1
/
5

地方銀行の営業職からベンチャー企業の管理部門へ

【ヴァンテージマネジメント株式会社に入る前】

新卒の時は、経営者との距離が近く無形商材なので幅広いサポートができるということで地方銀行で営業をしてました。
営業成績を上げるために上司と戦略練ったりロープレしたり飛び込み営業しまくったり...と、とにかく必死にやってきました。銀行でもかなりの不信店舗に配属だったため上位の成績を取るのに本当に苦労しましたが、上司の協力もありなんとか新人賞に入賞できました。
その時のボーナスの少なさと報奨が商品券1万円分だった瞬間に辞めることを決意しました...笑

そんな中でも3年半の間、仕事をしている中で自分で提案・行動したものがカタチに残るような仕事ってとても良いなと思い、新規事業をやっているベンチャーへの転職を探していたところヴァンテージに会いました。
最終面接でこうたさん(弊社代表)に「そういうことなら、ヴァンテージの組織づくりということで管理部門で働いてみない?」(ってたぶん言われたと思う)
と全然考えていなかったキャリアの提案があって、社長の直下でこういう働き方も面白いなと思って入社を決めました。

【現在】

業務はバックオフィス全般やってます。
面接に関しては人事Div.、経理は専門の担当者がいるのですが、後はだいたいやってます。
こんなに兼任させてもらえるのもベンチャーならではですね。

また、銀行にいた時には全部決まった”型”があってその通りの仕事をしていましたが、ヴァンテージには色んなことに型がありません。
自分で考えて作ったり、改善案を出したりと考えながら仕事をするのがベンチャーの醍醐味ですね。

【ヴァンテージマネジメント株式会社について】

1、スピード感がある会社
走りながら考えるというか。
完璧でなくても即実行にこだわり前に突き進み結果を出すことにこだわっているメンバーが多い。多少それで苦労する面もありますがとにかく即にこだわる笑

2、未整備なところが多い
プラス面もありますが、全く知識がない僕がやっていても、あれ?これは?となる事があるので詳しい人からしたら仕組み作ったりするには最高の環境かと。
専門家お待ちしてます笑

3、個性が強い人が多い
ほんとに個性が強いメンバーが多いですね。
前職が銀行員だったので良くも悪くも真面目な感じの人が多かったのもあると思います…笑
銀行からベンチャーに行くのも変わり者かと思いますが、入ってみればわかります!

【今後どういうことをしていきたいか】

まずは、会計・請求システムの入替・導入ですね。とにかく早くやりきります!
今後はもっとそれぞれの業務の深い領域まで取り組んで自分の業務領域と専門性を高めたいですね。
もっと色んな仕組み作って自分がいなくても制度や仕組みが残っているような仕事をしたいです。
昇格して商品券1万円と言わず、バックオフィスでこんなにもらってるの!?と言われるような市場価値の高い人材になりたいですね。

ヴァンテージマネジメント株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more