1
/
5

What we do

温故知新のロゴマークは、温泉の「温」をベースに、日本文化の象徴の一つである障子の形をイメージしたものです。
地域の光を見つけ、その良さを皆に知ってもらいたい!
<光を見つける。磨いて、届ける> 私たち温故知新は、北は北海道から南は沖縄まで。全国のホテル・旅館のプロデュース・運営・事業承継・コンサルティングが中心業務です。 目的地となるようなホテルや旅館を創出し、多くのお客様にお越しいただくこと。宿をショーケースとして地域の良いものを発信し、その結果として地域の活性化に貢献することを目指しております。 ◎世界経済の成長によるインバウンド需要の増加。特にアジアに近い日本は地理的優位性があります。細りゆく内需の中にあって、観光・宿泊業は数少ない成長産業となっています。 【現在手がけている施設】 ◎「瀬戸内リトリート青凪」愛媛県松山市。わずか7室、四国一のスモールラグジュアリーホテルです。安藤忠雄設計。弊社第一号の直営施設。2016年上半期中四国エリア一休ランキング1位。ミシュランガイド2018で国内系ホテル初の5レッドパビリオン獲得(最高評価)。 ◎壱岐(福岡から1時間の離島)のスモールラグジュアリーホテル「壱岐リトリート海里村上」の運営 ミシュランガイドで5ブラックパビリオン獲得。 ◎箱根リトリート fore&Villa 1/f [one-by-F] 2019年1月より運営中(開始2ヶ月で黒字化) 【これまでの実績とこれから】 ◎旅館の震災復興プロジェクトを20件以上手掛けました。 ◎新築・リノベを含め、長崎県五島、岡山県玉野、大阪府、山口県宇部など全国でユニークプロジェクト進行中です。 ◎ブランディング ◎ホームページ作成 ◎WEBマーケティング ◎プラン作成代行 ◎事業計画策定 ◎投資計画策定 ◎国内トップクリエイターとの協業 近い将来、ドローンタクシーの活用も視野。我々のようなローカル・デスティネーション・クリエイターと、とても相性が良いはずです。

Why we do

全室に専用の温泉を備える箱根リトリートVilla 1/f
安藤忠雄建築・瀬戸内リトリート青凪
「良い宿って何だろう?」 コスパ重視の宿から海外ブランドの高級ホテルまで。交通至便な宿から山奥の秘湯まで。眠りにこだわったり、お風呂がたくさんあったり、海が見える、滝が見える、星が見える。いろいろなタイプがあり、同一個人でも用途によって使い分けるのが当然の時代です。 そんな中で私達は、「地域の大切なもののショーケース」、その宿があるからそこに行きたいという「目的地になる宿作り」のため、お役に立てる存在を目指しております。 極彩色の東京に対するアンチテーゼとして、地域の個性に注目が集まる時代となりました。地域には本物がある。少なくともその種がある。 良い宿は、域外通貨を獲得し、雇用を創出し、情報発信・ブランド作りの要となり、人を育成し、人との縁を作ります。ゆるキャラもキャッチコピーもアンテナショップも良いのですが、「目的地になる良い宿」が地域経済に貢献できる割合は少なくないのではないでしょうか? そんな想いも抱きつつ、私たちは目の前の課題に立ち向かっております。個性を作るのにパターンは嵌められない。その場所ならではの特性に応じ、ひとつひとつ知恵を絞ること。 良い宿は一夜にしてならず。私たちは磨き続ける集団でありたいと思っております。

How we do

代表の松山です。宿泊施設は地域活性化の鍵だと信じて日々努力しております。
時折クールなパーティーもやってます
◎業界経験者、未経験者、地元の人、Iターンの人、新卒。様々なバックグラウンドの人が集まっています。 ◎現場の創意工夫を大切にし、地域と連携しながら感動を創出しています。意欲の高い人達が活躍しています。 ◎デスティネーション(目的地となる宿)を創造するには、感性を高い位置に置く必要があります。良いものを知っている人、センスの良い人歓迎。 ◎自由度の極めて高い社風。意欲さえあれば何でも提案・実行できます。Slackなど各種ツールを積極活用していますので、会議が少なく生産性が高い。残業も少ないです。 ◎学習中の人にはしっかり教え、出来る人にはお任せします。 ◎離職率が低く、スタッフがスタッフをどんどん連れてきています。 ◎充実の福利厚生制度。運営中の宿泊施設に格安で泊まれます。