Mid-career
リレーションシップマネジメント
on 2019-11-22 363 views

外食におけるシェアダイニングを世の中に普及したいセールス募集!

株式会社キッチハイク

株式会社キッチハイク members View more

  • 1985年 東京都出身
    早稲田大学卒業後、2008年博報堂DYメディアパートナーズ入社。
    出版社プロパティとITを活用した新規事業の立ち上げ、企画提案を担当。退社後は、世界各国を周って人を訪ね、一緒に食卓を囲んでごはんを食べるフィールドワークを行う。著書「キッチハイク!突撃!世界の晩ごはん(集英社)」

  • 筑波大学在学中に休学し、京都へ渡る。1年間の修練後、西本願寺で住職の資格を取得。その後、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
    筑波大学大学院を卒業後、2008年に野村総合研究所へ、仏教の専門知識を活かせるテクニカルエンジニアとして入社。
    MongoDB勉強会、MongoDB JPコミュニティの主催者。2012年からgihyo.jpでMongoDBでゆるふわDB体験を連載する。
    http://gihyo.jp/dev/serial/01/mongodb

    2013年に野村総合研究所を退社...

  • 株式会社キッチハイクの事業開発担当です。

    KitchHikeの料理人(「COOK」)が好きなキッチンを利用できる
    レンタルキッチンサービス「みんなのキッチン」を中心に、
    KitchHikeを成長させる仕組みを日々考えています。


    *東京大学文学部卒業後、楽天に入社。
    *ECコンサルタント、社長秘書を務めたのち、楽天レシピで念願の食関係の仕事に。
    *2017年2月、事業開発担当としてKitchHikeに参画。

  • 立命館大学国際関係学部を卒業後、株式会社コスモスイニシア(元リクルートコスモス)に入社。賃貸物件のカスタマーサポートに約2年間従事し、顧客分析のシステム構築を主導。2018年2月、カスタマーサクセスとして株式会社キッチハイクに参画。

    管理栄養士の母の影響、米国留学時代に現地で食料問題を学んだ経験から、「食のシーンを通じて人と人・人とモノをつなげるための場作り」に関心を持つようになる。

    COOK名「Shirokuma Kitchen」としてPop-Upを開催中。

What we do

  • 食で人と人をつなぐサービス
  • アプリユーザーは7万人

【2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了しました】

キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。

イメージしてください。
自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。
キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。

■「食べるのが好き!で集まろう」
食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。

▼キッチハイク
https://kitchhike.com/

■2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽にご連絡ください!

▼ 採用向け会社紹介スライド
https://speakerdeck.com/kitchhike/recruitment

Why we do

  • 食べるのが好き!な人たちで集まれる
  • みんなで食べると、おいしく楽しい

サービスミッションは、「誰かとかこむ食卓をふやす」

食事には、2つの目的があります。

1つ目は、栄養摂取や料理そのものを味わうための食。現代では、テクノロジーや調理技術の発展、食材のこだわりやストーリーなどにより、さまざまな形で提供されるようになりました。一方で、栄養摂取の最適化や「“おいしい”ものを食べる」ことへの渇望は、時に、際限がないものでもあります。

2つ目は「人とつながるため」の食。言うなれば、「“おいしい”ものを食べる」ではなく、「“おいしく”食べる」ための食事の在り方です。私たちは、どうすれば、より「“おいしく”食べる」ことができるのか?を切り拓こうとしています。

その手段のひとつが、「誰かと一緒に食卓を囲んで交流すること」です。誰にとっても、身近な幸せである「“おいしく”食べる」体験。それを、どんな人でも体験できるように仕組み化したサービスが、キッチハイクです。
私たちは、キッチハイクのない社会より、キッチハイクのある社会を望んでいます。「“おいしく”食べる」が当たり前にある社会の方が、とても豊かだと考えているからです。キッチハイクを通じて、「人とつながるため」の食を実現することが、私たちのミッションです。

How we do

  • 日当たりと風通しが良いオフィス
  • メンバーとのMTGの風景

- 小さく、強い組織体

エンジニア・コンテンツマーケを合わせて20名程度の小さな組織です。
メンバー全員が、キッチハイクが必ず人を豊かにするというビジョンを持ち、"未来の仕組み" を形にしていきます。メンバー同士で刺激し合い、全員が成長を感じられるチームです。

- リアルなコミュニケーションを重視

実際に人と人が出会うサービスなので、リアルな空間・接点をとても大切にしています。
・毎日メンバーが一緒にランチを食べる「まかない文化」あり。
・スタッフも積極的に現場の声を聞ける「サービス利用補助」あり。
・チーム間でもコミュニケーションが取りやすい、仕切りのないオフィス空間。

As a new team member

外食領域における“シェアダイニング”の普及に向けた取り組み、食や地域にまつわる他企業とのコミュニティアライアンスを進め、ここ数年で月10万人が使うサービスを目指します。そこで、飲食店セールスチームにおいては、キッチハイクを開催する提携飲食店を2020年春までに100店舗、2020年中には300店舗まで拡大を計ります。大切にしているのは、キッチハイクは飲食店にとって「外食の未来をつくる」パートナーになっていきたいということ。そこで「キッチハイク」導入店舗の拡大と、飲食店のファンを増やす仕組みづくりを担うセールスメンバーを募集しています。

▼「新しい外食の楽しみ方」を目指す取り組みを開始 (プレスリリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000006899.html

▼飲食店向け案内ページ
https://kitchhike.jp/omise

【業務内容】 
食で繋げる体験をつくる、外食から世の中をもっと楽しくしたい。そのためには、「みんなで食べる」文化をキッチハイクで飲食店でにとって前例のないサービスとして価値を提供していく必要性があります。セールスチームとして、キッチハイクに共感してくださる飲食店を増やし定着させる役割を担います。また、飲食店ドリブンでキッチハイクのユーザーを増やすための戦略立案から実行までをメンバーと取り組みます。

・キッチハイク導入店舗の開拓営業
・導入店舗へのフォロー・企画提案
・飲食店ドリブンのユーザーグロース施策 企画提案
・営業プロセスの改善

【必須条件】
・ミッション、カルチャーへの共感
・食×IT業界に携わってきた方
・飲食店への営業経験(2年以上)ある方
・飲食店ドリブンの企画・実行ができる方
・人を喜ばせるマインドを持っている方
・前例がないことへの挑戦にモチベーションがわく方
・サービス理解のため、キッチハイクへの参加経験(応募後に予約しても可)

【歓迎条件】
・渉外能力、プロジェクトマネジメントが得意な方
・食や暮らし、社会をより良くしたい人

《期待しないこと》
・チームのマネジメントや経営へのコミット

Highlighted posts

【休学編】僕たちインターンエンジニアが、大学や新卒ではなくキッチハイクを選ぶ理由。
転職は、深夜のラブレターから。朝起きると、採用が決まってた。2度見してから、2度寝した。夢じゃなかった。
【休学編】インターンで人生が変わった!キッチハイクの大学生3人が発見した未来の「はたらく」
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社キッチハイク
  • Founded on 2012/12
  • 13 members
  • Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 4F
  • 外食におけるシェアダイニングを世の中に普及したいセールス募集!
    株式会社キッチハイク