1
/
5
Mid-career
ビジネス開発
on 2018-03-13 2,706 views

グローバルトップ10!デジタルヘルス業界にイノベーションを起こしたい方へ

H2 株式会社

H2 株式会社 members View more

  • 日本の責任者。一橋大学卒業後、日本オラクルに入社。上司から、本当に営業で飯を食っていきたければ、ブランドのない会社で、自分を売ることで、商品やサービスを売る経験を積みなさい、という言葉に感動し、同期で一番最初に転職。2社目のwebMethodsでは、2年目に、世界No.1の売上達成率を実現。その後、グローバルリーダーシップの強化を目的に、Duke Fuqua MBA取得。
    帰国後、Medtronic社に入社し、事業部の財務・企画マネージャー、リージョンマネージャーを歴任。直近はベンチャー企業のCOOとして、Saas事業を立ち上げし、3年目に、単月黒字化を実現。

  • 大学院では原子核理論の研究に従事。原子核反応のモデル計算、数値解析を行う。博士号を取得後、東北大学CIESの研究員として画像処理やイメージセンサーの研究開発に取り組む。その後、WEB接客チャットサービスの開発、流通ビッグデータの時系列解析等の仕事を経て、現在、台湾のヘルスケアサービスのスタートアップにて開発に従事。AI関連の機能開発に注力。博士(理学)。

  • 共同創業者。Stanford Univ.でComputer Scienceの学士号、修士号を取得。卒業後、米国Oracle Corporationのエンジニアとして、入社。その後、マッキンゼーに入社し、大手金融機関やIT企業を相手に、ビジネスコンサルティング業務に従事。直近では、Yahooでモバイル製品のマネジメントを担当。現在は製品開発の総責任者である。

  • 共同創業者。University of Virginia卒業後、リーマンブラザーズ社に入社。投資銀行部門にて,TMTを担当。その後中国と台湾で2社を起業。2013年にH2 Incを起業。シリアルアントレプレナー。

What we do

  • シンクヘルスプラットフォーム
  • 糖尿病管理アプリ「シンクヘルス」

モバイル/デジタル医療とクラウドサービスを結合したヘルスケアプラットフォームの構築に、2013年の創業以来、取り組んでおります。第一弾製品として糖尿病の自己管理支援を目的にモバイルアプリ「シンクヘルス」を誕生させました。糖尿病患者の皆様にとって、日々の闘病は苦労・面倒が多いものです。私たちは、簡単に操作できるツールとロボットによる自己学習サービスにより、血糖値を含むバイタルデータの自己管理をサポートし、適宜家族や医療機関からケアを得られるにようにすることで、患者の負担を軽減していき、セルフケア力の向上を支援し続ける存在になれれば、と考えております。

2018年6月に日本法人がスタートし、現在は多くの商談がきており急ピッチで組織構築をしております。デジタルヘルス業界の黎明期に、誰もが経験したことがない領域で、チャンピオンになるまたとない機会といえるでしょう。興味ある方は、ぜひ、お問い合わせください。

私たちのサービスの紹介動画です: https://youtu.be/oi79pBaBoQg

Why we do

  • 世界の糖尿病人口
  • 健康管理を支援

現在、糖尿病患者は世界の人口の約10%に達し、その半分以上がアジアに集中しています。しかしながら医療資源の不足により、適切なケアを受けられる糖尿病患者は30%にも満たないほどです。このような環境において、私たちは患者の自己管理をいかに簡素化することができるか。さらに簡素化するだけでなく患者の様々なデータからAI等を活用し、いかに価値のあるFeedbackを継続的に提供し、自己管理による健康維持を促進することができるか。これらが非常に重要になってくると確信しています。
私たちはエンゲージメントレベルの高い様々な血糖値管理ソリューションを提供し、患者が使いたいと強く思って頂けるようなサービスを通じて、一人でも多くの患者の健康管理に貢献していきたく思っております。

How we do

  • 台湾チームとの交流

糖尿病管理の自動化を進め、AI等を活用することで日々の行動に気づきを与えることで、利用者のエンゲージメントレベルを高めます。また、ビジネスパートナーが様々な意思決定を行うための分析結果を提供します。患者中心のプラットフォームを構築することにより、患者の糖尿病管理を効率的かつ生産的にサポートする革新的サービスを提供しております。

シンクヘルスはアメリカ最大の健康メディアHealthLineの2017/2018/2019年、3年連続で糖尿病の疾患領域で、ベストアプリのアワードを獲得しています。
高いアプリ評価 - 日本において、高いアプリ評価を頂いております。(Android 4.6/iOS 4.2 *2020年1月現在)。
患者の糖尿病指標の改善に寄与しています(国際会議2016 IDF-WPRにて発表)
台湾では既に150以上の病院/クリニックが、Health2Syncのサービスを患者に推奨しています。
日本においても、数十施設で、病院/クリニックにて利用を開始いただきました。

https://www.healthline.com/health/diabetes/top-iphone-android-apps

As a new team member

H2では、医療業界における製薬メーカーや医療機器メーカー等とのパートナーシップにより『シンクヘルス』のさらなる市場開発を、熱意をもって、ハンズオンで進めることができる方を募集しております。

<役割と責任>
・リードの発掘から案件のクロージングまで実施。
・見込み案件については、効率的にフィット感や適合性などを見極め、適切にスクリーニング。
・課題を特定し、ビジネスインパクトが最大になるような提案活動を実施。
・クロージングのために社外、社外の関係者との関係を構築。
・意思決定者、影響者など、意思決定における政治的関係を把握
・目標の売上達成のために、十分なパイプラインを獲得すること
・シンクヘルスプラットフォームの 1)医療従事者向け、2)患者向け、3)製薬メーカー向け、それぞれの付加価値を理解し説明すること
・1)医療従事者、2)患者、3)製薬メーカー、のさらなるニーズを特定し、新機能・新サービス開発にFeedbackすること

<求められる経験・知識・能力等>
・自己認識力の高い方
・学習能力の高い方、新たなことを学習する能力の早い方
・コミュニケーション能力(Cレベルの方への提案能力)
・大学卒業以上、5年以上のビジネス経験
・ビジネス英語(英検準一級程度)
・課題解決能力、ソリューション営業のできる方
・医療業界における経験・知識(あれば尚可)
・糖尿病における薬等の知識(あれば尚可)

弊社は、個人の強みを徹底的に活かしていただくため、非常に自由度の高い職場環境を用意させていただいております。働く場所は、ご自身が一番パフォーマンスがでる場所、と考えております。
週に一度、オフィスに来て、それ以外は、自宅や、喫茶店で仕事をしているもの、午前中は、自宅で仕事をし、ラッシュアワーの過ぎたタイミングで出社するもの、等々様々です。
その多様性な環境は、個人個人の自由に対する責任、自己管理、に委ねられております。また、ビジネス機会についても、与えられるのではなく、自ら考えて、アイディアを自ら形にしていくことが求められます。

Highlighted stories

糖尿病に手を差し伸べる新型「医療保険」の正体アプリで健康増進、保険料還元で動機づけ(東洋経済記事)
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命と業務提携に向けた基本合意書の締結
私が大学病院の看護師からベンチャー企業のカスタマーサクセス・サポートに転職した理由
Other users cannot see whether or not you're interested.
12 recommendations
Company info
H2 株式会社
  • Founded on 2013/06
  • 30 members
  • 東京都台東区上野3-2-2 アイオス秋葉原ビル606
  • グローバルトップ10!デジタルヘルス業界にイノベーションを起こしたい方へ
    H2 株式会社