1
/
5

大企業からスタートアップへ。ウェルスナビはみんなが同じ方向を向いている。

エンジニア
高山和幸

高山和幸は東京都の出身。慶應義塾大学 理工学部から大学院 情報工学系を卒業後、野村総合研究所を経て、ウェルスナビにジョインしました。現在はサーバーサイドのエンジニアとして、システムの開発・運用等を担当しています。趣味はプログラミング、音楽鑑賞、映画鑑賞。

改善して良くなるのが楽しい

──現在の仕事を教えてください。
サーバーサイドのエンジニアです。システムにはお客様に使っていただく外向けのシステムと、社内で活用する内向けのシステムがありますが、私は外向けのシステムを担当しています。WealthNaviを使うお客様が見ている、サービスサイトのシステム開発・運用が仕事です。

──開発と運用ではどちらがメインでしょうか?
開発です。今はサービスの向上やセキュリティの強化などが求められているので、そのようなニーズに合わせた機能を実装するのが業務のメインとなります。
最近では、日本航空株式会社と提携して「WealthNavi for JAL」をスタートさせましたが、その際のシステム開発を担当しました。社内のさまざまな部署からあがってくるオーダーに対応し、時には「ここを改善しよう」と社内で討議ながら開発に携わりました。

──どのような点が楽しいですか?
細かい改善は地味な仕事ですが、改善して良くなっていくのが好きです。大きな改善はプロジェクトを組まなければいけませんが、細かい改善は「縁の下の力持ち」のようで、やっていて楽しいです。もちろん大きなプロジェクトには醍醐味があるので、それも楽しいと思っています。

──どのように仕事を決めるのですか?
基本的なペースとしては、2週間に1度、改善をリリースします。大きなプロジェクトは別途スケジュールを決めるのですが、細かい改善はそのようなサイクルで取組んでいます。何をするかを決めるとき、「これをやりたい」と言うこともありますし、「これをやって」と言われることもあります。

自分が何をしたいのかを考えた

──前職では金融システムを担当されていたのですね。
前職では海外の証券を売買する決済システムを担当していました。入社当時は、金融に興味があったわけではなかったのですが、働きだしてから興味を持つようになりました。プロジェクトによって異なりますが、大規模なときは50名規模のプロジェクトで働いていました。

──規模の大きな会社から、規模の小さなスタートアップに転職されたのですね。
確かにウェルスナビは規模が小さいですが、その分、小回りが利くことがメリットとしてあります。
ウェルスナビはエンジニア達の「改善していこう」という意識が高い。大きな改善だけでなく、小さな改善にも手を付けていきます。そこが素晴らしいと思っています。

──新卒では規模が大きい会社に惹かれた?
確かに、それはありました(笑)。でも、正しくは「先々の人生をあまり考えていなかった」というのが正直なところでした。入社して2、3年たつと「自分は何をしたいんだろう」「何を楽しいと感じるのだろう」ということを考えるようになりました。その結果、「自分はモノを作るのが好きだ」と気づいたんです。それでも5年間は勤めましたが、プロジェクトが終了するタイミングで辞めることを決めました。そこから転職先を探しはじめました。

──それからウェルスナビにジョインしたわけですね。
「転職するぞ!」と決めて、Wantedlyのプロフィールを更新したんです。エントリーするためにプロフィールを充実させたかったので。そうしたら、更新したとたんにウェルスナビのCTOの井上からスカウトメールが来ました。「チェック早いな~」と思いましたね(笑)。その後、スタートアップを含めて10社くらいからスカウトメールが来ましたが、そのうちウェルスナビを含めた2社とだけ面談しました。
ウェルスナビに決めた理由はいろいろありますが、「サービスに共感した」というのが大きいです。私自身、資産運用に興味もあったので。


俺はお前に来て欲しいと思っているよ

──ウェルスナビの面接はどのような感じでしたか?
面接は3回ありました。最初にスカウトメールをくれたCTOの井上。次に保科清水。最後に代表の柴山と会いました。一番、グッと来たのは保科ですね。最初は普通に話していたんですけど、途中でいきなり「俺はお前に来て欲しいと思っているよ」と言い出して「だからお互い、不幸せがあって欲しくないから腹を割って話をしようよ」と。そんなことが言えるのは凄いなと思いました。それは自信があるから言えることだと思って。「いい会社だ」と思いました(笑)。

──入ってみてどうでしたか?
面接で話していただいたことと、ギャップはなかったですね。ウェルスナビはみんなで方向を決めたら、その方向に向かって走る組織です。もちろん、その方向が間違っていたら修正もありますが、理不尽な方向転換はありません。みんなが同じ方向を向いている。それは面接で話し合ったこととぶれてはいませんでした。

夢は起業すること

──やりがいを感じるところを教えてください。
面接ではCTOの井上から「うちの会社はまだ人が少ないからやれることはたくさんある」と言われたとき、「ならば、自分でもやれることはたくさんあって、それだけ成長できる度合いは大きい」と思いました。入ってみたらその通り。人の少ない会社に入るのはいいことだと思いました。

──今後の目標を教えてください。
0から1を生み出す新規事業に関わりたいですね。将来の目標が起業とか、CTOになること。新しいモノを生み出すことが夢です。ウェルスナビも次の新しいサービスを考えると思うので、そこに加わりたいと思っています。

──起業してみたい?
社内起業でもいいし、完全に独立してもいいかなと。というかまだ具体的なことは何も考えていません。漠然とブロックチェーンとかAIとかIoTとか? ブロックチェーンは伸びるかもしれないけれど、私としてはIoTが好きですね。パソコンからスマホに変わって、次は違うデバイスになると言われているじゃないですか。IoTでつながる新しいデバイスの開発には興味があります。
しかし、今はWealthNaviの自分が作った機能が世の中の役に立っているのが単純に嬉しいです。もっと改善できるところは改善していきたい。その先に新しいステージが見えたらいいな、と考えています。


WealthNavi(ウェルスナビ)'s job postings
28 Likes
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more