1
/
5

【社員インタビュー】職人の技を世の中に伝えていきたい。マーケットを切り開いていく冒険者

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、全社でリモートワークを実施し早2ケ月弱。こんな時でもユアマイスターではメンバーの活躍が目覚ましいので、ご紹介していきます!
今回は今年の1月に入社した、八木のインタビューです。

ーまずは自己紹介をお願いします!

元々はサッカーが好きで教師になって部活で教えたい、と思い東京学芸大学に入学しましたが、実家が照明器具の町工場をやっており、木工や家具、空間デザインにも興味があったので、新卒でオフィスのデザインなどを手掛ける会社に入社しました。3年半程働いたところで、今年の1月にユアマイスターに入社しました。

ーユアマイスターにジョインしたきっかけを教えてください!

1社目で様々な企業のオフィスデザインを手掛ける中で、クライアントとしてお付き合いのあったベンチャーのスピード感に興味を持ち始めたのがきっかけで、20代のうちに新しいチャレンジをしたい、と思い転職活動を始めました。人材紹介会社から何社か紹介もしてもらったのですが、ハマる企業と出会えない日々が続いていたんです。
そこで転職サイトに登録したところ、ユアマイスターからのスカウトメールを受け取りました。
当初は名前も聞いたことがなく、正直あまり興味はなかったのですが、その後もメールが届き、3通目を受け取ったところで、「さすがに何か返信した方がいいかな…」と思って返事をしたのが始まりです。笑

ーしつこくてすみませんでした(笑)ご登録内容を拝見してどうしてもお会いしたかったんです!実際に面談をしてみていかがでしたか?

まずオフィスに行って感じたのは"ものすごい熱気"。面談をしている最中も周りから聞こえるメンバーの声や雰囲気から活気を感じ、楽しそうだな、と。

選考に進んでからは、1日で代表の星野から取締役の高山、営業部部長の荒木と、ボードメンバーが次々と出てきてくださり、選考の場からもスピードを感じましたね!

スピード感の中にある「顧客満足度の最大化」

ー入社後、最初に担当した業務はどのようなものでしたか?

最初はハウスクリーニングの職人さんへの新規営業と出店店舗さん(以下、パートナー)を対象としたカスタマーサクセス業務です。新規営業は、YOURMYSTAR(旧:あなたのマイスター)へ未出店の職人さんへお電話を通じてサービスを紹介し、ご出店いただく営業です。入社後2ヶ月目から目標が付き、初回から目標を達成することができました。
その後も毎月、ご出店いただく店舗さんの件数も着実に増やしていくことができましたが、カスタマーサクセスの部分では達成できなかった点もあり、悔しい思いをしました。

ー初回から達成とはすごいですね!八木さんが仕事において大切にしていることは何ですか?

当たり前かもしれませんが、パートナーさんと話す時間をしっかりと取る、ということです。
ユアマイスターのVALUEの一つに「SPEED with QUALITY」というのがあります。圧倒的なスピードと顧客満足度の最大化の両立を実現しよう、という意味なんですが、スピード感に魅力を感じてベンチャーに飛び込んだものの、自分なりに「顧客満足度の最大化」を考えた結果、「丁寧さ」を大事にしよう、と。

ーなるほど、その「丁寧さ」が生きたと感じたエピソードはありますか?

はい、とあるパートナーさんを前任者から引き継いだ際に弊社側の手違いで先方にご迷惑をおかけしてしまい、お叱りを受けることがありました。
そんな時こそ「丁寧さ」を大事にしようと思い、真摯にパートナーさんと向き合った結果、「八木さんにお願いできて良かった」と言って頂けたことがとても印象的でした。

モノを大切にする文化を創ることへの挑戦、今だからこそできると感じるワケ

ー現在はどのような業務に携わっていますか?

この5月からは新規営業とカスタマーサクセスがそれぞれ別となり、ミッションごとのチーム体制となりました。それに伴い、宅配見積り部門のカスタマーサクセス担当が新しいミッションになりました。

宅配見積り部門では、靴やカバン、ジュエリーなどの修理やリメイクを行うパートナーさんがご出店されており、パートナーさんとのコミュニケーションを通じて課題解決に取り組んでいます。

ー宅配見積り部門は今まで担当されていた部門と異なる部分も多いのでしょうか?

だいぶ違いますね。宅配見積りは基本的に全てオンラインで完結するんです。
ハウスクリーニングは、

ユーザーがYOURMYSTARで予約→サイト上で職人と施工日時を調整→実際にご自宅で作業

とユーザーと職人がオフラインで会うことが前提です。
しかし、宅配見積りでは、

ユーザーが直したいモノの写真をYOURMYSTAR上にアップロード→職人が修理の見積りをYOURMYSTAR上にアップロード→ユーザーがサイト上で注文、直したいモノを郵送→職人が自店舗で修理→ユーザー宅へ郵送

というように基本的に職人とユーザーさんが対面でお会いすることはありません。
その為、よりオンラインでの接客方法のブラッシュアップやサイトの使い方のご案内など、細かくサポートすることが増えましたね。

ーユアマイスターでの仕事を通して成長したと感じる部分はありますか?

以前より数字に強くなったと思います。ユアマイスターでは「HAPPY TRIANGLE」といって、パートナーさん、ユーザーさん、ユアマイスターの三者全員がハッピーである状態を目指す、三方よしという価値観が大切にされています。この「HAPPY TRIANGLE」を紐解いていくために、数字を強く意識するようになりました。プラットフォームは良くも悪くも数字が明確にでますからね。

ーまさにプラットフォーマーとしての価値提供に奮闘されているんですね!宅配見積り部門で今後挑戦していきたいことはありますか?

そうですね、今世界的に #StayHome で自宅で過ごす時間が増えたことにより「何を大切にすべきか」ということを見つめ直す方が増えてきたのではないかと感じています。その中でご自身の思い入れのあるモノ、ご両親から受け継いだモノなどを今一度見直されるタイミングがくると考えています。そこに対して、まだまだモノの修理やリメイクがオンラインで頼めるということを浸透させられていないと思うので、文化を創っていくとともにサービスの認知度を上げていけたらと思っています。
その結果、思い入れのあるモノが親子何世代にも渡って、その家族の歴史・ストーリーと共に使われることが当たり前になったら嬉しいですね!

営業は個人でできるものではない、チームだからこそできる

ーユアマイスターの魅力を教えてください!

いい意味で暑苦しいところですかね。笑
とにかくみんなが全力で仕事を楽しんでるんです。業務外の雑談も多く、入っていきやすい雰囲気からもそう感じます。

また、全社が一丸となって目標に向かっていくチーム感も魅力です。
営業って個人の成績はもちろん大事なんですが、チームで達成していくことが大事だと思っています。このチーム感を大事にしたいし、ユアマイスターの魅力だと思いますね。
パートナーさんからのお声を日々聞いていく中で生まれた疑問や改善点などをディレクションや開発チームとディスカッションしてより良いサービスを作っていっています。そしてその反響について営業やディレクター、エンジニアのメンバーも一緒に真摯に向き合っていく。そんなチーム感が堪らないです!

ー逆にユアマイスターの課題はなんでしょうか?

課題ではないかもしれないですが、強いて言うなら新しいメンバーのオンボーディングでしょうか。ユアマイスターはまだない市場を切り開いてIT化を推し進めていっています。そのため向かう場所は変わらないものの、向い方、つまり戦略は目まぐるしく変わります。ある一定のマニュアル化はできますが、あとはメンバーのキャッチアップ力にかかってくる点は常にあるかと思います。

ー今後チャレンジしてみたいことをおしえてください!

宅配見積り部門、つまりリペアの文化を浸透させて市場を切り開いていくことです!日々、職人の想いに触れる立場にいるからことできることがあると感じているので、プラットフォーマーとしての強みを生かしていけたらと思っています。

最後に、求職者にメッセージをお願いします!

成長したい、チャレンジしたい方をお待ちしています!市場を切り開いていく経験は中々できるものではないですし、ユアマイスターというチームだからこそできることだと感じています。逆にある程度道が約束されていて、先を見通しながら進みたい、という方にはマッチしないかもしれません。一緒に冒険を楽しめる方にお越しいただけたらと思います!

ユアマイスター株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more