はなくなり、この数年で社会構造や価値観は大きく変わりました。 そしていま、誰かの「できる」ことが他の誰かにとっての「価値」になる、そんなソーシャルエコノミーの世界がはじまろうとしています。 トライバルメディアハウスでは、「個人」が持っている“価値を生み出す源泉”を「私本(しほん/わたくしほん)」と呼び、「私本」を活かしたより良い社会の仕組みづくりを目指しています。 「個人」が輝けるステージの創造、22世紀に向けた「生きがい」「やりがい」「働きがい」の創出、自由で多様性が尊重される社会。 「資本」主義から、「私本」主義へ。 ワクワクする未来づくりが、私たちの使命です。 ▼「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げた理由、このミッションのもと何を行うのかについて、代表 池田がブログを書いています。 https://note.tribalmedia.co.jp/n/ne788ea0fca36

How we do

トライバルらしく、そして新しい時代の働き方を実現するための支援があります。
トライバルの設立日は、2007年3月22日。設立記念日には、毎年スタッフ全員でお祝いをします。
私たちは、“JUST”というバリューのもと行動しています。 ◆自律する(Jiritsu) 自ら気づき、自ら考え、自ら動く。そんな「自律性」を重視します。 ◆動く(Ugoku) 不安でも、怖くても、行動にうつす。果てなき挑戦と行動量を重視します。 ◆成果にこだわる(Seika) 個人もチームも、成果に貪欲に。再現可能なプロセスも重視します。 ◆楽しむ(Tanoshimu) オン・オフ関係なく、人生をまるごと楽しむ。明るく前向きなメンタリティを重視します ▼自律しながら楽しく働く。 そんなトライバルらしさをつくる制度や取り組みは、以下よりご覧いただけます。 https://note.tribalmedia.co.jp/n/n072045e4cc46