Mid-career
PR/広報
on 2019-03-03 534 views

バーチャルホームロボットを世界にPRするPR・広報担当をWANTED!

Gatebox株式会社

Gatebox株式会社 members View more

  • 1988年広島県広島市出身。2011年に大阪大学工学部とHAL大阪夜間課程グラフィックデザイン学科を卒業。2014年2月に当社の前身となる株式会社ウィンクルを設立。現在は、「キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指し、バーチャルホームロボット「Gatebox」の開発に注力している。

  • Jin Nakamura
    執行役員 Chief Product Officer

  • 1992年神奈川県生まれ。
    2014年に慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、大手総合人材サービス会社に新卒入社。製造業を中心とした顧客への法人営業経験後、2018年より現職。Gateboxにて人事採用担当をしております。

    ◆2014.4 - 2018.1
    パーソルキャリア株式会社

    ◆2018.1 -
    Gatebox株式会社

What we do

「キャラクターと暮らす」未来の実現のために、キャラクタープラットフォーム事業を展開している会社です。プラットフォームの軸となるハードウェア(Gatebox)/自社キャラクターサービス/プラットフォームシステムの開発を手掛けています。

<Gateboxとは?>
キャラクターと一緒に暮らすために開発されたキャラクター召喚装置。
ボックス内にキャラクターを召喚し、キャラクターとコミュニケーションをとることができます。
https://www.gatebox.ai/about

<ホームページ>
https://www.gatebox.ai/

<会社紹介資料>
https://speakerdeck.com/gatebox_hr/gatebox-inside

Why we do

私たちが活動する理由はただ一つ、それはビジョンである「Living with Characters - キャラクターと一緒に暮らせる世界」を実現するためです。

キャラクターは、漫画やアニメなどの多様なメディアを通して見聞きしない日がないほど、既にわたしたちの普段の生活に浸透してきています。それはキャラクターがもつ世界観とストーリーを通して投げかけている生き方や社会へのメッセージ、魅力的なビジュアルに共感が生まれているからだと思います。

しかし、これまでキャラクターは画面の向こう側の存在で、実際に会話したり同じ時空間を共有するまでには至っていません。

テクノロジーの力を使って、彼らとの距離を縮めたい ー

Gateboxは、CEOである武地のそんな想いから始まったプロジェクトです。
2015年、当時わずか2名で始めたプロジェクトですが、キャラクターを現実世界に召喚し、人間と同じようにコミュニケーションを取れるようにしようという壮大な夢に共感して集まったメンバーによって、試作機の開発が進んでいきました。

そして2016年にコンセプトを発表し、1台30万円で限定予約販売をした際は、わずか1ヶ月で300台が完売するだけでなく、世界各国から”自分もキャラクターと暮らしたい!”という熱いメッセージが寄せられました。
その後もテレビやネットニュースで紹介されるようになり、2019年10月にはGatebox量産モデルを販売開始し、様々なキャラクターと一緒に暮らせる世界を作るために事業展開をしています。

最初はたった一人の夢から始まったプロダクトが、みんなの夢になり、今ではみんなの夢を実現すべく事業を進めています。

How we do

Gateboxは、ビジョンを実現するべく、4つの挑戦テーマを持って事業を進めています。

1、プロダクトの販売/マーケティング
キャラクター召喚装置「Gatebox」の魅力を伝え、より多くの人々に体験・購入いただけるように活動しています。「バーチャルなキャラクターと暮らす」という今までにない価値観をどう世の中に浸透させていくか、製品の体験の場を作り購入につなげていくのかなど、誰もやったことがないチャレンジをしています。

2、自社キャラクター型AIパートナー「逢妻ヒカリ」の開発
「逢妻ヒカリ」はGateboxに召喚される自社のファーストキャラクター。様々なセンサーを搭載した「Gatebox」のハードウェア特性を生かし、3DCGのキャラクターとLINEやMicrosoftのAI技術、ユーザーの入力情報やネットワークの外部情報などを組み合わせ、「キャラクターと暮らす」という新しいUXを創り出しています。

3、キャラクタープラットフォームの拡大
独自のプラットフォームシステムを開発・運営しています。様々なキャラクターが登場するプラットフォームにするべく、サードパーティのパートナー/デベロッパーが「Gatebox」にキャラクターを配信できるマーケットプレイスを提供しています。
BtoC・BtoB領域問わず、様々なパートナー/デベロッパーと共同でキャラクターの開発や展開を進めています。

4、海外展開
2020年1月には世界最大の家電見本市「CES」に出展するなど、日本国内のみならず海外展開も積極的に進めています。秋葉原で生まれた日本ならではのプロダクトをもっと世界へ広めるべく、チャレンジしています。

◎【どんなメンバーが働いているのか?】◎
Gateboxは、ゲーム会社や大手ハードウェアメーカーなど、様々な業種から個性豊かなメンバーが集まり、20名程度の少数精鋭のチームで活動しています。少数だからこそ、一人一人が広い領域をカバーしあい、全員で事業を成功させるべく動いています。
日々新たなことが起こりますが、その都度情報共有をしながら一丸となって乗り越えようとしています。
そんなベンチャー規模ならではの働き方をしたい人と、私たちは一緒に仕事がしたいと考えています。

◎【社内環境や働く環境について】◎
社員が働きやすく、パフォーマンスを発揮できるための仕組みや制度を整えています。

◇私服OK・フレックス勤務
→10:30~15:30をコアタイムとするフレックスタイム制度です。

◇IT手当制度
→当社にはエンジニアやマーケターをはじめとして、様々な職種の社員がいるため、ご自身の最大パフォーマンスを発揮できるよう、好きなスペック・環境のノートPCを選択いただき、会社がその費用を補助しています。

◇はたらくサポート
→定期健康診断・再検査費用補助・インフルエンザ予防接種を設けています。
 入社時には不定期にメンターや社員とのシャッフルランチを実施しています。 

我々のビジョンの実現のためには、より多くの仲間が必要です。
各分野においてチャレンジ精神溢れるプロフェッショナルな仲間を求めています。

◎【Gateboxの内部情報(採用ブログ)について】◎
採用チーム「note」のマガジンをチェックしてください。
働くメンバーや仕事内容紹介、イベントレポートなどを中心にブログ形式にてコンテンツをお届けしていきます。
https://note.mu/gatebox_recruit/magazines

As a new team member

◆業務内容
Gateboxに関するPR業務全般をご担当いただきます。
・メディアとのリレーション構築 
・メディア戦略の立案・実行
・メディアへの企画提案 
・プレスリリース作成
・メディア対応、取材対応
・PRイベントの企画・運営
・SNSなど、メディア以外での会社/製品に関する言及に作用するPR活動の企画と推進
など

【求めるスキル/経験】
・PR代理店や企業での広報経験(3年以上)
・メディアプロモート遂行経験
・メディアの企画・制作部門に関する知識・理解
・相手の興味、関心に合わせた柔軟な提案力
・受け身ではなく、仕掛けるPRを実行できる方

【歓迎スキル/経験】
・キャラクタービジネス、IoTデバイス、インターネットサービスなどでのPR経験

【求める人物像】
以下のいずれかの人物像に該当する方を歓迎いたします。
・インターネットサービス、IoT、キャラクタービジネスへの理解・知識・関心のある方
・社内外に対するコミュニケーション能力およびリレーション構築力のある方
・臨機応変に対応できる柔軟性・スピードのある方

Highlighted posts

今後の記事投稿についてのお知らせ - noteにて更新を行っていきます-
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
Gatebox株式会社
  • Founded on 2014/02
  • 21 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都千代田区外神田1丁目8-13 NREG秋葉原ビル7F
  • バーチャルホームロボットを世界にPRするPR・広報担当をWANTED!
    Gatebox株式会社