1
/
5

【アソビューで働く魅力伝えます】セールス未経験の私がトップセールスに成長できた理由

はじめまして、インターン生の望月さくらです。

私は2020年10月にアソビューにインターンとしてジョインし、約8か月間新規セールスを担当していました。2021年7月からは営業企画グループに異動して、現在は営業チームのサポートや新規掲載お問合せの対応を担当しています。

この記事では、セールス未経験、ましてや営業なんかやりたくない!と思っていた私がアソビューのトップセールスまで成長できた理由をお伝えしたいと思います。

セールス実績

まず私が所属していたチームについてと今までの実績についてご紹介いたします。私が所属していた新規セールスチームは約20人の組織でインターン生は14名在籍しています。

1人ひとり毎月設定される自分のKPI達成を目指して営業をしています。もちろんKPI達成の本質はアソビューがより良いサービスになるように会社へ貢献することです!

2020年11月から営業を始めた私は、12月~翌年6月まで毎月自分のKPIを達成し続け、月間MVP1回、総合MVP2回で、計3度のMVPに選ばれました。

  • 11月~翌年6月までの平均達成率145%
  • 7か月連続KPI達成
  • 単月での最高達成率270%
  • 月間MVP受賞1回、総合MVP受賞2回

※月間MVP:セールスを行っている全ての部署のインターンの中で、1か月の成果が定性・定量ともに最も秀でているメンバーを表彰している制度。月に1回実施。

※総合MVP:セールスを行っている全ての部署のインターンの中で、Q(3か月)を通した成果が定性・定量ともに最も秀でているメンバーを表彰している制度。3か月に1回実施。

アソビューインターンを始めた理由

冒頭で述べたように、当初の私は営業なんかやりたくない!と思っていました。

大学3年生だった私は留学する予定が、コロナの影響で断念せざるをえなく、何もできない事にもどかしさを感じていました。そんな時、大学生活の中で1つでも胸張って頑張ったと言える、何かやり切った経験がしたいと思い決めたのが「長期インターンシップ」です。

大学では観光学を専攻しており、なんとなく観光に関わる職に興味がありました。それで見つけたのが「アソビュー」です。「ワクワクをすべての人に。」という当時のミッションに惹かれ、あまり募集要項を確認せずに応募してしまいました。

業務内容が営業と面談で知ったときは衝撃でした。。。

電話をするのが苦手で、不安は大きかったですが、それよりも新たな挑戦がしたいという気持ちが先行して入社を決断しました。

営業を始めた頃

営業としての私の当時のミッションは、まだアソビューに掲載されていない全国の新しい体験を見つけ、掲載に向けて事業者様と交渉することです。

営業を始めた最初の1か月は壁にぶつかり続けました。自分の隣で同期がどんどん成果を上げている姿を見て悔しくて焦りました。結局11月は終わってみると達成率33%、最低の数値でした。自分の情けない結果への悔しさは今でも鮮明に覚えています。この悔しい経験から私の営業に対する意識が変わった気がします。

翌月からは気持ちを一新して、何が自分に足りていないのか、達成できている同期と何が違うのかを分析し始めました。真似できるところは積極的に取り入れ、時に上長の社員に相談しながら業務に励みました。

具体的には、

① 架電への恐怖を捨てること
② 顧客への先入観や偏見は全て取っ払うこと
③ 一度断られても他に何か提案できることはないかと考えること、決して諦めず顧客に向き合うこと
④ 失敗してもそこで立ち止まって落ち込まず、失敗ではなくいい経験だと考えること

この4点です。

その結果、MVPに選ばれることができました。

がむしゃらに営業と向き合った1か月間は怒涛の日々で、朝起きた瞬間から夜寝る前まで営業のことで頭がいっぱいでした。自分が架電している姿が夢にまで出てきたこともあります。これだけ本気で業務に向き合い考え抜いた経験は積めるものではありません。

MVPを取り、リーダーになるまで

しばらくして、新たなインターンが10人以上入社しました。

私1人だけが数か月前から所属していたので、何かチームに良い影響を与え、チームとして達成できるように頑張りたいという気持ちがますます強くなり、責任を感じるようになりました。

私は自分から声をあげたり、指摘したりすることは苦手だったので、行動数で誰よりも圧倒的に1番になり、チームをリードすると決めました。

具体的には、

① 朝誰よりも早く出社し、1日のスケジュールを立ててから業務を開始すること
② KPIから逆算して日・週・月の計画を立てること
③ 架電前後の業務省略化を意識すること
④ 最高と最悪のシナリオを考えて行動すること

上記の4点を意識することで、この月もMVPを受賞することができました。

効率よく行動できたことで、営業を始めた当初の架電数から3倍近く伸ばすことができました。

後輩インターン生に背中でなんとか成果を見せたい、行動したい、そう思って頑張ったことが成果に表れて嬉しかったことを今でも覚えています。

それから数か月は行動数に加えて、ヒアリングにも力を入れ始めました。いわゆる数と質の両立です。

具体的には

①過去・現在・未来の3軸でヒアリングをすること
②クライアントのKPIを知ること

上記の数と質を両立して行動した結果、営業としての最終月である6月にはKPIに対して270%達成ができ、総合MVPを受賞することができました。リーダーとしてチーム目標になんとしても貢献したいという気持ちが強く、メンバー皆で目標を達成できたことが1番の喜びでした。


※社内でのMVP授賞式での記念写真

新たなチャレンジへ

7月から営業企画グループに異動し、DMの送付案を作成したり、LPやバナーの構成を考えたりと、今までとは異なる業務を担当させてもらうことになりました。目指すゴールは同じで、いかに事業者様にアソビューに掲載したいと思って貰えるような価値が届けられるかということを意識して行動しています。

私がアソビューにジョインしたきっかけは新たなことに挑戦したい、胸を張ってやり切ったと言えるような経験を得たい、ということからでしたが、アソビューはインターン生であっても裁量が大きく、様々な経験を積むことができます。

営業をしている中で、流通額約2,100万円の大型案件を獲得できたことや、100店舗近くある大規模事業者様の契約を獲得したことは自分の自信にも繋がりました。

そして何より、アソビューを通して出会えた同期やインターン生の仲間、そして社員さんと過ごした日々はとても濃密なものです。チーム一丸となってKPI達成に向けて突き抜けた期間は何ものにも変えがたい経験です。

大変なことばかりで決して楽しい日々ばかりではありませんでしたが、だからこそ会社に貢献できていると感じる場面も大きく、この10か月間は自分が成長できた大切な期間だと思います。

是非皆さんも私たちと一緒にアソビューで自分自身とそして会社の成長に貢献してみませんか?

アソビュー株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more