1
/
5

「仕事」のイメージが変った!JBAにしかない魅力とは。|大阪大学 右谷潮

「コンサルティングxクリエイティブ」で大企業の課題解決に挑戦する日本ビジネスアート株式会社(JBA)では、学生インターンが、企画立案・編集・ライター・フォトグラファーなど様々な職種で活動しています。そんな、個性豊かで才能に溢れる学生たちに迫るのがこの企画。今回は「働くことのイメージが変わった」という右谷さんにインタビューしていきます!



【プロフィール】
右谷潮(みぎたに うしお)。北海道出身。立命館慶祥高校卒業後、大阪大学外国語学部ウルドゥー語専攻に入学。現在大学2年生。中学校から6年間、弁論部として活動。そこで培ったライティング力を武器に、JBAでは主にライターとして活躍中。


カギは「アルバイトとの違い」

インタビュアー(小田):右谷さんは1年生の夏休みが終わったころからJBAのインターンに参加しているとのことですが、それまでは何をしていたのですか?

右谷:夏までは塾講師のアルバイトをしていたのですが、給料があまり良くない上に、時間外の労働も多かったのですぐに辞めてしまいました。でも夏休みでお金が底を尽きてしまって、新しいアルバイトを探すことにしたんです。中高の弁論部の経験で身についたライティング力を活かしたり、編集ができたりする仕事はないかなと思っていたところ、JBAに出会いました。

小田:塾講師との違いはありましたか?

右谷:塾講師を経験してみて、僕は「労働」自体が好きじゃないなと感じました。ところがJBAで働き、自分が書いた文章が冊子になっているのを見たとき、大きな達成感をおぼえ「これはいいぞ!」と思ったんです。成果がモノになって目に見えるという点で塾講師とは違いましたね。僕にはそれが良かったのだと思います。

幅広い業務に挑戦

小田:ライティング以外ではどのような仕事を経験しましたか?

右谷:本当にいろいろなことを経験させていただいています。入りたての頃にはラフ(デザインの元となる構成案)の書き方を社員さんから教えていただきました。過去にはレイアウトから執筆までを全て担当したこともあり、「こんなにやっていいの?」と思うこともあります。

小田:これまでのインターン生活の中で印象に残っている出来事はありますか?

右谷:僕が書いたライティングを社員さんに見て頂いて、「全然ダメだ」と言われたことが一度ありました。今まで生きてきて、言われたことのない言葉でした。その時に社員さんが指摘してくださった内容は、とても印象に残っています。例えば、「一文に情報を詰め込み過ぎている」ことや、「書き方が弁論っぽい」といった僕の文章のクセまでも見抜いて下さりました。今でもその教えを思い出しながら執筆しています。

小田:他にも印象に残っている業務があれば教えてください。

右谷:先ほどとは別に、ラフからライティングまでを担当した案件がありました。決済などで出てくる専門用語をわかりやすく伝える内容だったのですが、自分なりのたとえを考えて、読者に分かりやすく伝えられるように工夫したことが印象に残っています。この案件も、紙面になった時は大きな達成感をおぼえました。

小田:様々な業務を経験してきた右谷さんが、JBAでこれからやってみたい仕事はありますか?

右谷:企業の課題を解決するために課題を洗い出してプレゼンする、という業務を経験したことがあり、とても楽しかったです。今はライティングがメインですが、そういったコンサルティングの業務にも関われたらいいな、と思っています。

一年間のインターン生活で得たものは?

小田:右谷さんが思う、JBAの魅力、仕事のやりがいを教えてください。

右谷:インターンといっても、社員さんがやっている業務とは遠いことばかりするものもありますよね。しかし、JBAでは実際に働いている社員さんのやっていることを経験でき、「働くとはどういうことか」を考えることもできます。

小田:「働くことはどういうことか考える」という点で、右谷さんの中で変化したことはありますか?

右谷:高校時代から「将来は国家公務員になりたい」と考えていたのですが、民間企業もいいなと思うようになりました。また、クリエイティブな仕事に対する印象も大きく変わったと思います。以前は、クリエイティブというとゼロからイチを創造するものだと考えていました。しかし、JBAは多くの社史や社内報の情報を蓄積していて、それらを分析し、別の案件に反映していきます。企業の内情を理解し、クリエイティブによって課題解決を提案していく。JBAでのクリエイティブは、僕が想像していたのとは違っていました。現在もその過程をインターンで体験しています。

JBAへの応募を考えている方へ

JBAのインターンには、他のアルバイトではできない経験が詰まっています。日々の業務を通してビジネスを学び、様々な業界の知識を得ることができるのは、ここにしかないメリット。あなたもJBAで働いて、将来の選択肢を広げてみませんか?

この記事を見て少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひお気軽に「話を聞きに行きたい」のボタンからご応募ください!皆さまの積極的なご応募をお待ちしております!

日本ビジネスアート's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more