1
/
5

これからの時代にあった宿泊施設のオペレーション|Tabiq (タビック)

Edit

179 views

ABOUT

Tabiqは、無人・省人フロントを実現するために自社開発しているホテル向けのチェックインシステムです。iPadに専用のアプリケーションをインストールするだけで導入が可能で、記帳データを従来の紙ではなくデータとして管理することができます。また、チェックインにかかる時間の短縮を始め、顔認証によるチェックインを実現することで宿泊者の満足度を向上します。

■新型コロナウイルス感染拡大防止対策(ウィズコロナ)としての活用も

「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン 第一版」(日本旅館協会)でも推奨されている「ルームキー、キーカードの受渡し」のキーレス化を今回の連携により実現。さらに、フロントデスクでの宿泊客との接触も、チェックインシステムTabiqとの併用により大幅に削減することが期待されます。

■コロナ禍で無人ホテルの「非接触のおもてなし」に期待が高まる

新型コロナウイルスの影響により、全国各地でホテルの稼働率が低迷しています。新常態(ニューノーマル)の中で新たな需要を掘り起こす必要があるほか、対人での接客が当たり前の運営を見直し、3 密対策や非接触への取り組みに各社が対策を急がれています。株式会社リクリエは 2016 年の創業以来、遊休資産の活用をテーマに無人ホテルの運営、また無人ホテル実現のためのチェックインシステム「Tabiq(タビック)」を開発しており全国 50 以上の施設を運営しています。同社は九州で初めて事前チェックインを活用した無人ホテルを実現しています。