Mid-career
バックエンドエンジニア
on 2019-06-12 510 views

成長を加速させるためのマイクロサービスアーキテクチャ、一緒に作りませんか?

Wantedly, Inc.

Wantedly, Inc. members View more

  • フロントエンドもそこそこわかるサーバサイドエンジニアとして microservices のツラミと日々向き合いつつ, Wantedly People で Ruby や Golang を書いている.

    ---

    上京直後から半年ちょっとのあいだ,Wantedly, Inc. にて Ruby on Rails + AngularJS を書くインターンとして社内向け Web サービスを実装.
    その後は Android, React.js, C++ による creative coding など幅広く手を出しつつ.potatotips や Droidkaigi などコミュニティに積極的に関わってい...

  • アルゴリズムや言語処理系など理論が好きですが、ハードウェアやWebなどにも広く興味があります。最近はプログラミングRustにハマっています。

    Rustに関しては主に以下の活動をしています。

    ・Rustコンパイラを読んでわかったことをブログ http://qnighy.hatenablog.com/ に書く。
    ・Rustコンパイラのバグを報告したり、バグの修正を投げたりする。 https://github.com/rust-lang/rust/issues?utf8=%E2%9C%93&q=involves%3Aqnighy

  • ウォンテッドリーでソフトウェア・エンジニアをしています。

    2016年に Wantedly に入社。会社に話を聞きに行くサービス、Wantedly Visit の開発をしていました。内容はサービスのグロースや改善のために基盤からバックエンド、フロントエンドまで色々。

    * グロース ― Push通知やメールのデザイン改善・チューニング、その他 UI テスト
    * サービス開発基盤の整備 ― BigQuery 導入, データ解析用ジョブシステム、Push通知基盤
    * マッチング改善 ― 募集を探す機能(絞り込み・検索)の刷新、アルゴリズム変更
    * ネイティブアプリ向けの API 開発全般

    ...

  •  2016年4月、ユナイテッド株式会社に入社。同年5月、SSP営業に配属。
     2017年1月、技術開発部に異動。DSP開発に従事。画面開発、配信サーバ開発、インフラ整備など幅広く担当。
     2018年10月、Wantedly株式会社に転職。Wantedly Peopleのバックエンド開発を担当。

What we do

  • 人と企業のマッチングを最大化するWantedly Visit
  • つながりを資産に変える、Wantedly People

WantedlyはビジネスSNSとして、「であい/Discover」「つながり/Connect」「つながりを深める/Engage」の3つの体験を提供しています。

■プロダクトについて

Wantedlyは現在2つのプロダクトに力を入れています。

1つ目のWantedly Visitは、人と企業の出会いを生み出す「会社訪問アプリ」です。
共感や働く仲間を軸に、ココロオドル仕事との出会いを創出します。

現在約30,000社以上の企業様に使っていただいており、IT業界のみならず、メーカーや不動産といった業種の企業様にも導入頂いています。

2つ目のWantedly Peopleは、名刺管理をきっかけとし、人と人のつながりを将来持続的に使える資産へと変える「つながり管理アプリ」です。

2016年に立ち上がった新規事業ですが、読み込んだ名刺の枚数は1億枚を超え、今後さらにつながりを深める体験を提供していきます。

■今後の展開
目標は2020年までに全世界1000万人のユーザーにWantedlyを使っていただくこと。
そのため海外展開にも積極的に取り組んでおり、シンガポール、香港に拠点を構えています。

Why we do

  • 洒落た会議室でココロオドルミーティングを
  • 見通しの良い執務室

僕たちのミッションは「シゴトでココロオドルひとをふやす」こと。

そもそも、シゴトでココロオドルとはどのような状態なのか。

それは、没頭することにより成果を出し、成果によって成長を継続的に感じている状態だと僕たちは考えています。

そうしたシゴトを生み出す企業や人との出会いを生み出し、1人でも多くの人がワクワクしたり、熱中してシゴトと向き合えるような世界を作っていき、Wantedlyが「すべての働く人にとってのインフラ」となるような世界を目指しています。

How we do

  • 「どうやっているのか」を本にまとめました
  • The Wantedly Values

■行動指針

「最短距離の最大社会的インパクト」

これは、できるだけ短い時間・少ない工数で、できるだけ社会的に意味のある大きな影響を与えていくことを意味しています。

■目指すプロダクト

解決したい課題に対してユーザーが最短距離でアプローチできる一方、裏では技術的に難しい挑戦をしたり、UIを徹底的に考え抜くことで、シンプルで直感的に使えるプロダクトを目指しています。

■目指すビジネスモデル

「少数の人だけに向けた高単価なビジネス」ではなく、「リーズナブルで効果があるプロダクトをより多くの人に使ってもらう」ビジネスモデルです。

■目指すチーム

「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。

Description

Wantedly People は2016年に名刺管理にフォーカスしたアプリとしてリリースされました。そこから何度もアップデートを重ね、現在は「つながり」を管理・活用するアプリとなりました。

ただ動くためのコードを書くのではなく、そのプロダクトの方向性や本質を理解し、それを設計やコードに落としこみ、他のエンジニア達が理解できるようにする。そして、「あー!これがつながりなら、これもつながりだよね!」と気づきながら、プロダクトはより成長していきます。

他の企業であればプロデューサーやディレクターが考え、エンジニアチームへ下りてくることが多いと思いますが、Wantedlyではいわゆる企画専門職はおらず、エンジニア、デザイナーが主体となりプロダクトの目指す世界を作っていきます。

本質を捉えて、それを色々な人が理解できる言葉に落とし込み、エンジニアも非エンジニアも同じ方向をしっかりと向ける仕組みを設計し一緒にコードを書いていけるエンジニアを求めています。

■難しくて面白いところ

つながり − 人と人・コンテンツなどをつなぐソーシャルグラフの活用、そこには大きな技術的な挑戦が伴います。大規模なグラフデータ、そこに紐づく多様なコンテンツ、それらをより賢く扱うためのデータサイエンス的アプローチ、そしてそれらをうまく活用しつつ最速でプロダクトを成長させるためのアーキテクチャ・開発基盤など、挙げるとキリがないでしょう。

2019年3月に実施した Wantedly People リニューアル* についても、一見するとよくある単純な「タイムライン」に見えるかもしれません。しかしその裏ではプロダクトの進化の方向性を理解し、それを高速に実現・アップデートしていけるように、その一方でユーザが快適に利用できるパフォーマンスを維持するためにさまざまな設計上の工夫がなされています。

* https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/161681

Wantedly People では Kubernetes を基盤としたマイクロサービス・アーキテクチャで開発を行っています。そのため技術選択や設計における自由度が非常に高く、「新しい手法がでた時にすぐに試せるようPython」や「高速なAPIがほしいからGo!」など複数の技術を使うことで、名刺を読み取る際の高いユーザー・エクスペリエンスを実現しています。

しかし当たり前ですが、ソフトウェアにおいて自由度が大きいということは、その自由度から来る複雑性をいかに設計や抽象化によって制御できるか?ということが非常に重要になってきます。その自由度を楽しみながら、適切な技術選択をしつつプロダクトを作っていける人に会いたいです。

■こんなひとはぜひ

・コードを書くのが好きなのは大前提。どうコードを書くとプロダクトがよくなるか、開発しやすくなるかということに関心がある人
・アーキテクチャを考えながら開発したい人
・言語は勉強すればすぐ覚えられるでしょ?という技術好きな人
・利用する技術自体にこだわるのではなく、その技術によって何ができるのかを考えられる人

■ 一緒に働く若手たちはこんな人
現在Wantedlyでは学生起業、ISUCON学生枠優勝者、未踏スーパークリエータ認定、国際情報オリンピックの金銀メダル保持者など、とても尖った若手達がおり、中堅社員も負けられないと日々切磋琢磨しています。
下からの突き上げが激しいチームは、中々ないかと思いますので刺激的です。

プロダクトはマイクロサービスや Wantedly Visit との連携など、面白い点が多いです。構造の整理の得意な人、モデル設計の得意な人は遊びにきませんか?

■参考資料
Microservices on "Rails" - Wantedly のマイクロサービス事例
https://speakerdeck.com/altech/microservices-on-rails-wantedly-falsemaikurosabisushi-li?slide=20

grapi: Building JSON API server with grpc-gateway for microservices
https://speakerdeck.com/izumin5210/grapi-bulding-json-api-server-with-grpc-gateway-for-microservices

Highlighted posts

Other users cannot see whether or not you're interested.
6 recommendations
Company info
Wantedly, Inc.
  • Founded on 2010/09
  • 100 members
  • CEO can code /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
  • 成長を加速させるためのマイクロサービスアーキテクチャ、一緒に作りませんか?
    Wantedly, Inc.