ついに、あの香住港からの出荷が実現します!

こんにちは。すっかりブログ投稿のレギュラーになってしまった山本です。

鳥取へ来て毎日のように魚を食べているので、なんだかとても長生きしそうな気がしています。

さて、先日はバイヤーの久保さんと兵庫県但馬地区の香住港へ行ってきました。香住港は、近畿唯一のベニズワイガニの水揚げがある漁港です。「香住ガニ」とも呼ばれるみずみずしいベニズワイガニを、もっと多くの人に食べてもらいたい!と、ウーオでも仕入れられるよう現地調査してきました。

そこらじゅうカニだらけ!

かごいっぱいに溢れるベニズワイガニ!カニ!蟹!カニ好きには嬉しい現場です。これでもこの日は漁獲量が少ないほうだったようです。手の平くらいの小さなものから、人の顔ほどもありそうな特大サイズまで大きさは様々でした。

水産物のセリは、地域や漁港によってちょっとずつ違います。魚の呼び方、箱の種類、セリ用語、入札の仕方、それぞれのルールがあります。

もちろん、セリを行うセリ子も違うので、セリの雰囲気も異なります。いつも行っている鳥取の網代港では、セリ子のハキハキとした言葉が飛び交い、とても賑わいます。一方、香住港のセリ子は物柔らかな口調で、まるでお経を聞いているかのようなセリでした。

出荷方法も生や冷凍などいろいろあります。香住港では、味も見た目も美味しく食べられるようボイルして出荷しています。


でも、全国にたくさんある産地ごとのこういった情報を手に入れるのは 大変ですよね。「同じ水産物でも、地域によってそんなに違いがあるのなら、複雑でわからない!どうやったら本当に美味しい魚やカニを手に入れられるの?」と、モヤモヤしている方もいるのでは。

そこでウーオの出番です。

私たちが産地と消費地の架け橋となります。

ウーオはインターネット上で水産物の売買が行えるサービスを提供しています。その裏では、今回の調査のようにウーオのメンバーが直接足を運んで情報を集めています。

また、貴重な産地の情報を収集できるのは、力を貸してくださる現地の漁協の方や仲買さんのおかげです。

まだまだアナログな水産業界に、革新性をもたらすため私たちは日々邁進していきます。


産地訪問は嬉しい出来事も…!

今回香住港でお話を伺った但馬漁協さんから、ベニズワイガニをいただきました。思わぬプレゼントにとてもテンションが上がった1日でした!

今年の9月に始まるベニズワイガニ漁が楽しみです!

株式会社ウーオ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more