1
/
5

What we do

アウトドアのWebサービス「hinata」。アウトドア情報を毎日お届けしています。テントなどのキャンプ用品レンタルサービスもあります!
ウィンタースポーツのWebサービス「Grab」。ブランドやゲレンデ、テクニックなどのお役立ち情報からインタビューまでいろいろな情報をお届けしています。
「心動かす体験を通じて、世界をより豊かに」というミッションのもとに、アウトドアの領域で事業展開を行なっています。 ◆アウトドアのWebサービス「hinata(ヒナタ)」 「きっとそとが好きになる」がコンセプトの、キャンプをメインとしたアウトドアサービスです。 月間360万人が利用するhinata mediaでは、アウトドアイベントやグッズの紹介、料理レシピやファッションについてなど、初心者の方でもアウトドアを身近に感じられる情報を発信しています。また、テントセットのレンタルやプライベートブランドの商品開発・販売など、実際にキャンプをするときに役立つサービスも提供しています。 ・hinata media https://hinata.me ・hinata spot https://hinata-spot.me ・hinata item https://hinata-item.me ・hinata レンタル https://hinata-rental.me ・hinata TV https://www.youtube.com/c/hinataTV/featured ・hinata store https://hinatapb.thebase.in/ ◆ウィンタースポーツWebマガジン「Grab(グラブ)」 スキー・スノーボードの情報を発信するwebメディアです。 ウィンタースポーツといえば「Grab」と言われるメディアを目指して、ブランドの最新情報やスキル・テクニック、インタビューなどの情報をお届けしています。 ・Grab https://grab-media.jp/ ◆今後の展開 【vivitのサービスが存在しなかった時代を想像できないような存在に】 食べログやぐるなびが存在しなかった時代に、大切な友だちや家族との食事、取引先との会食時のお店選びなど、どのように探していたか想像できますか? 私たちは「hinataがない時代、どうやってキャンプに行っていたっけ?」となるような、ユーザーが抱えるアウトドアに関するあらゆる問題を解決できる、アウトドアのプラットフォームを作ることを目指しています。

Why we do

代表:水谷寿美
MISSION
◆MISSION:心動かす体験を通じて、世界をより豊かに 代表の水谷は、学生時代に訪れたヨーロッパや海外、創業する以前に勤めていた会社で、全ての人が「仕事でココロオドル」わけではないことを知りました。そして、人生を豊かにする価値観や方法は人それぞれであり、余暇に人生における楽しみを持つことの重要性を強く感じました。 また、これからの時代は便利さが加速していくことが予想されます。「金銭的豊かさ」「時間的豊かさ」が生まれる一方で、「心の豊かさ」が失われる可能性があるのです。実際、日本はGDP7位に対して幸福度62位と、とても心が豊かだとは言えません。 そのため、より多くの方に一度しかない人生をより豊かにしてもらえれば、という想いを込めて、「心動かす体験」のをもたらす手段の一つである「最高のアウトドア体験」を後押しするサービスを提供したいと思っています。

How we do

スタッフMTGの様子です。少人数だからこそ、意見がきちんと届く風通りの良い社風です。
毎月月末に納会を行っています。時にはデイキャンプに出かけることも♪
◆あなたにとってピッタリな働き方を◎ 社員は33名。平均年齢は28.6歳です。インターン生やアルバイト、外部のパートナーを合わせると、約60名程度で仕事をしています。 職場には、インターン経験からそのまま社員として活躍しているスタッフや、過去の経験を活かして即戦力としてジョインしたスタッフなど、個性豊かなメンバーが揃っています!自身の頑張りが事業拡大に大きく貢献でき、それを体感できるフェーズなのでなので当事者意識や手触り感が味わえる環境です! ◆目黒の新オフィス! 2019年2月にオフィスを移転しました。アウトドアらしく薪をモチーフにした受付や社員がリラックスできるリフレッシュルーム、立ちながら仕事ができるスタンディングデスク…。働きやすく、なおかつアウトドアを普段から身近に感じられるvivitらしさにあふれるオフィスです! ◆「vivitっぽい人」が集まっています! vivitには、大切にしている3つのVALUEがあります。 ・Professional:当たり前基準が高く細部にこだわり、オーナーシップを持って成果や実績にコミットしていく。 ・Give and Give:先義後利の精神を大切にし、与えることは義務ではなく、相手に求めず、自ら与える。 ・Fairness:責任と権限はセットと考え、成果や実績にコミットしつつ、自身を取り巻く関係者に対して、妥協なき納得感のあるwin-winの関係を実現する。 これらを根本に持っており、お互いが本気だからこそ意見の衝突をし、より質の高いアウトプットをし続けられるvivit社員が多いです。何でも発言ができるリラックスした場と意見の衝突が生まれる様な緊迫した場のバランスができている職場です!