HR, PR

若手社長率いる医療AIベンチャーのHR・PR兼任マネージャーをWANTED

METRICA株式会社

METRICA株式会社 members

View all (2)
  • 慶應義塾大学医学部6年生&METRICA株式会社CEO
    医療分野でIT/AIソリューションを提案しています。

  • METRICA株式会社
    最新論文の
    現在は機械学習論文の知見を用いたプロダクト開発を行っています。
    Kaggle Expert

    キーワード:生成モデル, 異常検知, VAE, GAN

What we do

METRICAは、インターネット技術・AI技術・Edge-Computing技術を利用して、
病院・在宅・介護施設などの「医療現場」でのデータ取得・解析・動的情報共有のためのインフラを整備し、医療現場の業務効率化と最適な情報連携を実現する、
新しい医療現場をデザインするためのプロダクトの開発を行っています。

METRICA uses Internet, AI, and Edge-Computing technology to establish infrastructure for data acquisition, analysis, and dynamic information sharing at medical sites such as hospitals, patient’s homes, and nursing homes. We are developing new products that will optimize the operational efficiency,  information sharing, and communication networks at these medical sites.

Why we do

  • CEO の西村
  • CTO の幅野

日本の医療の質は世界トップレベルを誇り、今後も向上し続けて行きます。
一方で高齢化や疾患分布の変化を背景として、医療・介護費用の増大、現場業務の非効率・負担増などの様々な問題が浮き彫りになっています。
また、これらの問題に対する解決策は、未だに見つかっていない状況です。

慶應義塾大学医学部の学生であるCEO西村は、医学生として日本の医療現場に携わる過程で、
そのような医療の実情を目の当たりにしてきました。

近年、多くの企業が最先端のITテクノロジーを駆使して、様々な分野の問題解決に挑戦しています。
医療もまた、注目を集めている分野の1つです。しかしながら、さまざまな障壁により、医療領域でのIT導入は未完の状況です。
我々は、医療のスペシャリストとIT技術のスペシャリストの完全なる協調により、医療領域へのIT導入を推し進め、医療の常識をアップデートします。
医療に根強く残る、前時代的な慣習や非効率的なワークフローを平成の時代に置き去りにして、あたらしい医療の未来を切り開き、
「最適な医療環境を、すべての人に。」というVISIONの実現を目指します。

The quality of Japanese medical care is one of the best in the world and is expected to continue improving in the future. However, with the aging society and changes in relevant disease distributions, various issues have surfaced such as increased medical and nursing costs, and increased inefficiencies and burdens at medical sites. As of now, no adequate solution to these problems has been found.

As a medical student at Keio University, METRICA’s CEO, Nishimura, recognized these imminent issues and saw their effects first-hand. 

In recent years, many companies have sought to apply the latest IT to solve problems in various fields. One notable field is medical care; however, due to several barriers, the implementation of IT in the medical field have not yet been incomplete and its full potential is yet to be realized. Through improved cooperation between medical and IT specialists, we aim to promote the introduction of IT in the medical field and modernize the medical system. 

Leaving the old-fashioned customs and inefficient workflows of medicine in the past era behind, we hope to open the doors to a new medical future and act upon the vision, “Delivering the best medical care to everyone.”

How we do

  • 取締役の荒木

METRICAには、医療・IT技術・ビジネスに精通する若いメンバーが集っています。

CEOの西村は慶應義塾大学医学部の学生として医学・医療を学びながら、情報科学・機械学習を独学で学んできました。
これまでに、深層学習を用いた医学研究やIT企業で深層学習を利用した産業プロダクトの開発、大手企業主催のデータハッカソンで優秀賞獲得など、医療以外の領域でも幅広く活動してきました。

CTOの幅野は、METRICAで開発責任者を担いながら、慶應義塾大学大学院で、深層学習の高速化とネットワーク・セキュリティについて研究しています。
学部1年の時から、ソフトバンク株式会社を始めとする複数のIT企業でエンジニア・インターンとして、Web技術や機械学習技術を駆使して技術開発を経験してきました。

また、東京大学、京都大学、慶應大学などの学生インターンや、大手広告代理店や大手戦略コンサルティングファーム、証券会社出身のビジネスメンバーがJoinしています。

METRICA consists of young members who are familiar with medical care, IT, and business.  

The CEO, Nishimura, self-studied information science and machine learning while pursuing his work as a medical student at Keio University. He has applied his skills beyond the medical field, performing medical research using deep learning, developing industrial products at IT companies using deep learning, and winning some data hackathons hosted by major corporations. 

The CTO, Habano, who is responsible for the development sector at METRICA, is currently studying the advancement of deep learning and network security at Keio University Graduate School. He began interning as an engineer from as early as his freshman year and has experience working at several major IT companies, including SoftBank Corp.

Additionally, student interns from the University of Tokyo, Kyoto University, and Keio University, as well as business members from major advertising agencies, strategic consulting firms, and security corporations have joined the METRICA team.

Description

【募集背景】
METRICAは2019年5月に総額8,000万円の資金調達を完了させ、今後の事業拡大のために、HR・PRをより一層強化していきたいと思っています。そこで、METRICAの広報マネージャーとして、PR戦略策定から実践まで、PR活動全体に渡って主導していただける方を募集いたします。

20代のメンバーがメインのMETRICAで、一緒に会社をスケールさせませんか?

【業務内容】
広報部門の責任者として、PR戦略策定〜企画立案〜実践までの業務を主導していただきます。
特に、喫緊のタスクである、エンジニア・ビジネスメンバーの採用のための広報(=採用広報)と企業ブランディングや顧客認知・獲得に向けた広報(=企業広報)の両方について、
戦略的に計画を立て、実践していただきます。
採用広報の一部として、HR業務も行なっていただく可能性もあります。

■会社ホームページ/採用メディアの運用
企業ホームページや採用メディア(wantedlyなど)の更新業務や、コンテンツ(インタビュー記事など)の作成をお任せします。
採用メディアに関しては、どのタイミングでどのメディアを使うかや発信内容等について、 人事担当者と連携しながら進め、
「どのようなメッセージ・コンテンツを発信すれば会社に興味を持ってもらえるのか」を考えながら、弊社の魅力を伝える方法を策定してもらいます。
■メディア配信・取材対応
企業ブランドの認知・向上、人材獲得の為に、メディアへの積極的な露出を企画して頂きます。
■外部イベントへのアテンド・自社イベントの企画
ピッチイベントのリサーチ・応募や、メンバーの講演会登壇などの外部イベントへのアテンドや、技術勉強会などの自社イベントの企画などを行なって頂きます。

リモートメンバーである大手広告代理店出身メンバーを含めて、議論しながら進めてもらう想定です。
経験が浅くても熱意と根性があれば大歓迎です!

【ミッション】
優秀なビジネス/エンジニア人材を獲得することと、会社ブランディングの向上させることを目標に、広報に注力していきます。

【求める人物像】
・会社のVision, Missionに共感して頂ける方
・受身にならず、主体的に自らの仕事を定義し、取り組んでいける方
・ベンチャーの目指すべきスピード感を意識できる方
・コミュニケーション能力があり、周りと協調して業務を進めることができる方
・粘り強く最後までやり遂げることができる方
・好奇心旺盛で、技術情報などの最新の情報に対するアンテナを張っている方

【必須要件】
・採用媒体の選定から運用までを担当したことがある。
 └広報としての業務経験や媒体の種類は問いません。
・Excel、Word、PowerPointで簡単な資料作成ができる。
 (PowerPointのプレゼン資料を作成した経験を想定)
・コミュニケーション能力があり、周りと協調して業務を進めることができる。

【歓迎スキル/経験】
・広告業界もしくは広告販促に関わる業務経験
・広報業務を戦略策定〜企画立案から実施まで行なった経験
※職種業界未経験、第二新卒の方も歓迎!

Highlighted posts

Basic info
Looking for HR, PR
Job type New grad/entry level / Internship / Mid-career / Contract work
Special features Available to talk on Skype / Weekend commitment only / Come visit with friends / Students welcome / Free snacks/lunch
Company info
Founder 西村宇貴
Founded on March, 2018
Headcount 8 members
Industries IT (Internet/Mobile) / IT (Telecom/SI/Software) / Health Care / Pharmaceuticals

Recommendations (1)

There are no recommendations yet.

Recommendations (1)

There are no recommendations yet.

Location

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-25 DeLLCS新宿御苑