What we do

フーモアはエンタメコンテンツのITスタートアップです。 現在エンタメ業界は過渡期に差し掛かり、流行の中心が見えなくなっています。 そんな中、各社が様々な領域に挑戦し、新たなうねりを生み出そうとし、多くのプロダクトやエンタメコンテンツが市場に出ています。フーモアは12,000名を超えるクリエイターネットワークを擁し、自社プロダクト、クライアントワークの両事業から、うねりを生み出す/うねりに乗るという二軸でエンタメ業界の発展を支えています。 ■ ゲームクリエイティブ事業部 ゲーム・エンタメ業界に特化し、ソーシャルゲームやグッズ、コラボカフェなどで使用されるイラストの制作やキャラクターのモーションや3Dの制作を行っています。有名タイトルにも数多く携わっており、ユーザーが求める世界観を実現するために、コンセプト設計からご提案させていただくのも得意です。 ■ マンガ事業部 すべての業界を対象に、クライアントの課題を解決する手段としてのマンガを提案、制作しています。広告、販促、集客、採用など様々な課題に、ひとつひとつオーダーメイドのマンガをご提案します。電車の中で見かけるあのマンガや、街で見かけるあの広告マンガももしかしたらフーモアが手掛けたものかもしれません。 ■ インタラクティブ事業部 東宝やアスミックエースなどと共同で映画やTV、VODサービスなどに提供する原作ストーリーを開発、また北米向けノベルアプリ「Story Me」の開発や運用を行っている。今後のエンタメ業界の新たなうねりを創造している。

Why we do

■ ビジョン 【クリエイティブで世界中に感動を】 日本のエンタメ市場はもはや飽和状態に近づいている 世界に日本のクリエイティブを発信し、 日本のクリエイティブの価値を上げてこそ、 活躍できるクリエイターを増やし、世界に誇れる日本をより実現することが出来る。 ■ ミッション 【ポップカルチャーをリデザインする】 私達は、目まぐるしく変化する世の中において、 日本の強みであるポップカルチャーがどのように変化し進化していくかを考えて実行していく。 例えば、インターネットが普及したことで、 パッケージで売られていたゲームが運用型のゲームが出てきたように。 ■ 企業紹介動画(新卒採用) https://www.braviee.com/movies/10 ■ 創業ストーリー https://www.wantedly.com/companies/whomor/post_articles/74900

How we do

■フーモアバリュー 【期待を超え価値を届ける = Value Driven】 フーモアにお願いすると何かそれ以上で返ってくる、ということを私達は常日頃考えて向き合っています。 制作をしているイラストや漫画はただの受託制作を超え、本質的には《お客様の課題を解決》しています。クライアントやエンドユーザーなど、フーモアのクリエイティブを体験する全ての人に感動を届けるために。 そういったマインドをみんなが持ち、取り掛かることで、「フーモアにお願いするとそれ以上で返ってくる」というのが達成できるのではないか?と考えています。 【個が考え、全体を動かす = Team Work】 また私たちが目指している壮大なビジョンを達成するためには、チームでやる必要があります。一人では出来ません。個々人が成長し、周囲を巻き込むことで、より大きな感動をつくり続けることができると考えています。 個々の自発的な行動が、チームを、会社を動かし、世界を動かしていきます。 【日々変化し続ける = Minor Change】 世の中は日々変化、進化し続けます。エンタテインメントがどのように変わるかを考え、行動していくためには、私たち自らも日々変化し続ける必要があります。 ただ人は急に変化・進化はすることは難しいです。日々少しでもいいので変化し前に進み続けて行きたいです。今の積み重ねが明日をつくり、日々の小さな変化が大きな未来をつくり出すと考えています。 ■Whomorの情報発信はここから! https://note.mu/whomor2020