1
/
5

GDC2018にBlitz Freakを出展しました!

なんと!
3/19-3/23に行われた、世界最大のゲーム開発者向けイベントGame Developers Conference 2018に弊社のBlitz Freakを出展してきました!

Game Developers Conference(通称GDC)は毎年3万人近くのゲーム業界関係者が参加するイベントです。業界の最先端を走るデベロッパー達が学び、情報共有し、コネクションを作る場です。


日本企業でVRゲームをこのGDCに出展するのは弊社が(おそらく)初です!
ベンチャー企業である我々にとってこれはかなりの快挙です。




と、ここまで書いてきましたが、実は出展といっても自社ブースではなく、Genvid Technologiesという企業のブースの区画を借りての出展でした。Genvid Technologiesはゲーム開発者向けにミドルウェアを提供しており、弊社のBlitz Freakはそのシステムを組み込んだモデルケースとして置かせてもらったという形になります。

Genvid Technologies ブース


Blitz Freakエリアと筆者


Genvidの提供しているSDKを使用すると、ゲーム配信がインタラクティブになります。YouTubeやTwitch上のゲームストリームを視聴者がクリックするとゲーム画面上に表示される情報の取捨選択ができたり、また実際にゲーム自体にリアルタイムで影響を及ぼしたりできるようになります。
詳しくはhttps://www.genvidtech.com


Blitz Freakはもともと見て楽しいVRゲームを目指しており、配信を意識した作りとなっていたためGenvidの技術とは相性がとても良かったということになります。Genvidの技術を組み込むことで、配信を見ている人がプレイヤーに声援を送る、爆弾をステージに落としてプレイヤーを一網打尽にする、など見ている人もワイワイ楽しめるゲーム体験に仕上がりました。会場では多くの人にプレイヤー、視聴者側の両方を体験してもらい、高評価をいただきました。

体験中のプレイヤーと

台上のSurface Proからゲームに影響を及ぼせます


今回GDCという大きな舞台にBlitz Freakを出せたのはラッキーでした。ありがたいフィードバックもいただいたので、リリースに向けてブラッシュアップをかけていきます!

今最高に勢いに乗っているBlitz Freak、開発に携わりたい方は是非ご応募ください!

株式会社VARK's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings