事業の拡大を、柔軟性を持って支えていきたい #この度ツクルバに入社しました

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバーが続々と仲間入りしています。「#この度ツクルバに入社しました」シリーズでは、 そんなNew Memberそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます!
今回は、2019年4月にカウカモ事業部planningチームへ加わった田名部をご紹介します。

田名部 美紗(たなべ みさ)
1992年千葉県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業。新卒で鉄道会社に入社し、不動産事業部にて駅前再開発事業や沿線まちづくり事業を担当後、2019年春に株式会社ツクルバに入社。

なぜツクルバに?

大学卒業後、公共性が高く、人々の役に立てるような企業に勤めたいと考え、新卒で鉄道会社に入社しました。配属は不動産関係の事業部で、仕事内容は駅前再開発事業などの開発や、沿線まちづくり事業として空き家リノベーション事業や沿線活性化のための産学官連携などに携わりました。

他部署からは「なんでも屋」と言われることもあるくらい幅広い事業にチャレンジしてきたのですが、一番思い入れがあるのは、空き家リノベーション事業です。企画から立ち上げ、運営までを一貫して担当することができ、キャリアも浅い中で事業を作り動かすという経験が自分のスキルを一段階上げてくれたように感じています。

物件のリノベーションをとても素敵にしていただいたことも同事業の中では、印象的でした。生まれ変わる驚きや新築では感じられない魅力など…。そこから仕事関係なく、中古リノベーションの魅力にハマり。カウカモマガジンを発見し、かなり憧れていて、時間があれば読み漁っていました。

何年か経ち、自分の中で少し自信もついてきたところで、将来的にライフスタイルの変化などでどのような状況になっても、対応して仕事ができる人間になりたいと思い、経験を積んでいきたいと転職活動をはじめた頃、Wantedlyで憧れのツクルバからスカウトが来て、「おおー」と声を出したのを覚えています。

とはいえすぐには、転職自体をなかなか決断できなかった私ですが、ツクルバの面接では私のできること・やりたいこと、ツクルバが欲しい人材がマッチしていることを感じ、「お互いタイミング的にちょうどいいんじゃないかな」というCOO北原さんの一言に押され、入社を決めました。

ツクルバでのミッションは?

カウカモ事業部のプランニングチームで、業務管理をはじめとした事業企画の仕事を担当します。

前職で経験し培った「新しいことに挑戦するとき・新しい課題にぶつかったとき、これまでの経験や知識を駆使して、解決していく力」を発揮できたらと考えています。

これからツクルバやカウカモが事業を拡大していく中で、既存の業務だけではなく、新たに生まれる幅広~い仕事に対処できる、柔軟性をもった担当者になれたら、と思っています。

名刺に描いた、あなたの「発明したい場」は?

デザインは、純粋に海が好き、船も好き(特にコンテナ船)という理由もあるのですが、海のようにおおらかで、船のように波などからバランスを取って進んでいける人になりたいと考え、書きました。


※ツクルバでは、「発明したい場」をテーマに名刺裏面のイラストを各々が描いており、個性豊かなメンバーのそれぞれの想いが垣間見えるものになっています。
ツクルバのメンバーと名刺交換した際は、ぜひ裏面にも注目してみてください!

\私たちと一緒に働きませんか?/
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください!


株式会社ツクルバ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more