会社訪問アプリ「Wantedly Visit」にて企業のオンライン面談の対応可否を表示する「オンライン面談OK」バッジを導入しました

ウォンテッドリーは、新型コロナウイルス「COVID-19」感染拡大に伴い、会社訪問アプリ「Wantedly Visit」ユーザーがカジュアル面談を申し込む際に企業のオンライン面談対応可否を表示する「オンライン面談OK」バッジを導入します。Wantedly VisitのWebブラウザ版には本日2月27日より、アプリ版は2月28日より導入予定です。

「オンライン面談OK」バッジについて

今回Wantedly Visitに導入した「オンライン面談OK」バッジは、オンラインでカジュアル面談を行うことに合意いただいた企業の募集ページ上に表示されます。「オンライン面談OK」バッジの有無から企業がオンラインのカジュアル面談に対応しているかを判断できるようにすることで、気になる企業の話を聞く際の新型コロナウイルス感染への不安を軽減できればと思います。

オンラインのカジュアル面談に関して

オンラインのカジュアル面談において、直接の面と向かったカジュアル面談と遜色ない体験をしていただくために、今後オンラインカジュアル面談のノウハウについてお伝えするサポートコンテンツの提供を予定しております。

カスタマーサクセスチームにて提供しているサポートコンテンツは以下よりご確認ください。

Wantedly Visitの事業担当者のコメント

Wantedly Visitというプロダクトは、気になる会社のオフィスに気軽に訪問できるようにすることで、そこで実際に働いている人と話し、シゴト現場の本物の空気感を感じることを通じて、人と会社のミスマッチを減らし、「シゴトでココロオドルひとをふやす」ことを目指しています。ただのエントリーや応募ボタンではなく「話を聞きに行きたい」ボタンを配置していることには、そのような想いが詰まっています。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、カジュアル面談の方式を直接の面と向かった面談からオンライン面談へ切り替えているという声を多くの採用担当者様より伺っております。感染拡大のリスクを抑えるという面でとても重要なことで、各社の迅速かつ柔軟な対応は、素晴らしいことだと感じています。

しかし、気になる会社がオンライン面談に対応していても、応募前のユーザーにはオンライン面談できることがWantedly Visit上で伝わっていないため、ユーザーがその会社に直接訪問しないといけないと感じ、応募を躊躇することで、出会いの機会が減ってしまうことを懸念しています。

今回、運命のシゴトとの出会いの機会が失われないようにするためにも、オンライン面談が可能であることを募集ページで分かりやすく表示し、安心して「話を聞きに行きたい」ボタンを押して応募できるようにすべきと考え、「オンライン面談OK」バッジを導入しました。


ウォンテッドリーは、「シゴトでココロオドルひとをふやす」ためにビジネスSNS「Wantedly」を運営してきました。人と企業が直接会うことが不安視される現状においても運命の出会いの機会を奪わないために、機能開発・改善を通じて共感を軸にした人と仕事の出会いを創出し、Wantedlyが「はたらくすべての人のインフラ」となるような世界を目指してまいります。

Wantedly, Inc.'s job postings
82 Likes
82 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more