Mid-career
経理
on 2018-02-21 4,189 views

cakes・ noteの株式会社ピースオブケイクで経理を募集します!

(株) ピースオブケイク

(株) ピースオブケイク members View more

  • ピースオブケイク代表取締役CEO・編集者。アスキー、ダイヤモンド社で雑誌、書籍、電子書籍の編集に携わる。おもな担当書は『ゼロ』『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』『評価経済社会』『スタバではグランデを買え!』『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』『英語耳』など。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。

  • @konpyu
    エンジニア / CTO
    DeNAでソーシャルゲームの開発に携わった後, 2013年9月にPiece of Cake入社
    noteで技術ポエムを毎週投下しています https://note.mu/konpyu

  • 編集者。出版社で約10年にわたってノンフィクション・旅行書・女性エッセイ・コミックエッセイなどの書籍を編集したのち、2016年4月にピースオブケイクに入社。現在cakesで編集を務める。趣味は筋トレ。

  • 永らくベンチャーキャピタルの世界でたくさんのベンチャー企業の成功と失敗に立ち会ってきました。その後独立してベンチャー側でファイナンスや経営管理のサポートを行い、現在は当社でファイナンス、事業提携、経営企画に携わっています。革新を起こし、新しい歴史を創ってゆきましょう!

What we do

◇クリエイターの活躍の場を広げるプロダクトを展開!事業は成長中、資金調達も完了!
ピースオブケイクは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

◇メディアプラットフォーム『note』 (C2C) https://note.mu
メディアプラットフォーム note は、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるウェブサービスです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。プロもアマも混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約500万件の作品が誕生して月間アクティブユーザー数は2,000万人(2019年9月時点)に達しています。

◇ファンに届ける企業の情報発信プラットフォーム『note pro』 (B2C)https://pro.note.jp
ファンに届ける企業の情報発信プラットフォーム。利用企業はサイト構築や集客の手間を省いたぶん、自社やサービスの想いを発信することに集中できます。「ブランディング」「リクルーティング」「ファンコミュニティ作り」「サブスクリプション」など、企業がポジティブなユーザーとつながって関係性を深めていくサポートをします。

◇コンテンツ配信サイト『cakes』 (B2C)https://cakes.mu
クリエイターと読者をつなぐプラットフォームとして、2012年9月にサービスを開始。経済、文化、芸能、海外情報など読み手の生活を豊かにする約2万3,000本のコンテンツを掲載しています(2019年3月現在)。

弊社社員のnoteまとめ:https://www.pieceofcake.co.jp/m/m24297b47f762
会社概要:https://www.pieceofcake.co.jp/n/ncdf97fd53291?current_menu_id=12335&creator_urlname=pieceofcakeinc#7ifpk
沿革:
https://www.pieceofcake.co.jp/n/n70114bdbbbc4?creator_urlname=pieceofcakeinc

Why we do

◇デジタルコンテンツの未来を切り拓き、新たなプラットフォームを創る
かつては出版社が栄えていたこともあり、多くの人がクリエイティビティを発揮できる場や収益化の手段も確保され、クリエイティブの入り口と出口が豊富にありました。
しかし、インターネットの普及に伴い、既存の手法が時代の流れに即さなくなり、コンテンツの売れ行きも下降傾向となりました。
このような課題を解決するため、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げ、クリエイターが活躍できる市場をネット上につくっています。

◇クリエイターの本拠地を目指して
「note」ではリリース当初から、クリエイターの報われる場を増やし、創作活動を継続できるようにすることを目標にしています。最近では、「note」のコンテンツをきっかけに、書籍化につながるというケースも増えており、クリエイターの活躍の場は広がりつつあります。
また、2018年には日経新聞社と業務提携し出版社へのクリエイター紹介プログラムも実施。2019年にはUUUMとテレビ東京HDと資本業務提携。今後も、様々なジャンルのパートナーと提携し、クリエイターの活躍の場を広げていきたいと考えています。

How we do

◇多様性のある組織。仕事のしやすさには自信があります
社員数はさまざまなバックグラウンドを持った70名ほどの精鋭。各自が意見を出し、能動的に働いています。みんな優秀で人柄がよいです。

cakes編集者は自ら考えた企画をcakesのコンテンツにし、エンジニアは割り振られたタスクだけでなく自分で考えた機能を実装しリリースしています。noteには毎週何かしらの機能がリリースされています。

◇快適・健康に働けるオフィス環境
2018年12月、外苑前の新オフィスに移転!オフィス環境も通常の机と椅子に加え、スタンディングデスクやソファーも用意されており、快適に働くことができます。

Description

サービスが順調に拡大し、管理部門を本格的に構築するフェーズになってきました。今回は、経理の人材を募集します。

決まったルーティンをこなすのではなく、どのように経理体制をつくったらよいか、などなど、クリエイティブな要素もあります。

■当社の今後の展望
紙の出版市場が低迷する中、テクノロジーと編集力で、クリエイターが活躍できる市場をネット空間につくること、が当社のミッションです。非常に大きなチャンスの渦中にあります。

当社サービスのcakesやnoteは、利用者が順調に増えてきました。成長の土台が整いましたので、これから会社をスケールさせるための人材を必要としています。

ご興味のある方、話を聞いてみたい!という方は、ぜひご連絡ください!

Highlighted posts

ファンだったnoteのディレクターに。空気感やミッションに共感し、転職を決めたnoteディレクター・平野
チャレンジングな開発も本業の中でやってのける。note iOSエンジニア・森口の仕事の流儀
「ユーザーと対話する」を体現。クリエイターのためにプラットフォームを整えるnoteディレクター・水野
Other users cannot see whether or not you're interested.
8 recommendations
Company info
(株) ピースオブケイク
  • Founded on 2011/12
  • 70 members
  • CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル6F
  • cakes・ noteの株式会社ピースオブケイクで経理を募集します!
    (株) ピースオブケイク