1
/
5

【コラム】スタッフ キャリアストーリー#3

2019年10月よりベンチャーリパブリック社に入社しました中川智仁です。

ベンチャーリパブリック社は、旅行業界においてメタサーチ(※)と呼ばれるサービスを提供する会社ですが、私は旅行業界自体が初めての経験です。
ホテル、航空券、ツアーなどの検索サービスに加えて、LINEトラベルjp・ナビゲーター(旅の専門家)によるガイド記事の提供など、様々なサービスを展開しており、現在、勉強の日々です。
※OTAと呼ばれる旅行代理店が取り扱う旅行商品を横断的に検索するサービス

現在、LINEトラベルjpというアプリのホテル検索機能のフロントエンドをメインに担当しています。
入社前まではサーバサイド実装やAWSなどのインフラを触ることが多かったのですが、今回はフロントエンド担当ということで、色々と学ばせてもらっています。

私の入社までの経歴を簡単に説明します。
28歳新卒で外資系SIerに入社し、主に生命保険関連のシステム開発に従事していました。
同僚や先輩方は非常に優秀な方が多かったのですが、私の場合、運悪く、昨今話題のSIer退職ブログに似たような状況の案件にアサインされることも多く、
なかなかエンジニアとしての成長は難しいと感じWeb業界に転向しました。
Web業界では主にスマホアプリの受託開発業務に従事し、企画、要件定義、設計、開発、テスト、運用など横断的に経験する事ができました。
案件規模としては、SIerが担当する大規模案件の数百分の1程度ではありましたが、
案件の発生から終了までの全フェーズ、アプリやインフラ等、様々な経験を積めたことは非常に大きな経験となりました。
当時の上司であるCTOや同僚にも大変お世話になったことを思い出します。

その後、半年間のフリーランス経験を経て、直近約2年間は新規サービスの立ち上げ業務をやっておりました。
人手不足ということもあり、サーバサイドエンジニア、社内SE、正社員/業務委託採用、外注管理・折衝、部門責任者など、様々な業務・ロールを担当し、
色々と大変な事が多かったのですが(詳しく書くと長文になるので割愛...)、充実した2年間でした。
色々と理由があって、そのサービスのリリースまでは携わる事ができなかったのですが、この2年間は私の大きな財産です。

これまでの就職/転職の決断を考えると、それなりにリスキーな選択ではありました。

・そもそも28歳で新卒入社(就職活動の際、特に日本企業だと、この年齢だと余り興味を持ってもらえないところもあった)。
・業績好調だったSIerを辞め、Web業界に転向したことで給料が凄まじく下がる。
・Web業界に転向し順調に働いていたが、身分が保証されないフリーランスになる。
・ワークライフバランスが安定していたフリーランスの身分を捨て、新規サービス立ち上げ要員として正社員に戻る。

ただ、これまでの選択に後悔はなく、自分自身をチャレンジングな環境に身を置くことで色々と成長はできたかなと感じています。

ベンチャーリパブリック社に入社した理由もチャレンジングな環境であると感じたからです。
ベンチャーリパブリック社は2018年8月にLINEグループ入りし、LINE社と共同でサービスを開発しています。
また、現在、ベンチャーリパブリック社はIT投資を積極化し、既存システムの更改等、足回りを強化しつつ、
保有する様々なデータを有効活用し、ユーザーに対して新たな価値を提供できるように様々な施策を企画立案中です。

旅行業界は世界的にも成長産業です。
ユーザーに新たな価値・サービスを提供するためには、強固なシステムが必要です。
そのシステムを作り上げるエンジニアとして、ベンチャーリパブリック社にJOINしませんか。
現在、ベンチャーリパブリック社では、積極的にエンジニアの採用を行っています。
サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、データサイエンティスト、絶賛大募集中です。
是非、皆さん、ベンチャーリパブリック社に遊びに来て下さい!

㈱ベンチャーリパブリック's job postings

Weekly ranking

Show other rankings