1
/
5

TOP2人が語る!数々の苦行を超え、土台を固めた「トピカ」が創る場所とは?

トピカは「早い・安い・旨い」の3拍子揃えた簡単男前レシピ「GOHAN」に始まり、カルビー様とのTkTokでの取り組みが話題となった「TOPICA WORKS」など、ユニークな取り組みを数多く実現してきました。

そんなトピカも第二創業期に差し掛かかっています。今回はトピカのTOP2に”これまで”と”これから”について詳しく聞いてみました!

〈プロフィール〉

麓 俊介(株式会社トピカ 代表取締役社長)
中学生でプログラミングを始め、独学でゲームをリリースする経験を持つ。
ECサイト開発、ゲーム開発を経て2016年にトピカを創業。


石川 怜(株式会社トピカ 執行役員)
組織コンサル会社で大阪拠点長を経験後、「SHOPLIST」の営業を経て麓に出会いトピカに入社。
同社ではTOP営業マンとして最前線に立ちつつ、営業部門を組織している。


〈目次〉

・トピカとGOHAN
・TOPICA WORKSとSNSマーケティング市場
・反省とこれから
・未来の仲間へ

トピカとGOHAN

‐ お願いします!

麓・石:よろしくお願いします!!

‐ 早速ですが、社名である『トピカ』の由来は何だったんですか?

麓:ここは僕がお話しさせていただきます。

topic(話題)

aはアルファベットの始まりなので、始まる という意味

話題を始めるの意味を込めて

topica(トピカ)と命名しました。

それが今の会社のミッションでもある「話題が始まる場所を創り、ココロをつなげ、日常に彩りを。」に繋がっているわけです。


‐ なぜGOHANを立ち上げることになったんですか?

麓:創業したのは良かったですが、そこからプロダクトを何にするか問題がありまして、
当時は「クラシル」さんや「DELISH KITCHEN」さんとかが流行っていたんです。

ですが、料理動画メディアは全てが女性向けであり、男性向けではなくて敷居が高いと思っていたので、
そこの課題解決してやろうと思って始めました。

想像以上に流行ったんですけど、全然利益に繋がらながったのはきつかったですね(笑)

TOPICA WORKSとSNSマーケティング市場

麓:GOHANで培ったソーシャルメディアと動画の知識を活かして、世の中の話題のハブになろうと思い、「TOPICA WORKS」を始めようと思いました。

だけど当時のトピカはクライアントワークをできる営業マンがいなくて、僕は営業をしたくなかったので、営業マンが必要だったんですよね(笑)

‐ 営業やりたくなかったんですね(笑)

麓:やりたくなかったですよ~(笑)
やりたくなさすぎて従業員の前で「俺は営業をやりたくない!」って宣言したことありますからね!

そんな時に偶然出会えたのが石川さんなんですよ!

もうイケメンだから売れると思いましたね(笑)

石:やっと出番ですね!

当時上場企業にいたんですが、営業が仕組化されたタイミングでベンチャー企業でもう一度成長をしていきたいと考えていたので、不安はありましたけど市場も伸びると思っていたので、飛び込みました。

麓:やっぱりイケメンだったんですごく売れたんですよ!

ほんと助かりました(笑)

‐ 入社してみていかがでしたか?

石:やはり市場は伸びていましたが、SNSを企業としてどう扱っていくかという点はどの企業も手探りでおこなっていた状況でしたね。

ですので、GOHANでの実績があった僕たちは売り方さえ間違えなければ売れると感じ、実際に会社の売上を3倍にできた時は嬉しかったですし、会社が生きているのを実感しました!

反省とこれから

麓:ここ3年間は多くの経験しましたからね(笑)

石:しましたね(笑)

‐ 辛かったこととか多そうですね

石:入社したら2ヶ月後にキャッシュアウトするかも!
って言われ時は騙されたと思いましたけど、今となってはいい思い出です(笑)

唯一反省していることは、会社の未来を信じてもらえない時ですね。

麓:会社や社員の可能性を見せられていない自分達がいて、もどかしかったです。
でも経験するべきことはここ3年程度でしましたし、なによりも人間的な成長ができました。

‐ これからのトピカはどのようなフェーズになりますか?

麓:「話題が始まる場所を創り、ココロをつなげ、日常に彩りを。」というミッションを改めて胸に刻んで会社を大きくしていくフェーズになります。

石:下積みが終わって飛躍するタイミングになります!
詳細はお話しできませんが、現在多くのプロジェクトが動き始めているので、ワクワクしています。

麓:今いるメンバーを幸せにするのが僕の責務なので、メンバーにも会社の可能性を見して、共にワクワクしながら成長していきたいと思っています!

未来の仲間へ

石:まずはTOPICA WORKSを食品・飲食関係のSNSマーケティングで1番のサービスにします。
そこを一緒になって実現していける方が望ましいです!

麓:他にも2つほど目下で0から立ち上げるサービスがありますので、将来起業したいからベンチャーで頑張りたい!と考えている方も歓迎します。

石:他にも会社がどんどん大きくなるフェーズですので、事業をスケールさせていくための、戦略家になれる方も仲間になってほしいですね。

麓:なによりもトピカのビジョンやミッションに共感して、一緒になって作っていきたい!と思ってくださる方に仲間になっていただきたいです!


‐ 最後にメッセージを!!

麓:トピカはまだまだ成長フェーズです。
だからこそ、社会を変えられる可能性があります。

話題が始まる場所を創りたい方お待ちしてます!


トピカでは以下のポジションなどで仲間を探しています!

動画ディレクター
SNS動画マーケティングの最先端で成長したい動画制作ディレクター募集!
「話題が始まる場所を創り、ココロをつなげ、日常に彩りを。」 このミッションを胸に私たちトピカが扱っているもの、それは5分以下の短尺動画を活用してSNSマーケティングです。 これをわたしたちはショートムービーマーケティングと呼んでいます。 動画には「人のココロを動かす」力があります。 動画メディアを通してココロが動き、人がつながります。これの繰り返しで生まれる、寂しさのない世の中、日常に彩りがあふれる世の中…そんな世の中を実現するためにに私たちは日々挑戦し続けています。 具体的には以下のようなプロジェクトを手掛けています。 ①「TOPICA WORKS」 この部門で行っているのは、クライアントのSNSアカウント・動画広告の運用です。 主なプラットフォームはYouTube、Tik Tok、Instagramです。 「戦略・マーケティング→企画・構成→作成・編集→広告立案→ABテスト→コンサル」という一連の流れの全てのステージにおいてトピカは活躍しています。 特徴的なのが自社独自のソーシャルメディア、運用分析ツールです。共同経営者が元ソーシャルゲーム開発者であり、エンジニアであるという強みを生かして、データドリブンでの制作・運営を行っています。 【ニュース】 カルビー様とのTkTokでの取り組みがマーケジンにて記事になりました!あの話題の動画、実はトピカが作ってたんです! https://markezine.jp/article/detail/33720 アカウント運用代行のほかにも、動画広告やリール機能、最先端のマーケティングノウハウを活用しています。SEO対策やキャンペーン連動型広告運用、インフルエンサーなど新しいことにどんどん挑戦して、事業を展開しています。 ②「GOHAN」 「トピカ」と聞いて一番に思い浮かぶのはこれかもしれません。 「男性が料理をすることがあたりまえの世の中」を目指して、創業当初から手掛けてきたのがこの動画メディア「GOHAN」です。現在のSNSの総フォロワーはなんと120万人以上。国内最大級の男性向け料理動画メディアとなっています。11月には料理本も出版する予定です。 Twitter、Instagram、YouTube、Facebook、TikTokのアカウントの運用を中心に行っています。 「早い、安い、旨い」を追求し、ダイナミックで心を動かすような動画の配信を行っています。 【Instagram】https://www.instagram.com/gohan.jp/?hl=ja 【TikTok】https://vt.tiktok.com/yNEnXh/ 動画の配信だけでなく、アンケート調査や記事タイアップなども実施しています。 手探りながらも新しいことに果敢に挑戦するトピカだからこそ、日々新たな気づきに出会い、学びを得ることができると考えています。 疑問を持ち、興味が湧き、熱をもって取り組んだ時にこそ人は成長を遂げるものです。新規事業へも力をいれています。こうした挑戦を通して、トピカの仲間たちはこれからもドンドン成長します!!
株式会社トピカ
人事・総務
SNS動画マーケティングのスタートアップで一人目の人事・総務担当大募集!!
「話題が始まる場所を創り、ココロをつなげ、日常に彩りを。」 このミッションを胸に私たちトピカが扱っているもの、それは5分以下の短尺動画を活用してSNSマーケティングです。 これをわたしたちはショートムービーマーケティングと呼んでいます。 動画には「人のココロを動かす」力があります。 動画メディアを通してココロが動き、人がつながります。これの繰り返しで生まれる、寂しさのない世の中、日常に彩りがあふれる世の中…そんな世の中を実現するためにに私たちは日々挑戦し続けています。 具体的には以下のようなプロジェクトを手掛けています。 ①「TOPICA WORKS」 この部門で行っているのは、クライアントのSNSアカウント・動画広告の運用です。 主なプラットフォームはYouTube、Tik Tok、Instagramです。 「戦略・マーケティング→企画・構成→作成・編集→広告立案→ABテスト→コンサル」という一連の流れの全てのステージにおいてトピカは活躍しています。 特徴的なのが自社独自のソーシャルメディア、運用分析ツールです。共同経営者が元ソーシャルゲーム開発者であり、エンジニアであるという強みを生かして、データドリブンでの制作・運営を行っています。 【ニュース】 カルビー様とのTkTokでの取り組みがマーケジンにて記事になりました!あの話題の動画、実はトピカが作ってたんです! https://markezine.jp/article/detail/33720 アカウント運用代行のほかにも、動画広告やリール機能、最先端のマーケティングノウハウを活用しています。SEO対策やキャンペーン連動型広告運用、インフルエンサーなど新しいことにどんどん挑戦して、事業を展開しています。 ②「GOHAN」 「トピカ」と聞いて一番に思い浮かぶのはこれかもしれません。 「男性が料理をすることがあたりまえの世の中」を目指して、創業当初から手掛けてきたのがこの動画メディア「GOHAN」です。現在のSNSの総フォロワーはなんと120万人以上。国内最大級の男性向け料理動画メディアとなっています。11月には料理本も出版する予定です。 Twitter、Instagram、YouTube、Facebook、TikTokのアカウントの運用を中心に行っています。 「早い、安い、旨い」を追求し、ダイナミックで心を動かすような動画の配信を行っています。 【Instagram】https://www.instagram.com/gohan.jp/?hl=ja 【TikTok】https://vt.tiktok.com/yNEnXh/ 動画の配信だけでなく、アンケート調査や記事タイアップなども実施しています。 手探りながらも新しいことに果敢に挑戦するトピカだからこそ、日々新たな気づきに出会い、学びを得ることができると考えています。 疑問を持ち、興味が湧き、熱をもって取り組んだ時にこそ人は成長を遂げるものです。新規事業へも力をいれています。こうした挑戦を通して、トピカの仲間たちはこれからもドンドン成長します!!
株式会社トピカ
株式会社トピカ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more