Kotaro Nakayama

三越伊勢丹ビジネスサポート / マネージャー

Kotaro Nakayama

三越伊勢丹ビジネスサポート / マネージャー

Kotaro Nakayama

三越伊勢丹ビジネスサポート / マネージャー

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

大手アパレルメーカーで婦人服のSPAブランドでのMD職を通じて、原料調達から店頭販売までのサプライチェーンの最適化の重要性を学び、店頭販売の動向に応じた仕入・在庫のコントロールを行ってきました。 百貨店に転職後SCM改革チームを経て、DtoCで販売するオリジナルブランドのローンチに携わり、既存のインフラとは一線を画した販売サイトと物

未来

この先やってみたいこと

未来

私は、アパレルのMD職の経験に加えて百貨店での小売側の都合や困りごと、 さらにECの物流窓口の業務改善を通じてロジスティクス構築の重要性を理解しました。

2019年10月
-
現在
三越伊勢丹ビジネスサポート

三越伊勢丹ビジネスサポート

2 years

マネージャー
現在

2019年10月 -

現在

1.三越伊勢丹のECチャネル(エムアイオンライン。化粧品サイト、ギフトサイト、ふるさと納税)の物流窓口業務。店舗への集客を控える代わりにオンラインでのイベントに振り替えて実施することへの物流現場の作業キャパ(要員とスペース)の調整を行っている(外国展、サロンデュショコラなど) 2.EC用の物流センターの庫内業務の業務改善

2016年4月
-
2019年9月
三越伊勢丹

三越伊勢丹

4 years

マネージャー

2016年4月 - 2019年9月

DX戦略の一環として、取り込んでいきたいZ世代に向けたオリジナルアパレルブランドのローンチに携わった。ECチャネルのみで販売するという百貨店が持ってこなかった新たな顧客接点を作っていくために、デジタル系インキュベートを協働するコンサルタント企業に並走してもらいながら、顧客にしたい顧客像にあたる方達へのインタビューを重ねたうえでコンセプトを決定し、商品化を開始した。私は事業計画の策定、商品計画のフレー作りとMD業務の指導、百貨店の既存機能では対応できないお届けサービスの提供の為新たな業務委託先との新たな物流スキームの構築を担当した。

2013年2月
-
2015年9月
ヴェントインターナショナル

ヴェントインターナショナル

3 years

事業部長

2013年2月 - 2015年9月

クロスプラスの子会社となったヴェントインターナショナルの基幹ブランド「リズリサ」の事業部長として入社。109ブームに乗って成長を続けていたが、原価率の上昇、プロパー消化率の鈍化が課題だった。小売専業であったため、企画業務の適正なスケジュールが無く、原料調達もメーカー任せであったため、業務プロセス全体を改善する指導を行った。当時、海外ファストファッションの台頭により、隆盛を極めた109マーケットは苦戦を強いられており、リズリサもトップラインを前年超えまで上げることはできなかったが、仕

2012年4月
-
2013年1月
個人事業主

個人事業主

1 year

個人事業主

2012年4月 - 2013年1月

ワールドを退職後、アパレルブランドの経営コンサルタントを行った。主に企画・仕入・在庫管理などの事業のメインフレームの業務改善を併走するスタイルで当たった。 取組先企業:クロスプラス・アダストリア・ヴェントインターナショナル

2010年7月
-
2012年3月
ワールド

ワールド

2 years

アナトリエ ブランドMDリーダー

2010年7月 - 2012年3月

アナトリエ部において全カテゴリーのMDリーダー 販路:FB、百貨店 ターゲット:20代後半~30代前半 年商45億 年間開発型数:1400型 チーム規模:デザイナー5名、パタンナー6名、バイヤー3名、生産担当4名 仕入原価率の高いバイイング商材を海外直接買付分、商社介在分、国内買付分に分類し、仕入金額構成比の見直し、固定化を図り、ブランド全体の原価率改善を図った。

2009年2月
-
2010年6月
ワールド 

ワールド 

1 year

新規事業戦略部 PJTリーダー

2009年2月 - 2010年6月

雑貨事業部において、既存ブランドの事業推進、検証サポートなどを行いながら、新規事業の立ち上げ準備を行う。メイドインジャパンに拘ったクラス感のある服飾雑貨ブランドをスタートするため事業シナリオ、コンセプトメイク、サンプル作成など外部エンジンと協同しながらプラン作成、経営役員へのプレゼンテーションなどを行った。会社都合により事業立ち上げがストップ。

2007年6月
-
2009年1月
ワールド

ワールド

18 years

アルブム部 ブランドMDリーダー

2007年6月 - 2009年1月

ヤング婦人服のアルブム部において全カテゴリーのMDのリーダー  販路:FB、SC  ターゲット:10代後半~20代前半 年商35億  年間開発型数:1200型  チーム規模:バイヤー3名、生産担当2名、DB 2名

2000年12月

オゾック部

2000年12月

当時の基幹ブランドOZOC部においてニット、カットソーカテゴリー担当リーダー (管理レイヤーに昇進) 販路:百貨店、FB ターゲット:20代前半 年商220億 (担当カテゴリーは90億) 年間開発型数:800型

1991年4月

専門店事業部

1991年4月

東日本エリアで専門店向け婦人服ブランドの卸営業を複数経験。展示会での受注、現物販売、回収、新規開拓などの経験を経て、直営店を担当した。直営店の販売戦略の立案、推進や期中現物の企画業務も兼務した。 直営出店先:新宿京王・新宿高島屋・有楽町阪急・池袋西武・札幌丸井今井

1987年4月
-
1991年3月

立教大学

4 years

経済学部経営学科

1987年4月 - 1991年3月

会計学


言語

日本語 - ネイティブ, 英語 - 日常会話

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう