1
/
5

【"楽しんだって、いい"】 Don't be afraid to have fun

Edit

807 views

ABOUT

"楽しんだって、いい"
Don't be afraid to have fun

「美しい国、日本」も良いけど、「楽しい国、日本」って少しワクワクする。
楽しもう!でも、楽しみましょう!でもなく、控えめに、少しだけ。
「楽しんだって、いい」

高度経済成長。
日本は「楽しむことを後回し」にして進んできました。
実際に豊かになったし、国民はそれを実感できた。
経済・技術発展と縦への成長があった。

バブル崩壊、リーマンショックを経て縦への成長は止まった。
例えば、テレビ。
白黒テレビが登場し、力道山に夢中になった。
カラーテレビが登場し、三種の神器と呼ばれてみんな飛びついた。
薄型テレビが登場し、地デジだから仕方なく買い換えた。
フルハイビジョンが登場し、4K、さらには8Kテレビの登場。
縦(技術)への成長の価値・インパクトは小さくなった。
成長なき今、閉塞感が漂う。 縦がダメなら横への成長。

"僕たちは絵を描くだけの会社じゃない"
We are not just a drawing company

私たちはその横への成長こそ「楽しむこと」にあると考えています。
経済・技術発展、左脳的、スペックの成長から、
楽しさ・オシャレさ・面白さなどの右脳的、フィーリングの成長の時代へ。
アートは横への成長の象徴。

私たちは、今の日本にこそ、アートが本当に必要だと考えています。
僕たちは絵を描くだけの会社じゃない。
その向こう側にある価値観を広めていきたい。
この国を楽しい国にする、そのための手段としてのアート。

日本の自殺者は年間2万人。
先進国内では断トツの不名誉な数字。
実際はこの3倍だと言われている。
10分に一人が自らの命を絶つ国。

「楽しむことを後回し」にして縦への成長を追い求めてきた日本。
その縦への成長も止まり、閉塞感に包まれている日本。
その閉塞感を横への成長で打破して、 この国を少しでも楽しい国にして。
自ら命を絶つような人を少しでも減らしたい。

だから、楽しもう!でも、楽しみましょう!でもなく、 控えめに、少しだけ。
「楽しんだって、いい」
そんな想いの会社です。