1
/
5

テレワーク時代の本社増床|オフサイトセンターを開設しました!


2020年12月21日、本社オフィスを増床し「お茶の水オフサイトセンター」をオープンしました。

昨今の働き方の変化に対応し、テレワーク、WEB会議、資料作成など、個人が集中して業務に集中できることをコンセプトにオフィスを設計しています。どんなオフィスになったのか、今回は写真多めにご紹介いたします。

本社にいながらテレワークスタイルで働けるオフィス


今回増床したフロアは「オフサイトセンター」と名付けました。
当社は4月の緊急事態宣言の際、全社員を一斉にテレワーク体制推奨に切り替えました。その後緊急事態宣言が解除され、それぞれの社員の判断を尊重しながらテレワークと出社を並行する、いわゆる「ハイブリッド型」の働き方を実践しています。

そういった新たなワークスタイルへの順応は、個々人の自宅環境やお客様先の環境によって影響を受けることがわかり、またWEBを介してのコミュニケーションが苦手なメンバーは、メンタル面の疲労が蓄積してきている状況も大きな課題となっていました。それらの解決策のひとつが、当オフサイトセンターです。

一番の注目は個人用作業ブース!コクヨさんの「WORK POD」です。20台導入した企業は当社が初めてとのことです。


まるでインターネットカフェのようにも見えます。


実際中に入ると防音性はバッチリ。
一人で集中したいとき、WEB会議をしたいときにはぴったりな空間です。中に入ると机の大きさや照明など、よく作られていて感心しました。


これからのワークスタイルを考えつつ、「つながり」スペースも盛りだくさん

個人用作業ブース「WORK POD」以外にも様々なスペースがありますのでご紹介します。

カフェスペース





こういう場所があると自然に会話も生まれそうです。全体の空間も広いので、席の間隔も広くとれて安心。
会話するスペースと集中して作業したりWEB会議をするスペースが分かれているのは、今の時代ならではのオフィス空間だなと思います。

撮影ルーム


ウェビナーなどの撮影を想定して作られています。
普段は扉が空いていますが、シースルーの扉を閉めて部屋にすることができます。これからここでどんな撮影がされるか楽しみです!可能性を感じます。

イベントスペース




イベントスペースも広くとっています。
このフロアは従業員用なので、社内イベント向けです。
ここで全社会が開催できる日がまた来るといいな、と思います。
なお、社外用のイベントスペースは、これまでのフロア内にカフェスペースがあります。
こちらの空間もご来社された方にはとても好評です。

社長室



社長室も移動しました。
須田さん、広々とした部屋でL字机、社長っぽいですね!(笑)
気に入ったのか、オープン当日は誰よりも早く移動して使っていました(笑)

アウトドアスペース



芝生のような緑の絨毯に、キャンピングチェアが並んでいます。くつろぎながら話したり、MTGができるのは楽しいですね。
リラックスして、ブレストしたり、新しいアイデアを出し合ったり、ここでワイワイするイメージです。

オープン初日に入ったのですが、この空間に純粋にワクワクして、周りにいた社員と盛り上がりました。
今の時代に適したメリハリの効いた安全な働き方を実現しつつ、「つながり」をもっとおもしろく、楽しく築けるような空間にしていきたいと思います!

5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more