1
/
5

「挑戦」と「安心」が両立する組織風土──データ分析未経験からアナリストチームのマネージャーへ

キャリアのために転職を考える方が増える一方、新しい環境で働くことに不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。特に未経験領域への転職はハードルが高く、挑戦したいと思っても一歩踏み出せない現状もあるようです。

そうした中、「才能開花」をビジョンに掲げ、メンバーの成長支援に力を入れている株式会社サイカには、未経験からデータアナリストに転身したメンバーが多数所属しています。

サイカのデータアナリスト職は、広告に関わるデータを高いレベルで分析する「広告×統計」のプロフェッショナルであると同時に、クライアントの要望をうかがいながら、データをクライアントの経営の意思決定やアクション実施に繋げる役割も担います。

2019年9月にサイカに入社した、ADVA Analysis部・MAGELLAN課課長の高津佐柚紀(こうつさ・ゆき)も、サイカのデータアナリストに転身して才能を開花させた1人。高津佐は本格的なデータ分析業務は未経験のところから、データアナリストとしての実績を積み、現在はマネージャーとしてアナリストチームを率いています。その著しい成長プロセスは、社内の誰もが認めるロールモデルになっているそう。

なぜ、高津佐は転職から2年で、未経験職種のマネージャーにまでなれたのでしょうか。彼女の変化の軌跡を伺いつつ、それを支えたサイカの風土と取り組みについて紐解いていきます。

高津佐 柚紀(こうつさ・ゆき) 株式会社サイカ ADVA Analysis部・MAGELLAN課課長

千葉大学経済学科卒業後、大手GMS小売企業に新卒入社。その後、航空関連事業会社に転職。空港勤務の後、法人営業部に異動。2019年9月にサイカ参画。現在ADVA Analysis部・MAGELLAN課課長を務める。

「分析思考」で、後ろ向きな感情も前向きな課題解決へ

ー高津佐さんは入社して2年経つそうですが、いま、サイカはどんな会社だと感じていますか。

仕事をしていて感情的に追い詰められてしまったり苦しくなってしまう時って、誰にでもありますよね。そんなとき、感情に左右されて何かを決断するのではなく、その気持ちの根本原因を突き止めようとする。サイカはそんな会社だと思っています。

なぜ苦しいのかをとことん深堀りすると、仕事自体が原因なのではなく、仕事に対する自分の捉え方が真の原因だった、といったことに気付くことがあるんです。

自分の気持ちを分析して、真因を探る。サイカはこういった「分析思考」が根付いている会社です。真因さえわかれば、ネガティブな感情が生まれた時、感情に流されるのではなく、その課題を解決するためにはどうしたらよいのか、という思考に変換できます。

組織風土だけでなく、個人でもそういった切り替えが上手なメンバーが多いので、ポジティブな感情を共有し合う、心理的安全性の高い環境になっているんです。

チーム内の心理的安全性が高いので、率直なコミュニケーションも多いです。変にお互いに気を遣わずに議論できるので、自ずと仕事の質も上がるし、成長するためのポジティブなフィードバックもしやすくなる。「分析思考」のおかげで、成果を出しやすく、成長もしやすい環境ができているのかなと思います。

好きな「分析」に取り組める、成長環境を求めて

ーおもしろい。企業の中核をなす「分析」を、感情のケアや組織作りにも活かしているんですね。高津佐さんがサイカへの転職に至った経緯を教えていただけますか?

私が新卒で入社したのは、大手GMS小売企業です。売り場主任代行といって、商品の売れ筋や商圏人口分布を分析して、最適な売り場を設計する仕事をしていました。3年ほど働いたのち、BtoB領域のビジネスも経験したいと思い、航空関連事業会社に転職。10ヶ月ほど空港勤務をしたあと法人営業部に異動し、既存クライアントへの営業を経験しました。

転職を考え始めたのは、前職で働いて3年目の頃です。当時27歳の私は「このまま同じ仕事を続けていていいのだろうか」と不安を感じていました。ゆったりした成長スピードに焦っていたんです。もっと成長できる環境で働きたい。キャリアチェンジをするならいまだと考え、転職を決意しました。

ーなぜ、サイカのデータアナリストに?

一貫性のない経歴に見えますが、それまでの仕事を振り返ってみると、「分析」という共通点が見えてきたんです。数字的な根拠をもとに改善や提案をすることで、店の売り上げも上がりましたし、クライアントの成果にもつながる手応えがあって。気になる物事を調べ尽くさないと気が済まない性格も相まって、分析は自分の性に合っているとも思っていたんです。

好きな分析の仕事ができて、かつ成長実感が得られる環境ということで、サイカへの転職を決めました。

チームメンバーに支えられ、一人前のアナリストに

ー前職で数字に触れていたとはいえ、本格的なデータアナリストは未経験だったと思います。転職後、仕事に慣れるまでは大変だったのではないでしょうか?

最初は、本当にわからないことだらけでした。いまADVA Analysis部は全社の3割を占める大所帯になっていますが、当時は部署の人数も少なかったので、早く成果を出さなければと必死で。

入社1ヶ月目で、自社ツール『ADVA MAGELLAN』の使い方や分析の基礎を学んだ後は、すぐに、先輩が担当する案件の引き継ぎが始まり、3ヶ月目には1人で案件を担当していました。組織がまだ発展途上だったこともあり、この頃が一番大変だったと思います。

ーまだ教育制度が整っていない中で大変な時期を乗り越え、どのタイミングでご自身の成長を実感できましたか?

最も成長を実感したのは、入社10ヶ月目です。担当したクライアントさんから「価格変動モデルの予測精度を高めて欲しい」という、難易度の高い要望をいただきました。そこからはひたすら、価格変動に影響がありそうな社会的事象を可能な限り書き出し、どう影響するかを予測していくという、途方もない作業に取り組みました。

モデルが完成しなければ、次の日には契約解除になってしまうという期日ギリギリで、なんとか納品が完了。クライアントさんにも満足いただけて、契約は無事更新。先方の担当者の方から「高津佐さんが分析官で良かった」と言っていただけて、やっと一人前のデータアナリストになれたと感じました。

ーなにが成功の要因でしたか。

自分のミッションを一人で達成することではなく、クライアントの課題を解決することに責任を持つ、「責任を持つ場所の見極め」ができていたことが成功の要因だと思います。

この案件の成功は、私1人ではなく、チーム全体で勝ち取ったものです。

当時の上司は、私が分析の進め方に困ったときは、すぐに「1 on 1」で相談に乗ってくれました。さらに、プロジェクトと直接関係のないメンバーも、要素の洗い出しなどの作業を手伝ってくれたんです。

メンバー全員が、自分一人の成功ではなくクライアントの課題解決に責任を持っているので、必要があれば自分の役割を超えて連携します。全体最適を考えて、自分がいま何をすべきかを考えるので、チーム意識も強い。そんなサイカの組織風土を強く感じた案件でした。そしてその風土は、今も変わらずに残り続けています。

現在は、業務後に毎日、チームで案件の進捗や課題、必要なサポートについて共有する時間をとっています。どんな状況にも柔軟に対応できる組織運営を心掛けているんです。

自分自身と向き合う「問い」が、成長を加速させる

ー成長を後押しする風土がちゃんと引き継がれてるんですね。データアナリストとしての教育制度は、この2年間で整ってきましたか?

データアナリストの教育制度に関しては、2年前に比べてかなり整備されてきました。

現在は、未経験のメンバーがスムーズにデータアナリストとして独り立ちするための、オンボーディグ教育プログラムを用意しています。教育学者のベンジャミン・ブルームによる「思考の6段階モデル」をもとに、1ヶ月目は「知識」「理解」「応用」まで習得する研修を実施。2ヶ月目からは、OJT形式でそれ以降の段階を習得し、約半年での独り立ちを目指します。

2年前と比べて大きく変わったのは、OJTの体制が整ったことと、それぞれの段階に明確な達成項目を設けられたこと。クライアントに貢献するデータアナリストとして必要十分な経験をし、かつ最速で独り立ちできるようなプログラムになっているんです。

ー2年間で大幅に整ったおかげで、これから入る方は順調に成長していけそうですね。

確かに整ってきましたが、制度はあくまでも補助的なものだとも考えています。やはり人が成長するには、その人の努力が不可欠。

サイカは「才能開花」というビジョンを掲げていますが、才能が花開くには、本人が、がむしゃらに頑張る期間がどうしても必要なんです。「置かれたところで咲きなさい」という言葉があるように、まずは目の前のことに一生懸命取り組んでもらいたいと思っています。

ただ、「何も考えず言われた通りにやれ」ということではありません。なぜ目の前の仕事に取り組むのか、どうすればより良い仕事ができるのかを自分で徹底的に深掘りしなければ意味がない。やはり人の成長にも、分析思考が役立ちます。

私はマネージャーとして、メンバーが自分を分析できるよう、問いかけを繰り返していきたいと思っています。信頼して問いかけを続けると、徐々に自分がやりたいことが明確になったり、仕事への情熱が湧き出てきたりする。問いと向き合い続けることで、人は自発的に成長していくのだと思っています。

ー自分自身に向き合いながら、目の前のことに取り組むことが成長の近道なんですね。マネージャーとして、今後作りたいチーム像はありますか?

作りたいのは、「挑戦」と「安心」が両立するチームです

私は、チームメンバーみんなに、自分が望むキャリアを開拓してその人らしい人生を生きて欲しいと思っています。でも、その道はきっと平坦なものではなく、乗り越えないといけない挑戦がたくさんあるはず。みんなが、安心して自分なりの挑戦していくための土台を作っていきたいと思います。

課のメンバーがどんどん増えている中で、入社直後に、必要な情報にすぐアクセスできる仕組みも大切な土台の一つ。気軽に相談し合える人間関係を保ち続けることも大切です。

挑戦と安心がバランスよくあって、なおかつ楽しく仕事ができるチーム作りを、引き続き目指して頑張っていきたいと思います。


インタビュー・文:佐藤史紹
撮影:小池大介
編集:川畑夕子(XICA)

株式会社サイカ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more