66674948 a2f7 40ec 98d9 4d622f4e6cd1
株式会社A.C.O.

A.C.O. ブログ

Trending
Trending Posts

嫌われないデザインをしてきた私が、それじゃだめだと思って転職した理由 デザイナー岩田紗季

嫌われないデザインから論理的で緻密なデザインをするために 「PARTNERS」では、A.C.O.のパートナーを紹介しています。今回登場するのは、デザイン部所属のデザイナー、岩田 紗季。岩田は、A.C.O.で働き始めて3か月。主にwebサイトやグラフィックデザイン・ロゴを制作して、A.C.O.のデザインチームの...

地下鉄路線図のフォントサイズのルールは何?知られざる路線図の世界

CHAPTER #1 複雑に入り組む東京の路線 路線図のデザインはどうなっている? こんにちは。プロジェクト・マネージャーの木下です。突然ですが、私は地下鉄の路線図が大好きです。部屋には路線図のポスターが貼ってありますし、東京の路線が全て網羅されているクリアファイルを愛用中です。最近欲しくてたまらないのはガチャガ...

UXディレクターと人類学者のUXリサーチ研究室Vol.1 インタビュー調査とエスノグラフィは、組み合わせて使うもの

高品質なデジタルサービスをデザインするために欠かせない、質の高いUX調査サービスを目指したら、人類学の調査にヒントがありました。このシリーズは、UX調査サービス開発を担当する2人がそれぞれの経歴を活かしてより質の高い調査を追求する議論を記録したシリーズ。第一回目は「インタビュー調査の足りないこと」。 登場する人 ...

【UX】ユーザーリサーチの考えかたは料理にも使える?料理に隠れた構造から新しいボロネーゼを作る

ローストビーフとアジの干物の共通点は?料理には隠れた構造がある こんにちは、UXデザイナーの林です。UXデザインの業務には、ユーザーを様々な視点から理解するために、リサーチから集めた体験をモデル化することがあるかと思います。実はこのモデル化のプロセスが、料理にも当てはめることができることを知りました。 モデル化が...

「テクノロジーへの興味を抑えきれませんでした。」建築設計からwebの世界へ。肉食系デザイナー 石井

デザインは表層的なファッションではなく、モノの持つ価値を最大化するためのもの 「PARTNERS」では、A.C.O.のパートナーを紹介しています。今回登場するのはデザイナーの石井宏樹。石井は建築設計事務所での意匠設計のキャリアを経てA.C.O.に入社。ロジカルな思考と作業スピードの速さを武器に活躍しています。 石...

Latest
Latest Posts

好きなデザインってなんだ?#5 デザイナーと熱

普段からデザインに触れていても、案外こうやって自分の感覚に焦点を当てて、体系的に考える機会はなかなかない。せっかくだからカッコいいことを書いてやろうじゃないかと奮起し、色々小難しく考えてはみたが、どうにも途中で筆が止まってしまう。 いやいや、そんな私にだって好きなデザインはちゃんとある。 例えばMailchimp...

好きなデザインってなんだ?#4 デザインと違和感

前回の記事はこちら 好きなデザインってなんだ? #3 技術の向上の先に 街中を歩けば、さまざまなデザインの形に触れることができる。電子広告や電車などの公共物、ふと立ち寄るお店で販売されているプロダクトの数々。 好きなデザインとは何か?このリレー記事の順番が段々と近づいて来て、好きよりも前に良いデザインのことを改め...

作業時間を短縮する。設計・UIデザイナー向け「絞り込み検索」の作り方

必要な要素と機能のポイントを押さえて、画面構成をスムーズに作りましょう 情報設計を担当している長谷川です。情報設計やUIデザインのプロセスでは限られた時間の中で画面構成や機能要件を作らなければいけないシーンがよくあると思います。 その際、毎回ゼロイチで設計をしているとクリエイティブに割く時間がなくなってしまうので...

デザインリサーチを分解してみる

デザイン提案に向けた競合リサーチを分解して考える こんにちは、デザイナーの小林です。最終的なデザインとしてアウトプットされるまで、皆さんはどのくらいの時間をリサーチに使っていますか?今回の記事では、グローバル企業のコーポレートサイトリニューアルのための提案という設定で、リサーチの手法を考えてみたいと思います。 私...

ホワイトスペース2030:1話 2030年のはたらきかた

2019年現在、多くのデザイナーがWebやスマートフォンアプリといった最新の情報技術を主戦場にしている。 2030年。世の中はどうなっているんだろう?デザインはどのように進化していて、デザイナーはどんな課題に取り組んでいるんだろう?いまのデザイナーはどんなキャリアを築いているんだろう? この漫画は、2030年のデ...

好きなデザインってなんだ?#3 技術の向上の先に

前回の記事はこちら 好きなデザインってなんだ? #2 デザインとリスペクト 「好きなデザインとは何か?を考え続けることが、好きなデザインを増やすというチームの目標につながる」「だからそのために一人ずつ、自分の好きなデザインについて文章を書こう」 …この企画を聞いて、正直こんな難しいテーマやめて〜、と思った(笑) ...

ACOメンバーが興味を持ったものは?インプットしたものをシェアする、#aco_scrapbook

こんにちは、プロジェクト・マネージャーの木下です。ACOにはSlack上で面白いと思った記事、イベント情報、他社事例やサービスなどをシェアする#aco_scrapbookというチャンネルがあります。部署・職種関係なく、インプットしたものを共有する趣旨のチャンネルとして利用されています。 今回はここ最近、#aco_...

ESG時代のブランドコミュニケーションで企業の提供価値を拡張させる、ACO流メソッド「バリュー・コミュニケーション・ピラミッド」

企業の多くが「We Problem(私たちの問題)」を抱えてコミュニケーションをしている クリエイティブ・ディレクターのJBです。 今回は、これまで携わってきたコーポレートサイトのプロジェクトで、主にB2B企業に向けて提案してきたコミュニケーション戦略について、私自身のナレッジを紹介したいと思っています。 これま...

コンテンツ発信を続けるプロジェクトディレクター、木下早苗の挑戦

尖った強みを持つために、メディアコンテンツを武器にする。 「PARTNERS」では、ACOのパートナーを紹介しています。今回登場するのはプロジェクトディレクターの木下早苗。木下は大学では社会学を学び、コールセンター運営会社での営業職を経て2018年2月にACOへ入社。主にコーポレートサイトのオウンドメディア案件で...

好きなデザインってなんだ? #2 デザインとリスペクト

前回の記事はこちら 好きなデザインってなんだ? #1 デザインとロジック 「好きなデザインとはなにか?」を考え続ける ─ それを思いついたきっかけは雑誌『POPEYE』の〈シティボーイ〉という言葉だった。『POPEYE』のなかで、〈シティボーイ〉という言葉は常に定義が更新され続けている。 「これからは、こんな人も...

文系学生だった小林拓也が、コミュニケーションデザイナーを志した理由

企業価値はコーポレートサイトで向上できる。デザインが経営レベルで重要な時代に、コミュニケーションデザイナーとしてやれること。 「PARTNERS」では、ACOのパートナーを紹介しています。今回登場するのは、デザイン部の小林 拓也。小林は2018年5月にACOに入社。明るい性格と圧倒的な向上心を武器に活躍しています...

好きなデザインってなんだ? #1 デザインとロジック

好きをふやす—— これが会社の目的であるなら、デザインチームのミッションは好きなデザインを増やすこと。 それをそのまま今期のチームオブジェクティブの一つとして設定したはいいが、「好きなデザイン」とはなんだろう?答えがないし逆に答えがありすぎる。チームの一人に相談したら「それを考え続けることに意味があるのではないか...

A.C.O.のデザインスプリントマスターが現場を通して学んだ心得

デザインスプリントのニーズは増えている? こんにちは! A.C.O. UXです。2年程前からA.C.O.ではプロジェクト開発で、デザインスプリントを取り入れてきました。当時は、デザインスプリントを行っている会社自体あまり聞きませんでしたが、最近、少しずつですが、採用する企業が増えてきたように感じます。 実際、弊社...

タイムリープで時間を巻き戻すモンスター「コマンドゼットン」が現れた!

現実でやり直しができるならば人生イージーモードですよね 日々忙殺されるweb制作者の間で存在が囁かれる「webモンスター」を皆様はご存知だろうか。懸命に働く労働者に突如として襲いかかる者もいれば、そっと手を差し伸べてくれるありがたいヤツもいるといわれている。「webモンスター」ではそんなモンスターたちの攻略方法を...

アイスブレイカー #01 〜拍手パス Clap-pass〜

より「アハ!」が湧きでるチーム作りのためのアイスブレイク こんにちは! UXストラテジストの岡本です。A.C.O.ではプロジェクトを進行する中で、ワークショップを取り入れています。 社内向け、外部パートナーを交えたもの、クライアントを交えたものなど、さまざまな参加者と共に日々、ワークショップを行っています。 ...

Followers
Posts
115
Likes
2,931
About
66674948 a2f7 40ec 98d9 4d622f4e6cd1
A.C.O. ブログ
自社メディア「A.C.O. journal」との連動ブログです。
Writers

Page top icon