1
/
5

【入社2ヶ月】ヴィレヴァン通販に入ってみたらこうなった!

採用ページご覧いただきありがとうございます。

本日は、入社二か月のシンミより入社レポートをお届けします!

--------------------------

こんにちは。
ヴィレッジヴァンガードウェブドのシンミと申します。
入社約二か月。ようやく仕事にも慣れてきたところです。元々は大学卒業後システムエンジニアとして二年半ほど働いており、全くの未経験・知識ゼロにも関わらず、こちらで働かせていただけるご縁をいただきました。
学生時代から様々なカルチャーに没頭し、自分でも創作活動をしていたこともあって、ずっとクリエイターさんと関わる仕事に憧れていました。好きなことを仕事にする難しさとの葛藤の末、転職を決意し、今ではこの会社でとても楽しく仕事をさせてもらっています。
今回はそんな僕の転職体験を通じて、VVWへの入社を考えている方々の参考になればと思い、お話させていただきます。


■VVWを選んだきっかけ
元々はとにかくカルチャーに関わる仕事がしたいと、雑多に企業を探していました。そんな中でVVWからお声がけいただき、"ヴィレヴァン"というブランドに惹かれ、お話を聞きに伺いました。
最初は単純にヴィレヴァンが顧客として馴染み深かったというだけの理由だったので、正直どんな仕事なのかという想像はついていませんでした。しかし、実際に会って仕事内容を聞いてみると、「クリエイターさんと一緒に新しいものを生み出す」という自分が求めていた職業で、すぐにこの会社に入ろうと決意しました。


■面接について
転職前は比較的堅い業界にいたこともあり、初めて面接を受けに来たときは正直言ってとても驚きました。
いわゆる「面接」というかっちりとした形式ではなく、ごく自然に話をしながら、自分の経歴や想いを話させていただきました。面接は驚くほど雰囲気よく進み、後半はとにかく自分の好きなものを話しているうちに時間が終わっているような感覚だったのを覚えています。
何よりありがたかったのは、面接官の方はこちらに興味を持って接してくれていたことです。おかげで緊張もほどけ、きちんと伝えたいことを伝えることができました。
ただ、あまりに上手くいきすぎて、逆に不安になったりも。。。(笑)
そんな雰囲気なので、VVWの面接では、自分がどんなものに興味を持っていて、入社してどんなことをしたいのかをきっちり伝えることができれば、きっといい結果が待っていると思います。

■入社して
三回の面接を経て、僕はバイヤー/企画職として入社させていただき、現在は主に
 ・商品の仕入れ・販売
 ・クリエイターさんとのコラボ企画
を行っています。
前述の通り、全くの未経験だったので、かなり不安を抱えたままの入社でした。仕事内容の漠然としたイメージはありつつも、具体的にどんな作業をするのかはわかっておらず、少なからずギャップはあるだろうということも覚悟していました。しかし、実際に入社して感じたのは、良い意味でのギャップでした。
現在のバイヤー/企画職としての仕事は、基本的に商品であれば仕入れから、クリエイターさんであれば企画から、販売までの一連の作業に対してきちんと自分が責任を負い、SNSでの告知なども行います。前職であれば、良くも悪くも作業が細分化されており、全体像が見えなかったり、消化不良のまま作業を終えることが多くありました。
対してこの会社では、一つの商品を販売するうえで、その全工程に携わることができます。もちろんその分責任が伴いますが、"自分の仕事"として胸を張って仕事をできるのはとても楽しく、やりがいを感じています。
また余談ですが、僕がこの会社に入って一番驚いたのは、皆さんがほとんど残業なく帰っていることです(笑) 入社前は勝手なイメージで、こういう仕事は遅くまで残っていると思っていたのでかなり意外でした。きちんと時間を意識して働いているのは、個人個人が責任を持って仕事をしている証拠のようにも感じます。


■大変だと思うこと
ギャップではないですが、大変だと思うことも少なからずあります。まず一番に感じるのは、「常に自分で動かなくてはいけない」ということです。仕事の性質上、何もしなくても仕事が降ってくるということはありません。色んなところに目を光らせて、どこに仕事の種があるかを探しながら動いていかなくてはいけません。
また、それに付随することですが、「新しいものを追い求め続けなくてはいけない」ということ点もこの仕事の難しさの一つだと思います。好きな商品、好きなクリエイターさんに注力することも大切ですが、それだけではすぐに行き詰ってしまいます。さらに新しいものに目を向け、新しく自分の好きなものを見つけていく努力がこの仕事には必要なのではないかと思います。
ここまでつらつらと僕自身の経験談を語らせていただきましたが、結論から言うと、VVWに入ってよかったと感じています。仕事は覚えることも多く、常に考えながら仕事を進めなければなりません。しかし今はそれすらも楽しめていて、早く経験を積んで自分にできることを広げていきたいと思いながら仕事に取り組んでいます。
「好き」という熱量が必要な独特な仕事ではあるので、人によって向き不向きがあるかもしれませんが、波長が合ってしまえばきっとこれ以上なく楽しい仕事だと思います。
少しでも興味が湧いた方は、ぜひ一度お話を聞きに来てください!

株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more